オランダ、ハーレムより。日々のうつくしさ。子どもとたのしいこと。


by sooona

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

リンク

カテゴリ

about アバウト
日々
dutch オランダ
with kids こどもと
travel たび
eat たべる
design デザイン
read よむ
our home いえ
things もの

タグ

twitter

最新の記事

オランダで親子で楽しめること。
at 2014-08-16 04:58
5月休み
at 2014-04-27 06:12
もうこわくない
at 2014-03-17 20:11
ピナバウシュの夢の教室。
at 2014-03-10 05:54
絵本美術館で、sieb po..
at 2014-03-02 05:44
♥ 2014
at 2014-02-15 06:31
Salt Dough Cla..
at 2014-02-05 18:03
とびたくなる、えほん
at 2014-01-31 18:50
quote by Tori ..
at 2014-01-30 06:27
こどものためのダンスパフォー..
at 2014-01-27 02:04

以前の記事

2014年 08月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月

検索

ライフログ


親愛なるキティーたちへ


Pina [DVD]


ファンタジア


0~4歳 わが子の発達に合わせた1日30分間「語りかけ」育児


子どもは動きながら学ぶ 環境による教育のポイント


コウケンテツの鍋、汁もの、煮込み―うまいおかずレシピ50 (別冊すてきな奥さん)


さよなら子供たち [DVD]


分娩台よ、さようなら―あたりまえに産んで、あたりまえに育てたい


ヒバクシャ ~世界の終わりに~ [DVD]


Hable con ella [DVD] [Import]


あいうえおの本 (日本傑作絵本シリ-ズ)


ピナ・バウシュ 夢の教室 [DVD]

フォロー中のブログ

うちの食卓 Non so...
C's projects...
ばーさんがじーさんに作る食卓
アムスのおいしいせいかつ
memo
Cafelumiere
しがない社会福祉士(ジャ...
carbon style
auk
ニューヨーク*ユニオンス...
オランダおいしいくらし
もりふみブログ
オオニシ恭子の薬膳日記
奈良美智の日々
『美食』 by MI-C...
nos petite l...

最新のトラックバック

venussome.com
from venussome.com
venuscozy.com
from venuscozy.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

その他のジャンル

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
住まいとくらし

画像一覧

タグ:5歳 ( 17 ) タグの人気記事

SintとPietがわがやに。

b0193324_4355549.jpg

b0193324_4361077.jpg


今年は2人が大きくなってきたから、さて、おじいちゃんが「ぼくがSintになろう」と。
Pが小さいときも、お父さんやおじさんがSintに変装して子どもたちの前にあらわれたので、その伝統復活なのです。

この日をもりあげるために、家ではほとんど毎日なにかしらシンタクラースの工作をしたり、絵を描いたり。彼たちへのSInt&Pietからの手紙には「もしかしてにちようびにきみたちの家にいくかもしれないよ」とかいてあったので、Yはそわそわ。

b0193324_437113.jpg


夕方。きました、SIntが!しかもサプライズで義理の妹が助っ人を頼んでPietも登場。
ほんもののSIntとPietがほんとうにきたものだからYもNも、ちじこまっちゃって、ほとんど何もしゃべれない。笑。

b0193324_4371033.jpg


しかもこのPietはギターが上手でみんなでシンタクラースのうたを合唱したり、Yがピアノをひいたり、とっても楽しくあたたかい夜になりました。

b0193324_4385767.jpg

b0193324_4393130.jpg


もちろん、SInt&PIetからたっぷりプレゼントをもらって2人はおおはしゃぎ。


PietとSIntが帰るとき、Nは本当にさびしそうで、外まで靴を履かずにおいかけていって、最後まで手をふっていました。Yがこのくらいの歳のときはこわがってSInt&Pietに握手もできなかったし、近寄るのもいやがっていたのに。。。

b0193324_440248.jpg

b0193324_4403920.jpg


それにしても2週間に一度にあっている自分のおじいちゃんに2人とも気づかないなんて!
子どもッテふしぎ。まだおとぎの世界に住んでいるんですね。

今年はPiet論争があつくて、もしかしてもうシンタクラースがなくなるかもしれない、そして私も黒いだけのピットはもうなくなってもいいのでは、と思っていました。それは今も思っているけれど、シンタクラースの行事自体はオランダ人にとってはあたたかくたのしい最高の思い出。なくなることはないでしょうね。大人がまじめに、子どものように、子どもと一緒になってこのおまつりを楽しんでいる様子をみるのはほほえましいことです。
[PR]
by sooona | 2013-12-04 04:55 | dutch オランダ

