オランダ、ハーレムより。日々のうつくしさ。子どもとたのしいこと。


by sooona

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

リンク

カテゴリ

about アバウト
日々
dutch オランダ
with kids こどもと
travel たび
eat たべる
design デザイン
read よむ
our home いえ
things もの

タグ

twitter

最新の記事

オランダで親子で楽しめること。
at 2014-08-16 04:58
5月休み
at 2014-04-27 06:12
もうこわくない
at 2014-03-17 20:11
ピナバウシュの夢の教室。
at 2014-03-10 05:54
絵本美術館で、sieb po..
at 2014-03-02 05:44
♥ 2014
at 2014-02-15 06:31
Salt Dough Cla..
at 2014-02-05 18:03
とびたくなる、えほん
at 2014-01-31 18:50
quote by Tori ..
at 2014-01-30 06:27
こどものためのダンスパフォー..
at 2014-01-27 02:04

以前の記事

2014年 08月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月

検索

ライフログ


親愛なるキティーたちへ


Pina [DVD]


ファンタジア


0~4歳 わが子の発達に合わせた1日30分間「語りかけ」育児


子どもは動きながら学ぶ 環境による教育のポイント


コウケンテツの鍋、汁もの、煮込み―うまいおかずレシピ50 (別冊すてきな奥さん)


さよなら子供たち [DVD]


分娩台よ、さようなら―あたりまえに産んで、あたりまえに育てたい


ヒバクシャ ~世界の終わりに~ [DVD]


Hable con ella [DVD] [Import]


あいうえおの本 (日本傑作絵本シリ-ズ)


ピナ・バウシュ 夢の教室 [DVD]

フォロー中のブログ

うちの食卓 Non so...
C's projects...
ばーさんがじーさんに作る食卓
アムスのおいしいせいかつ
memo
Cafelumiere
しがない社会福祉士(ジャ...
carbon style
auk
ニューヨーク*ユニオンス...
オランダおいしいくらし
もりふみブログ
オオニシ恭子の薬膳日記
奈良美智の日々
『美食』 by MI-C...
nos petite l...

最新のトラックバック

venussome.com
from venussome.com
venuscozy.com
from venuscozy.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

その他のジャンル

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
住まいとくらし

画像一覧

タグ:4歳 ( 12 ) タグの人気記事

初テッセル島

b0193324_559280.jpg

ご無沙汰しております。

今年前半、あっというまにすぎてしまいました。
突然決めた日本での滞在もあっというまにすぎてしまいました。
日本で楽しかったことはたーーーくさんありすぎて書ききれないので、日本から帰ってすぐに行ったテッセルの事を書きます。

日本から帰ってすぐに、Yの日本語クラスのお友達ファミリー3家族と、テッセル島にいってきました。
テッセルはハーレムから車で1時間半、フェリー20分。オランダ北西にある小さな島です。

オランダにもまだ知らないことがたくさんあった!と思わせるような濃厚な週末を過ごしてきました。

b0193324_622457.jpg

b0193324_62386.jpg


まず1日目は、エビ漁の船に乗船。こどもたちは、船にのるのはもちろんのこと、船で実際、漁師がエビを網でつって、それを間近で、見て、ふれることができたことに、大興奮でした。

b0193324_625960.jpg

b0193324_632051.jpg

b0193324_633364.jpg


なにより、こわがりのYが、お魚のしっぼをもてたこと、Nがヒトデをもてて大興奮だったこと。彼たちの得意気で大満足な顔は今でも忘れません。

このあと、釣れた大量のエビを漁師さんがその場でゆでてくれて、試食することができるのですが、Nってば、エビにはまってしまって、無心でえびをたべていました。(日本でも蛤にはまって何個も食べてる彼。。。でも寿司にははまらない我が子たち。。。)

b0193324_6855100.jpg


船をおりたあとは、お魚屋さんで、揚げたての白身魚、イカなどを堪能♩
その後ビーチで遊び、夕方は牧場併設のアイスクリームを食べて、夜はBBQ。
お友達がたまたま知ったというジェイミーオリバーのシンプルなタマネギのホイル焼きはとろけそうでした。

b0193324_6111745.jpg


2日目は、トレッキング。まさか2歳児と、トレッキングができるとは。オーガナイズしてくれたお友達の選んでくれた楽しくて美しいルートのおかげで、家族全員で約3時間のトレッキングを完歩!

