オランダ、ハーレムより。日々のうつくしさ。子どもとたのしいこと。


by sooona

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

リンク

カテゴリ

about アバウト
日々
dutch オランダ
with kids こどもと
travel たび
eat たべる
design デザイン
read よむ
our home いえ
things もの

タグ

twitter

最新の記事

オランダで親子で楽しめること。
at 2014-08-16 04:58
5月休み
at 2014-04-27 06:12
もうこわくない
at 2014-03-17 20:11
ピナバウシュの夢の教室。
at 2014-03-10 05:54
絵本美術館で、sieb po..
at 2014-03-02 05:44
♥ 2014
at 2014-02-15 06:31
Salt Dough Cla..
at 2014-02-05 18:03
とびたくなる、えほん
at 2014-01-31 18:50
quote by Tori ..
at 2014-01-30 06:27
こどものためのダンスパフォー..
at 2014-01-27 02:04

以前の記事

2014年 08月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月

検索

ライフログ


親愛なるキティーたちへ


Pina [DVD]


ファンタジア


0~4歳 わが子の発達に合わせた1日30分間「語りかけ」育児


子どもは動きながら学ぶ 環境による教育のポイント


コウケンテツの鍋、汁もの、煮込み―うまいおかずレシピ50 (別冊すてきな奥さん)


さよなら子供たち [DVD]


分娩台よ、さようなら―あたりまえに産んで、あたりまえに育てたい


ヒバクシャ ~世界の終わりに~ [DVD]


Hable con ella [DVD] [Import]


あいうえおの本 (日本傑作絵本シリ-ズ)


ピナ・バウシュ 夢の教室 [DVD]

フォロー中のブログ

うちの食卓 Non so...
C's projects...
ばーさんがじーさんに作る食卓
アムスのおいしいせいかつ
memo
Cafelumiere
しがない社会福祉士(ジャ...
carbon style
auk
ニューヨーク*ユニオンス...
オランダおいしいくらし
もりふみブログ
オオニシ恭子の薬膳日記
奈良美智の日々
『美食』 by MI-C...
nos petite l...

最新のトラックバック

venussome.com
from venussome.com
venuscozy.com
from venuscozy.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

その他のジャンル

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
住まいとくらし

画像一覧

タグ:日帰りのたび ( 5 ) タグの人気記事

霧の濃い日にエフタリング。

b0193324_06353825.jpg
b0193324_06351047.jpg


ついに、念願のエフタリングにいってきましたー。
ディズニランド苦手な私としては、自然な感じのおとぎ話の中のようなテーマパークという噂にかなり期待していまして。。。
まさに、期待以上のテーマパークでした。


b0193324_06345552.jpg
b0193324_06352546.jpg


こんな寒い時期に行くのもどうなんだか、と思いつつも、ちょうど霧の濃い日だったので、何もかもが雰囲気満点。
本当のおとぎの国にはいったかのような。。。

b0193324_06362367.jpg
b0193324_06364511.jpg
b0193324_06370099.jpg
b0193324_06363140.jpg

アリスのふしぎな国の中の迷路のようなアトラクションは「大人は入ってはいけません。こどもがでてきたら冒険をがんばった子どもをほめてあげてくださいね。」なんていう看板のあるところ、実際Nの事が心配だったので、一緒に入ってしまうと、迷路が面白いだけでなく、途中、橋を渡ろうとしても、横から水がぴよーんととんでくるなど、なんだかアナログでスパーマリオを経験しているような楽しさ!

