オランダ、ハーレムより。日々のうつくしさ。子どもとたのしいこと。


by sooona

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

リンク

カテゴリ

about アバウト
日々
dutch オランダ
with kids こどもと
travel たび
eat たべる
design デザイン
read よむ
our home いえ
things もの

タグ

twitter

最新の記事

オランダで親子で楽しめること。
at 2014-08-16 04:58
5月休み
at 2014-04-27 06:12
もうこわくない
at 2014-03-17 20:11
ピナバウシュの夢の教室。
at 2014-03-10 05:54
絵本美術館で、sieb po..
at 2014-03-02 05:44
♥ 2014
at 2014-02-15 06:31
Salt Dough Cla..
at 2014-02-05 18:03
とびたくなる、えほん
at 2014-01-31 18:50
quote by Tori ..
at 2014-01-30 06:27
こどものためのダンスパフォー..
at 2014-01-27 02:04

以前の記事

2014年 08月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月

検索

ライフログ


親愛なるキティーたちへ


Pina [DVD]


ファンタジア


0~4歳 わが子の発達に合わせた1日30分間「語りかけ」育児


子どもは動きながら学ぶ 環境による教育のポイント


コウケンテツの鍋、汁もの、煮込み―うまいおかずレシピ50 (別冊すてきな奥さん)


さよなら子供たち [DVD]


分娩台よ、さようなら―あたりまえに産んで、あたりまえに育てたい


ヒバクシャ ~世界の終わりに~ [DVD]


Hable con ella [DVD] [Import]


あいうえおの本 (日本傑作絵本シリ-ズ)


ピナ・バウシュ 夢の教室 [DVD]

フォロー中のブログ

うちの食卓 Non so...
C's projects...
ばーさんがじーさんに作る食卓
アムスのおいしいせいかつ
memo
Cafelumiere
しがない社会福祉士(ジャ...
carbon style
auk
ニューヨーク*ユニオンス...
オランダおいしいくらし
もりふみブログ
オオニシ恭子の薬膳日記
奈良美智の日々
『美食』 by MI-C...
nos petite l...

最新のトラックバック

venussome.com
from venussome.com
venuscozy.com
from venuscozy.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

その他のジャンル

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
住まいとくらし

画像一覧

タグ:絵本 ( 4 ) タグの人気記事

絵本美術館で、sieb posthuma展。

b0193324_60216.jpg

ずっと行ってみたかった、デンハーグにあるKinderboekenmuseum(絵本美術館)で、Sieb Posthuma(シーブ・ポスツマ)氏の展示があるということで行ってきました。

オランダで有名なイラストレーターであり、絵本作家である彼の作品は、たくさんの美しく楽しいものがありますが、わがやの子どもたちは『Aadje Piraatje』という絵本がだいすき。シンプルな線画に、色は赤と青のみ効果的に使われています。お話は、海賊の男のこの話のショートストーリーがいくつか入っているのですが、言葉がとにかくはちゃめちゃで楽しく、ときに切なく。。。私自身、この本の大ファンでしたので、彼の展示があると知ったときは、行かねば!と思いつつ、ウェブサイトをチェックしたときには、既に全てのワークショップが全部予約でいっぱいでした。それでも、原画をみたさに、でかけることに。。。

Kinderboekenmuseumはデンハーグの駅のすぐそばだと聞いていたので、今回は電車でいくことに。本当に徒歩2分くらいのところにあります。

まずは、Sieb Posthumaの展示を。単に絵が展示されているだけでなく、本のテーマごとに小さい部屋がつくられていました。これがデザイン的にかなり秀逸。Sieb Posthuma氏の机風景も再現されていたり、彼の作品をその場でも読む事ができたり、彼の作品のテーマにそってゲーム感覚の展示あり。これは子どもたちと一緒より、一人できたほうがよかったかも、と多少後悔。それほど見応えのある展示でした。原画はとにかく美しかったです。知らない作品がたくさんあって、これから読みたい/見たい本がたくさんありました。
b0193324_23394327.jpg

b0193324_5315252.jpg


アレクサンダー・カルダーにインスピレーションを受けた絵本のお部屋と原画、とってもすてき。

b0193324_23404888.jpg

b0193324_5364821.jpg


b0193324_532573.jpg

b0193324_5351366.jpg


この上のお部屋なんて、木の形をした透明のカラフルな物体を、カラフルな壁にあててみて、指示された色に変えてみよう!というもの。なんてしゃれた展示。。。

ゆっくりみたいと思いつつ、子どもたちが飽きた頃に1階のKinderboekmuseumの常設展へ。
これまた、絵本が、ありえないほど、様々な形態で展示してあります。本だらけの壁でできた映像室とか、絵本に関するものをつくれる工作のお部屋、そしてハイテク技術をいかしたインタラクティブな展示もたくさんあって、関心しまくり。このミュージアム、7歳以上になると、存分に楽しめそうです。

b0193324_5401686.jpg

b0193324_541460.jpg


Nは、オランダで有名なかえるくんのお話の世界を再現したお部屋でひたすら、ボートをこいでいました。Yは、足でふむと光がつくフロアの上でとびはねまくり。「絵本」のミュージアムなのに、2人とも動きまくり。汗。