b0193324_6101785.jpg

b0193324_6105749.jpg


途中、Nは何度も怪しい茂みにずんずんはいっていったりはしたものの。。。。
b0193324_6122269.jpg



日頃、「もうあるけなーーーい」とすぐに言うYが、完歩できたのには本当に感動でした。
できないと思っていた事ができたことに気づいた、Y。

帰ってきた翌日、普段遠くにいくときは、私のバックフィッツにのっているのに、森まで初めて自転車こげたとか。。買い物したものをはこんで冷蔵庫にいれてくれるとか。。。突然の成長ぶり?をみせてくれました。

子どもは夏にぐんと成長する、ってなにかの本で読んだ気がするけれど、実際、学校のないあいだ、ずっと子どもたちに接する事で、いろいろ発見したこと。驚いた事がちょこちょこあります。

子どもが大きくなるにつれて、みんなでできる事も増えるし、また大きな休みのあいだに、子どもの成長をクリアにみることができておもしろいなあと思います。

まあ、子どもたちはおもいっきり楽しんだ夏休み。
親はしごともあるし、家のこともやることリストがたまっています。
でもやっぱり、おやすみのおかげで、ちょっと一呼吸できた気がします。

オランダはもう秋模様なお天気ですが、残りの夏休みも楽しみたいと思います。
[PR]
by sooona | 2013-08-14 06:17 | with kids こどもと

はるをまちわびる

今月は、こどものことを考える時間が多い月でした。YとN、両方の気になることが一気に明るみにでて、夫婦で何度も話し合いもし、家族の絆が少ーし深まったような気がする3月。

しかし、3月というのにオランダ、零下の日々が続き、家にこもっているばかり。ちょうどイースターもあるので、Yはたまごのぬりえや色付けに毎日のようにはまっていました。

b0193324_6565191.jpg


そして今日はイースターブレックファーストの日。数週間前に、Yの学校から白い紙袋と、誰の為にサンドウィッチと卵を用意するのかメモが配られました。私たちが用意するのはクラスメイトのLくん。Lくんはわけあって、なんだかいつも遠くをみているようなまなざしをする子どもです。にこっとはにかむL君に、どんなにつらいことがあっても、いつもはるはくるんだよ!っていうメッセージをこめて、Pとアイデアだし。袋をあけたら草のなか。くさの中にはなにがいるのかな。うさぎも、たまごも、ひよこも!っという感じのアイデアのもと、(=というかアイデアもなにも、イースターそのままなんですが。:))Yと一緒につくりました。

b0193324_6574537.jpg


私は絵を描くのはだいすきだけど、工作は苦手。でも、Lくんの顔を思い出したら、なるべく明るく楽しいものをつくりたいって思えて一気にできました。ひとのことをおもいながらつくるって楽しい事だなあと久々にかんじさせてくれたイースター。

b0193324_657189.jpg


まだ寒いけれど、心はちょっぴりあたたかくなってきた3月です。

b0193324_658341.jpg

[PR]
by sooona | 2013-03-29 06:58 | with kids こどもと

いろいろ。

b0193324_23455073.jpg

b0193324_23451034.jpg


小さな落ち込む出来事がいろいろ重なっている今日この頃。
身体も心の余裕もなくって、もがきまくり。いろいろな役割としての自分に納得できないことが続く事って長くなかったきがするのだけど。

深く、
深呼吸。

ひとつだけいいことがあった。
いくつかの恐怖症をもつ、Y。
そのうち「水」。
小さい頃からプールにも海にも入れない彼。
弟の方が水にとびこむのを恐れなかったり、先に水泳デビューして、彼がこの先、コンプレックスになったらまずいのでは、と、彼も水泳教室デビュー。