霧の濃い日にエフタリング。

b0193324_06353825.jpg
b0193324_06351047.jpg


ついに、念願のエフタリングにいってきましたー。
ディズニランド苦手な私としては、自然な感じのおとぎ話の中のようなテーマパークという噂にかなり期待していまして。。。
まさに、期待以上のテーマパークでした。


b0193324_06345552.jpg
b0193324_06352546.jpg


こんな寒い時期に行くのもどうなんだか、と思いつつも、ちょうど霧の濃い日だったので、何もかもが雰囲気満点。
本当のおとぎの国にはいったかのような。。。

b0193324_06362367.jpg
b0193324_06364511.jpg
b0193324_06370099.jpg
b0193324_06363140.jpg

アリスのふしぎな国の中の迷路のようなアトラクションは「大人は入ってはいけません。こどもがでてきたら冒険をがんばった子どもをほめてあげてくださいね。」なんていう看板のあるところ、実際Nの事が心配だったので、一緒に入ってしまうと、迷路が面白いだけでなく、途中、橋を渡ろうとしても、横から水がぴよーんととんでくるなど、なんだかアナログでスパーマリオを経験しているような楽しさ!

ディズニーランドと違って、園の中を歩いているのはぴかぴかこってりした衣装に包まれた人たちではなく、ぼろーい洋服をきてゆーーっくり歩く魔女だとか。。。。かなりつぼ。。。Yは本気でびびってましたけど。

b0193324_06413811.jpg
b0193324_06421822.jpg



日本の友達
きたらぜひつれていきたい場所の一つになりました。

にしても今週末はエフタリングに、シント&ピットの上陸に、その他もろもろ。。。。
ぼろぼろになりながら、また来週がんばるぞ======っと。。。


こちらのビデオはYが車の中でエフタリングに着く寸前にとったもの。どれだけ、エキサイティングしてたか。。。

















[PR]
by sooona | 2013-11-18 06:44 | with kids こどもと

近所のしょくぶつえん

b0193324_05938.jpg


春夏週に1度は行く近所の小さな植物園。今日いったらすっかり秋模様。

b0193324_042024.jpg


いつきても、
いろいろな発見のある
だいすきな場所。

b0193324_055947.jpg


秋冬にはほとんど人がこないので、静かで美しい景色を独り占め。

b0193324_073798.jpg


朽ち果てた建物のあと?ふるーいいしが残っていたりして、YとNは、ここを「おしろ」と呼んでいます。
b0193324_06592.jpg


夏から突然冬になっていく気がするオランダのわりに、今年はマイルドな寒さが長いような?
だいすきな秋をたくさん感じられてうれしいです。

b0193324_062562.jpg


ところで、先月発売された『イラストレーションズBOOK』という本に私たちの「どうぶつひらがなポスター」が掲載されました♪
あわせて、イラストを描いてくれた森本ふみさんのすてきな原画をみることのできる展覧会が東京にて開催されています!ご興味のある方はぜひぜひ遊びにいらしてくださーい!