関心したのは、いかにへんてこでおもしろい話をつくれるか、というゲーム。絵のボードがフリップして、与えられた最初の一語に続けて、自分でマイクにむかって独自のお話をはなします。そして、最終的に、記録された全てのお話を聞ける、というもの。他には、暗いミニシアターの中で、2択のボタンを押していくと、光で投影された登場人物が3Dでうごきまわり、お話してくれるものなど。。。

そして、オランダおなじみ。美術館にいくと必ず用意してある、子供用のアクティビティブック。これもかなり美しく凝ったでき。美術館での体験が、さらにそれぞれの子どもの思い出にパーソナルに強く残るような工夫がされています。ただ、こういうたぐいの冊子も、言葉がすらすら読める年齢にならないと活用できないのは残念ですが。

今回はささっとまわっただけなので物足りなく思いつつ、限られた時間のなか、かなり感動したミュージアム/展示でした。今度また特別展示があったらぜひいきたいです。そして、オランダのすてきなイラストレーター・絵本作家はディックブルーナだけではない!(いえ、ブルーナももちろん好きなのですが)ということを少しづつこちらで紹介できたら、とも今回思いました。
[PR]
by sooona | 2014-03-02 05:44 | with kids こどもと

とびたくなる、えほん

b0193324_18472586.jpg


毎晩寝る前に読む本を自分で選ぶ息子たち。
今週のYは、たまたま空をとべるようになった主人公がでてくる絵本ばかり選んでいます。
そして本をよんだあとのある夜の会話。。。

Y 「なんで、ミッキーも、ピーターパンも、くまたちも、そらをとべるの?ぼくもそらをとんでみたいよ!」

私「みんな、つよーーく、とびたい!って思ったからじゃない?」

Y 「ぼくもすごくとびたいとおもってるよ。でもとべない」

私 「すっごーくつよくとびたいっ、ぼくはとべる!て思ったらとべるかも?100かいくらい、とびたいっていってみるとか?」

Y 「じゃあ一緒にとびたい、っていおうよ。ママもとびたいでしょ?」

私 「いやー、ママは、とびたいときは、ひこうきにのるからいいよ。そと、さむいし。」
(←夢がない発言。汗。)

Y 「じゃ、ぼくだけとぶよ。1、とびたい 2、とびたい、3、とびたい 4、、、、、」

と、本気で数えだしたのです。私は逃げ腰でおやすみを言って部屋をでたものの、気になって部屋の外で聞いていました。そしたら、えんえんと、「とびたい」と言い続けています。

「35、とびたい、36、とびたい、、、
65、とびたい、、、、
93、とびたい、94、とびたい、95、とびたい、96、、、、」

あっというまに100に近づいてきました。

ひえー。私のいったことをしてもとべないっ!と、すねたりしたらどうしよう、と、たっていると、「99 とびたい」で、ぴたっと声がきえたのです。

そこで、そーーーっとドアをあけてみると。

寝てました。:)

ほっ。

この時ほど、単純な息子でよかったーーーー、と思ったことはありません。苦笑。
きっともっと納得しないと気がすまない子どもだったら、「なぜとべないのか。どうしたらとべるのか。どうしてえほんのなかのこたちだけとべるのか」と、つきつめてくるのでは、と想像したりします。

こんなときのために、おとぎのくにのお話を読んでいて、こどもたちが突飛な質問をしてきたときに、いろいろなおはなしをつくれる人がうらやましくなりました。
例えば、Pの友人の一人。こどもたちが、どんな質問をしても、おもしろおかしく返事をかえして子どもたちを笑わせたり、うならせたり。そういう面での想像/創造性、私はもちあわせていないので、いつもどうしたものかと思う訳です。。。
[PR]
by sooona | 2014-01-31 18:50 | with kids こどもと

おかしのくに さがそ!