同じ年齢のこがみんなばちゃばちゃしているのに、先生の手をふりはらい、泣き叫び、隅っこで、一人くちゃくちゃな顔をしてうずくまっている彼をみてたら、Pも私も胸がいたくて、こっちも泣けてきちゃったけれど、初レッスン最後の方で先生の腕をつかみながらプールの中に入れたのです! (数分だけだし、うらめしい顔をしてこちらをみていたけれど。。。。T_T)
小さな彼だって、ひとつ前進したのだから、私だって。。。。と勇気をもらいました。

b0193324_2346144.jpg

b0193324_23452770.jpg


そして、Yが今日描いた絵。
海藻。深い青だけのこわい海。カラフルな電車のレール。夏の太陽。
赤、青、黄色だけつかって、暗い表情、明るい表情。
いろいろな表情を色で表す彼の絵に、母はいやされています。
[PR]
by sooona | 2013-03-10 23:59 | 日々

♥2013

b0193324_55681.jpg


誰だったか。。。

遠ーーーーい昔に、オランダではバレンタインは男性からプレゼントするものだと教えてくれて、毎年カードとチョコをくれたのは?

そんな嫌味をいってみても、知らんぷりなので、Yと一緒につくりました。


b0193324_5531955.jpg

b0193324_553482.jpg

b0193324_5535486.jpg

b0193324_5555343.jpg

b0193324_5565514.jpg


初めて大人の包丁を使わせてみたので、Yはうきうき。

ああ、でもこんなこと、教えても母にではなく彼女にプレゼントするようになるのね、と多少切なさをかみしめつつ、バレンタイン。笑。

Bon Appétit!
[PR]
by sooona | 2013-02-15 05:59 | with kids こどもと

小学校5ヶ月目

Y、今年に入って学校にとても慣れてきた様子がうかがえます。何より、友達と「約束」するようになったのが、成長というのかなんというのか。小学生といってもまだ4歳。そんな小さい少年たちが、「来週は○○君と約束したい。新しいおもちゃをみせてもらうんだ」とか言っている姿には笑えます。

放課後、友達の家にいったり、友達がわがやにきたり。。。先週はお友達がお昼からきたのですが、Pがサンドウィッチをつくってだすと「ぼくは、チョコレートペーストでしか食べない!」とか。。。汗。突然、江南スタイルうたいだしたり。。。。ひええええ。4歳でこんなんだから、これから少年たちのソーシャルライフ、どんな風になるのか。楽しみでもあり、怖さも結構あります。

b0193324_5594364.jpg


学校では2度目の面談もありました。「いろんな友達と刺激しあって学びながら遊んでます」とか「彼の絵にはユニークなスタイルがみられるので、すぐわかります」とか「数字を覚えるのに夢中です」とかポジティブな言葉を頂いて安心。託児所の面談では「具象画を描かない/描けない」と言われた事があるので、ちょこっと心配もしていたのですが、いつのまに、具体的な髪とか、指を描けるようになっていたのでした。最近一緒に絵を描いていなかったし、初めての具体的な自分のポートレート画を見せてもらったときは、ちょびっと感動。

ちなみに、下のはまだ指とか髪がないけれど、YとNだそうです。パパとママがいなくても、弟の存在が大きいのだなあ、となんだかうれしくなりました。

b0193324_60085.jpg


意識しない内に2人がどんどん赤ちゃんから少年へかわっていく。楽しい時期だなあと改めて思います。
[PR]
by sooona | 2013-02-09 05:59 | with kids こどもと

Sint Maartenがおわり。。。

b0193324_092872.jpg


この数週間Yがずっと楽しみにしていたシントマールタンが終わった。
学校でつくったランプをもちながら、ほぼ毎日、シントマールタンの歌の練習。
夕飯をつくってるときも、横で「ピンポーン!」というのですかさず「どなた?」といわせられる。
そしてうたをうたって、おかしをどうぞ。。。これを何度させられたか。。