詳細は私たちのサイト、Hanato Moritoまでどうぞ。
[PR]
by sooona | 2013-11-07 00:18 | with kids こどもと

にほんご。

b0193324_5255258.jpg


去年から週に1時間、日本語を学び始めたY。1週間にたったの1枚のプリントを一緒にやるにも「あとでー」「あした」「これおわったら」といわれ、あっというまに1週間がたち、授業前にばたばた宿題を終わらせるということを繰り返した1年。

にほんごで話すどころか、ひらがなも覚える意欲がないようにみえたY。そんな彼がこの秋、突然、ひとつの詩をきっかけに「もっとにほんごべんきょする」といいだし、自分から「おべんきょ(しゅくだい)する」と、朗読をはじめるではありませんか。この大きな変化/意欲に感激し、改めて私も日本語を伝えるという親としての役目を頑張って果たさねばと気持ちがひきしまりました。

時には、何度がんばって伝えても伝わらない自分にいらいらしたり、自分のきもちをにほんごでつたえられなくて息子との会話が単純になってしまっている状況がかなしくなったり、またにほんごができないかなしい気持ちにさせてしまっているYヘのすまなさとか、でもやっぱりもう少しがんばってほしいという期待とか、いろいろな気持ちがまじってめげることもしょちゅうで日本語を話す事をあきらめてしまいそうになるときもあるけれど、Yががんばるかぎり、わたしもがんばるぞ!私が本当の気持ちをうまく表現できる唯一のの言語で君ともいろいろな事を語りたいから。。。

b0193324_537413.jpg


あかるい おひさま     くどうなおこ

あかるい おひさま
あいうえお
いいもの みつけた
あいうえお
うたに あわせて
あいうえお
えに かきたいな
あいうえお
おやすみなさい
あいうえお

[PR]
by sooona | 2013-10-01 05:38 | with kids こどもと

夏の終わりに

今年の夏は、オランダに住んでから初めての夏らしい天気が続きました。天気がよいとこんなにも、明るくポジティブになれるのか!(笑)って思うと、将来、南に移住したいなーなんて思うものの、ひとまずは現状のこのお天気に大感謝。

ちょうど、夏の終わりにふさわしい、親子で参加できるワークショップがあったので参加してきました。

Yは、5歳だというのに、すぐに「つかれたー あるけないー」と言うこなので、夏前にアムスにつれていったときも途中だっこしたり大変でしたが、この夏はトレッキングにトライしてだいぶまともに歩けるようになって、今回はぶーぶー言わずにアムスの会場に到着。

ワークショップのテーマは"Indian Summer" (by popolop)。インディアンのヘッドドレスをつくったのですが、これがいろんな手仕事を必要とするもので、かなり難しい!!!と思いきや、親子で没頭できることがいくつもあって、とーっても楽しい日になりました。

b0193324_6235886.jpg


刺繍をする部分は、当然わたしがするものと思っていたもの、Yがとっても興味を示し、「じぶんでやるーーー」というのでさせてみたところ、すんごい集中力。

帰り道、「Nもきっとほしくなるだろうから、次はNの分をつくらないと」なんていうほどきにいったもよう。

b0193324_626282.jpg


夜は、ちょうど日本語教室のしゅくだいで絵日記があったので、じぶんでつくったインディアンのぼうしをおえかきしました。

b0193324_6252622.jpg


こうして2人でおでかけして、じっくりむきあうっていうことが、2人いるとなかなかないので、夏の終わりによい記念になりました。
[PR]
by sooona | 2013-09-08 06:31 | with kids こどもと

ライン川&ケルン

b0193324_6215922.jpg

5月休みに、ちょうど妹がきていたので、彼女のたっての希望、ドイツのライン川を体感してきました。

まずは、ハーレムより車で出発。3時間ほどでドイツのサンクトゴールという街へ。
ドイツに入ったとたん、山がたくさんみえたのが感動でした。改めて大きい国はスケールが違うなあああ、と。笑。

b0193324_6295663.jpg


妹の希望「城にとまる」という条件のもと探したホテルは格別にすてきでした。
ちょうど、最近「騎士」にはまっているYにとっても、お城というのは特別なもの。クラスメイトから借りた騎士のスーツで記念撮影。
b0193324_6245899.jpg


この城があるサンクトゴールという街も古くてかわいい街。
さっそくドイツワインに、カレーソーセージ、アスパラスープなどを堪能。

b0193324_21542813.jpg


YとNは、小さい街をかけずりまわり。。。。

b0193324_6264021.jpg


翌日は、ライン川クルーズ。
サンクトゴールからビンゲンへ。

b0193324_6331797.jpg


船は3階だてで、なんと3階には滑り台まであります。
キッズフレンドリーでうれしい!とはじめは思いましたが、数時間の船の旅はちょっと子どもにはむいていませんね。かなり途中暴れました。苦笑。