b0193324_22205960.jpg


先日、『おかしのくに さがそ!』という絵本が、この本をデザインしたミホさんから届きました。

なんと、全ページ、何から何まで全てがお菓子でできている本で、『ウォーリーをさがせ!』とか『ミッケ!』のように、絵本の中で、いろんなものを探していく楽しい本です。

b0193324_22213297.jpg


YとNは、もともと、シャーロット・デマトンスの絵本がだいすきで、こまかーい絵の中から、自分で先に見つけたときの喜びがたまらない。なので、この本をみた2人は驚喜。その前に2人とも「おいしそー!」と。。。Nはなんと本に顔をがっとくっつけ、ページをぺろりんこ、となめてしまいました。(ほっんとに全部食べれそうな本ではありますが。。。汗。)

b0193324_7183489.jpg

読み出してから、Nにはちょっと難しかったみたいだけれど、Yはすごくくいつきました。
にほんごがまーだまーだなYにとって、「おばけ3びき」「バースデーケーキたてるもの3ぼん」という言い方はとっても難しいのだけれど、それを楽しく覚えるのにぴったりな本なのです。

b0193324_22584987.jpg


彼のお気に入りのページはおばけいっぱいのページと、くるまいっぱいのページ。
私のお気に入りは森とうみのページ。
それぞれのページが異なった雰囲気なので、子どもたちもめくるたびにわくわくうれしそう。

私より早く探せると猛烈に喜ぶので、私も少しは手加減を。。。と思いつつ、結構探すのが難しいのもあったりして。:)逆に私がやっと本気で探せてみっけ!というと、本気で怒られます。T_T

いずれにしても夜の絵本タイムに楽しい本が仲間入りしました。ミホさん&この本をつくってくださった方々に感謝!

b0193324_7184956.jpg


『おかしのくに さがそ!』
公式Facebook ページ
出版社: 学研教育みらい
作者:efuca. イトウユカ
撮影:坂上正治
AD/D:阪戸美穂 堀いずみ

[PR]
by sooona | 2013-12-11 07:20 | read よむ

きいろいふうせん

毎日雨。秋かっていうくらい肌寒い日々。東京の父から、暑くて暑くて、って電話があったので、こっちは夏なのに、毎日雨で寒くて薄暗いよ、と言うと、世界中が異常気象って返ってきたのだけれど、「いえいえ、オランダは年中こうなんです」って返事をするのもめんどくさいほど、こんな天気にも慣れてきたというより、慣れようとしている自分がいる。クーラーがいらないのはいいけれど、そこまで寒くて暗い夏と、蒸し暑くても夏らしい天気なのと、どっちがいいんだろう、、、なんて電話をきってから思う。

b0193324_5193460.jpg

こんな天気だと、うちでは工作をするか、本を読むか。。。本といえば、自分の本はそれほど買わなくなったけれど、子供が産まれる前から、絵本もだいすきだったので、YやNのためという口実に新しい絵本を買うのがわくわくする。他の子供もそうかもしれないけれど、Yは、好きな本ができるとそればっかり読んで、だいたい1−3ヶ月のサイクルで”お気に入りの本”がかわる。でも、数ヶ月前に買ったシャーロット・デマトンスの『きいろいふうせん』は既に3ヶ月以上お気に入り。

b0193324_5195737.jpg

b0193324_5212091.jpg

オランダ人とフランス人のダブルの作家によるこの本は、ハーレムの某絵本屋さんでも一番人気の本らしい。文字がない、巨大なユニークな絵本。どのページにも黄色い風船があわらわれるので、その風船を探しあてると、得意げな顔をするY。とっても細やかなイラストレーションが美しく、世界のいろいろな風景を眺めては、Yと一緒にお話をつくるのが楽しい。ビジュアル的には私は水彩タッチより、ブルーノムナーリのような大胆なグラッフィックの絵本が好みだけれど、これは好みとかをこえて、彼女の世界にひきこまれる絵本。

b0193324_525521.jpg


いつか絵本作家に!なんて夢をもったこともあって、でも文章に自身がないから無理無理ッて思ったけれど、文字のない絵本で魅力的なストーリーをうみだすことだってできるんだ、と再確認する絵本です。この絵本はコランダZINEでも紹介しています♩

ところで、先日のチャリティピアノコンサート。すばらしかったー。若い4人が日本のために美しい音色を奏でていました。当日、Yはかぜをひいてしまいすこぶる機嫌が悪かったのでPと外で散歩していて、Nとだけ演奏をきいたわけですが、N、8ヶ月にして、45分のピアノコンサート、泣き出す事もなく、一緒に楽しむことができてあっぱれでした。(途中でもぞもぞしだしたときはあせったけれど。)
[PR]
by sooona | 2011-07-19 05:36 | with kids こどもと