当日は暗くなると同時に、近所の子どもたちがたくさん外に出ているのをみて、PとNと外へ。
ランプをもちながらたくさんの家をまわり、うたをうたって、お菓子をもらう。
私はこの行事がオランダで一番すきかもしれない。
寒い季節の訪れにげんなりするのではなく、子どもたちのかわいらしいうたと、彼らがもった小さなランプがちらちらゆれてみえるポエティックな風景に、ああこれから長い冬がはじまるんだなああと感慨深くなる。

こどもたちを後ろで見守る大人たちの笑顔もいいものだ。
話したことのないご近所さんとおしゃべりするきっかけにもなる。

Yは今週はたくさんお菓子のはいったかごをみてにんまり。
毎日ひとつづつあけてよいよと約束したので。

それにしてもシントマールタンが終わったと思ったら今は毎日シンタクラースの歌をうたう。
外は寒くって大人としては、子どもをどうやってあそばせようかと気をもむ時期だけれど、
こどもたちにとっては何もしなくてもシントマールタン、シンタクラース、ケルスト(クリスマス)と、一番うきうきする時期かもしれない。

b0193324_0233299.jpg

b0193324_0241863.jpg

b0193324_0243027.jpg

b0193324_0245956.jpg


上のはYが学校で描いてきたランプや秋の絵。
かわいい色が居間を明るくしてくれている。
[PR]
by sooona | 2012-11-15 00:35 | dutch オランダ

おうさま語録

b0193324_5355143.jpg


Nのたんじょうびのためにつくったフェルトの王冠をなぜかお気に入りのY。
家でも、外にいくときも、じてんしゃするときもかぶっています。

ていうか、なぜNのあたまにぴったりの王冠がYのあたまに入っているのかが微妙に不思議ですが。
それはさておき、ちいさなおうさまYとの会話。

Y: ままー、ぼくはおうさま!Nはプリンセス。

私:ええっ?Nがプリンセス?おとこのこなのに?

Y:そう。それでぼくたちけっこんしてたーーーくさんあそぶの。かたいブロックとか、やわらかいプロックとか、かくれんぼとか、パズルとか。。。。

私:へえー。で、おうさまはどこにすんでるの?

Y:ぼくは、ロシアのおしろにすんでるの。ときどき、イタリアにいったり。

私:ロシアとイタリア???ほかのくには?かんこくとか?

Y:うーん、ほかのくには。。。びょういんおうこくとか、にほんとか、ちゅうごくとか。。。。

私:。。。。(びょういんもくにのひとつなのね?)

Y:それで、パパはこのぜんせかいでいちばんつよい騎士!まいにちじてんしゃではたらきにいくの。
Nプリンセスは、たべるまえに、食器をテーブルにならべるの。

私:そっかあ。パパはおうさまとプリンセスをまもってくれるんだね。で、ママは?

Y:ママは。。。。おうさまとプリンセスのママ!それでおこったかおしてるの。

私:ちょっとー!!!いつもおこってないよ!YとNはいいこだしね!!?

Y:うーーん。えへへ。


このパパとママとNに対するイメージはいったい。。。
[PR]
by sooona | 2012-11-05 05:47 | with kids こどもと

久しぶりのおえかき

前の家では週に何度も絵を描いていたのに、最近「絵描く?」ときいても関心なし、という感じで外にでてしまうY。引越作業で忙しくて一緒に絵を描かない間に、絵を描くのが好きじゃなくなっちゃったのかなあと、思っていました。

しかも、入りたての小学校で、それぞれ自分の絵を描くという時間があった翌日、みんなの絵がはりだされたとき、Yの絵をみてショック。他のみんなはいろんな色を使って、結構リアリスティックに、顔、身体、目をかいているのに、Yだけ、黒い線、3本、以上。。。。えーーー絵好きだったよね?何か学校で気に食わない事があるのでは?とその絵をみて心配になったんです。