しかし、ライン川沿いにはたーくさんの古いお城がみえます。ものすごく美しい景観。これはリタイアしたらまたゆっくりきたいなーと思うような。。。。笑。

b0193324_6335457.jpg


ビンゲンで船をおります。そこはまたお花がかわいらしい小さな街。
よりによって、ドイツで桜をこれほど堪能できるとは。。。感慨深かったです。
なにしろ、オランダは春になってもさむーーーくて、お花を堪能するレベルではないので。

b0193324_6345325.jpg

b0193324_6362186.jpg


ビンゲンから今度はライン川沿いを走る列車に。
再びサンクトゴールから車でケルンへ。

ケルンについては、世界遺産であるケルン大聖堂にまずは。
しかし、大聖堂の中でのこだまに反応したYとN,叫び始めて、即退場。涙。

b0193324_640575.jpg



ケルンは他、全くリサーチしていかなかったのでホテルの方にきいたキッズフレンドリーな場所、チョコレートファクトリーへ。

ここも、思っていたよりは大きいこむけのミュージアムだったので、駆け足で鑑賞。涙。

b0193324_6411666.jpg


レストランでもカフェでも騒ぐわ、かけるわ。。。。
都会でのかけあし旅行は、子どもとの旅にむいていないことが充分わかりました。汗。

妹が満足してくれたことが救いのような旅でした。

ちなみに、言葉の発達がとても遅れているNが、妹がきてから急に日本語の単語を覚え始めました。オランダ語さえまともに発音できないのに「もういっかい!」「おいしい!」「○○ちゃん」と言えたのにはある意味感動でした。
妹にまたオランダにきてもらうべく、またオランダ/また近辺のよいとこ探しがかかせません。^ ^
[PR]
by sooona | 2013-05-15 06:41 | travel たび

Y, 5!

b0193324_5162041.jpg

今月Yが5歳になりました。

オランダでは4歳で小学校に入ると、学校の友達で呼びたい子を自分で決め、招待状を渡し、親同伴なしのパーティーをひらきます。私的には今まで通り日本のこどもたちとも一緒にお祝いしたかったけれど、今回はオランダ式に学校/近所の子だけでささやかなパーティーを開きました。

b0193324_5545389.jpg


Pも私もこのかん、ものすごく仕事で忙しかったので、パーティひらけるのか?どうしようか?なんて思いつつも、数ヶ月前から自分の誕生日を意識していたYのため、彼の望み通り、イチゴのショートケーキをつくり、パン食い競争ならぬスイーツ食い競争をし、紙コップでロケットをつくり、カンナムスタイルのダンスをしながらゲームをし、バックフィツで公園にいき、かけっこしたり。。。

b0193324_5172624.jpg



両親が一緒でなくて、子どもだけで5人呼ぶのは初めてだったので、少し緊張しましたが、子ども一人一人の個性がとってもすてきで、しかも子どもだけの会話がおもしろっくて、パーティーはあっというまに終了しました。しかし、もう5歳にもなると、まだかけっこばかりしてる男のことはいえ、みんないっちょまえの会話をしはじめるので、私もまたオランダ語まじめに勉強しなきゃかなあと、焦ってもきます。

b0193324_5195942.jpg



何はともあれ、Yが、健康で5歳を迎えられたこと、楽しい友達に囲まれている事、が親としてうれしい限り。

さて、5月休みも今日でおしまい。明日からはまた学校がはじまります。
学校ではみんなに、Pの手づくりクッキーを配ります。

b0193324_523225.jpg


明日で誕生日モードもおしまい。とこちらは思っているものの、Yハすでに、「6歳まであとどのくらい寝ればいいの?」と。かあさん、とうさん、もうしばらくおやすみさせてください。(T_<)
[PR]
by sooona | 2013-05-13 05:30 | with kids こどもと