というのも、むかーし、小学校のとき白いうさぎを見ながら描く授業があって、みんなそれぞれ白いうさぎを描いたのに、私の弟だけ黒いうさぎを描いたのです。それで、うちの母は呼び出されました。「●君、なにかかわったことはありませんか?」みたいな。絵って、心象風景がでてしまうものであるので、心配されたんですね。でも私は内心、白いうさぎをみて黒いうさぎを描けるなんてなんて創造豊か!なんて、まじめにうらやましがった思い出があります。だって私はみたものを、みたままにしか描けなかったので、自分で自分の絵がつまらないと思っていたのです。

まあでもYの場合はギプスしてるせいで描きづらいという事もあったのかもしれないけれどそこまで心配はしていなかったけれど、毎朝学校に送る時に壁にはられたそのたった3本の線をみて、なんだかなーと思っていました。

で、それから何度か家で「絵描いてみよう」と誘ってものってこなかったのですが、今日ひさしぶりに「うん!」と。「ママにプレゼントあげるから、かくれてて」と、言って、一生懸命描き始めました。

b0193324_22355853.jpg


b0193324_22361923.jpg


数分後「ほら!」とみせてくれたのが、とり!今まで、ひこうき、くるま、くも、き、はな、にじ、時々、かぞく、と描くものが決まっていたのに、今日はとり。なんか昔の何かのチョコレートのキャラみたいでかわいい。「なんできょうはとりなのー?」ときくと、「とりがかわいいから」と。続けて「あの本みて。。。」と。

b0193324_2237367.jpg


絵本棚にある、チャーリー・ハーパーの表紙をみてかいたのだそう。

b0193324_22373693.jpg



全然似てないけれど、、、、、、

でもあの鳥みてインスピレーションわいたんだね。

「すごくきれい!もっととりかいてー!」と頼んだところ、「今日はもうおしまい。また明日」と断られましたが、とりあえず久しぶりにYのげんきな絵をみてうれしくなりました。
[PR]
by sooona | 2012-09-19 22:39 | with kids こどもと

衝撃の1週間

小学校1週間無事に終わったと思ったらまさかの衝撃的なことが次々と。

日曜日の夜、レゴで飛行機をつくって、「びゅーんびゅーん」と遊んでいたら突然「いたいー!」と叫びました。痛くて眠れないというので、夜中に急遽医者へ。2時間後にわかったのは挫傷だということ。骨折でなくてよかったけど、全治1週間。学校はじまったばかりなのに、ギブスのせいでで一人で着替えられない、バッグもてない、トイレできない。。。本人は「こんなんじゃ走れない!自転車できない!」と。学校いってもあまり遊ぶ事もできず、「家に帰りたい」という日々。

次の衝撃は私のラップトップ。先週新しいプロジェクトのためにアムスに通って、そこで使っているラップトップに、夜ワインをこぼしてしまい、全治10日間。涙。
Oh nooooと何度いったことか。

そして、最後の衝撃。
昨日、Yが初めて家に近所の女の子を連れてきました。
親同士が仲良い子どもがうちに遊びにきたことはあったけれど、私の知らない子が家にくるのは初めて。しかも7歳。Y、一生懸命、「このおもちゃもあるよ」「あのおもちゃもあるよ」「次は何しようか」と、彼女に楽しく遊んでもらおうと、すごいエンターテインぶり。その子の前では、Nにもお兄さんぶったりして。「N、ここでいっしょにあそんでもいいんだよ」とかわざと言ったりして。彼女はたいしてYに関心があるわけではなく、新しい家というかおもちゃに興味があると言った感じで、もう母としてはせつないせつない。。。Yってなぜか、男友達は元気でおちゃめでナイーブでやさしい子どもとすぐ仲良くなるのに、女のこは自分に興味がないっぽくつーんとしてる子に夢中になる傾向があって。
ていうか、昨日しまいには3階にいって、「ママの部屋で寝ようか」と聞こえた時にはパパ、「おいふたり!下で遊びなさい」ってつっこみましたけどね。

この先、どうなることやら。。。。。

追記>衝撃事件がまたもや今日も。

Nと二人でキッズカフェにいったときのこと。
いつものように、トーマス電車で遊んでいたら、突然となりの6歳くらいの男のことけんかしてるっ!1歳のNが。。。。。
しゃべれないのに

「わうわうわうぶらぶらうにゃうにゃほにゃらららららああああ!
わうわうわうぶらぶらうにゃうにゃほにゃらららららああああ!
わうわうわうぶらぶらうにゃうにゃほにゃらららららああああ!」

と、わけのわからない言葉で大声でその男のこにむかって怒鳴っているではないですか。
多分電車のとりあいだったと思うけれど、小さいNが、大きい男の子にむかって怒鳴ってるのをみて店内の人みんな笑ってみてましたが、私、汗。さんざん怒鳴ったかと思ったら下にうずくまって一瞬しーんとなったかと思ったら静かに涙をこらえてる。。。
ひええええ。
続いて、またちょっとしたらその男の子に少しだけおされたと思ったら、大きく押し返してるしっ。。。
やんちゃで気が強いとは思っていたけれど、ここまでとは。
衝撃的な瞬間をみてしまっって母は恐ろしくなりました。
Yなら絶対いじけて「ままーー」って泣きついてくるであろうシーンが、Nだとこんなに違うなんて。Yには女々しくしないでもっとたくましく、なんて願っているけれど、Nほど、強気なのも将来こわいなあ、なんて。。。まあでも子どもはみんな全然違っておもしろいというかなんというか。。。

今週は何かと衝撃的なことが多すぎです。週末は安らかに過ごせますように。。。


b0193324_4512220.jpg



バトルの後、何事もなかったようにジュースを飲むN。

[PR]
by sooona | 2012-09-13 17:15 | with kids こどもと

小学校入学☆

先週は、ついにYの小学校生活がはじまりました。オランダは4歳の誕生日になったら入学だけれど、引越しがあったので、4ヶ月遅れの入学。

初日は急ぎすぎてまちがえて2年生の教室にたどりつきました。Yの名前を探してもないない。。。と焦り、後で気づいて1年生の教室についたら、壁にYの名前をみつけて、なんだかじわーんとなりました。オランダでは入学式など特別なセレモニーなどもないので、なんだか入学っていっても感慨深くならないのではと思っていたけれど、ここから新しいステージがはじまるんだと思うと、Y、大きくなったね、そして親であるPと私も4年間よくがんばったよね、なんて思ったり。

b0193324_15432263.jpg


小学校といっても最初の2年間は遊びにいくだけのようなものなので、教室には託児所と同じように、キッチンコーナー、パズルコーナー、お絵描きコーナーがあって、子どもたちは自由に遊んでました。Yはすかさず、クッキング。内心、将来料理好きになって食べさせてねーと思う母。

b0193324_1543383.jpg


どきどきの1日が終わり、Yに学校は楽しかったかきくと
「がっこうだいすき!」と。続けて

私:「ともだちできた?」
Y:「うん!おんなのこ」
私:「だれだれ?なんていうなまえなの?」
Y:「わからないよ。だって5人のおんなのことなかよくなったから」
私:「。。。」

なんだかYらしいと思えばそんなような1日目。

それにしても、小学校がはじまると、お弁当の用意、NとYの両方の送り迎え、さらにら私の仕事も忙しくなり、怒濤の日々にPも私もくたくた。子どもいながら、外で毎日働いている何人かの友人たちのことを思い出し、どうやって子育てと仕事と両立してるんだ!?ってほんと不思議になりました。だから彼女たちはスリムで軽快なボディをたもってるのかーと変に納得な1週間でした。- _ -
さ、今週もがんばろう。。。
[PR]
by sooona | 2012-09-09 16:00 | with kids こどもと