ディズニーランドと違って、園の中を歩いているのはぴかぴかこってりした衣装に包まれた人たちではなく、ぼろーい洋服をきてゆーーっくり歩く魔女だとか。。。。かなりつぼ。。。Yは本気でびびってましたけど。

b0193324_06413811.jpg
b0193324_06421822.jpg



日本の友達
きたらぜひつれていきたい場所の一つになりました。

にしても今週末はエフタリングに、シント&ピットの上陸に、その他もろもろ。。。。
ぼろぼろになりながら、また来週がんばるぞ======っと。。。


こちらのビデオはYが車の中でエフタリングに着く寸前にとったもの。どれだけ、エキサイティングしてたか。。。

















[PR]
by sooona | 2013-11-18 06:44 | with kids こどもと

37

b0193324_2213265.jpg


今年の誕生日は、モノではなく思い出をPにもらいました。なにかというと、Villa Augustusという、昔給水塔だったホテルでの1泊。子どもたちはオーパ&オーマに預けて、ひたすらぬぼーっとできた週末。オーガニックガーデンの野菜や花をみて歩くだけでとても幸せになりました。

b0193324_2214266.jpg

b0193324_2214212.jpg


ズッキーニ、ねぎ、かぼちゃ、りんご、カリフラワー。。。ってこんな葉っぱなんだー、こんな花なんだーとか話しながら散策。

私は他の場所に泊まりにいくと何かしらの理由で落ち着かなかったりするのですが、Dorine de Vosのてがけたインテリアー古い家具や、ニュートラルの色の壁、やわらかいリネンのおかげで自然にくつろげました。彼女のロゴやイラストもとってもキュート。

b0193324_22144258.jpg


残念だったのはレストランのメインコースが私のもPのも、ハーブが主張しすぎていけてなかったこと。でもムール貝ときゅうりのスープはおいしかった!

夜はPはひたすらオリンピックで興奮している中、私は静かに読書。こういう時間が至福だと思えるのも、日々息子たちとのばたばたな生活があるからで、帰りの車では無性に息子シックになりました。

それにしても、めったに写真を撮らない彼が誕生日だからと撮ってくれた自分の写真をみて肥えっぷりに愕然。汗。

ー ー ー ー ー

他のvilla augustusの写真はこちらです。


ー ー ー ー ー

日本から小包がきた。何度も着ないっていってるのに、誕生日のたびにユニクロの微妙なトレパンとかを送ってくる父と、韓国のものはこっちで買えるっていってるのに、毎回のりやらタンミョン、辛い物はこどもと食べれないっていってるのに、サムジャンとか送ってくる妹って一体全体。。。T_T 
[PR]
by sooona | 2012-07-31 22:26 | dutch オランダ

日帰りアントワープ。

Nの誕生日の記念に、日帰りでアントワープに行ってきました。Yが歩き始めたときにブリュッセルにいってすごく大変な思いをして、子供が小さいうちは、余分な遠出はやめよう!といっていて、でかけるとしても、昼寝前の午前中のみというのをずっと守っていたのに、今回決行したのは、最近お互い忙しさのあまりに会話も少なくなって私が爆発したため。このへんで気分転換しておこうということで。

ちょうどYがうまれる寸前に行ったアントワープ。伝統的なものと新しいものがうまく共存していて大好きな街です。

はじめに、以前行ったことのある劇場内レストランへ。
初めて食べたとき新鮮だった、ミートローフのチェリーソースを頼んでちょっと失敗。一度目は感激しても2度目はがっかりっていうのは本当によくあること。でもこの場所はとっても広々しているし、ご飯を食べる前の不機嫌なYとNに、紙と色鉛筆をもってきてくれるようなやさしいお兄さんがいたりして落ち着いてごはんを食べることができました。

b0193324_113217.jpg

b0193324_1132185.jpg

b0193324_1131367.jpg

b0193324_1124691.jpg




アントワープの街は相変わらず、おしゃれな人、店でいっぱいで歩いているだけでうっとり。隣の国なだけでなんでこんなに違うんだろう、といつも思います。

b0193324_1133995.jpg

b0193324_1133034.jpg

b0193324_1134775.jpg


すてきな本屋さんや、子ども服やおもちゃのお店、(そのうちひとつをこちらにアップ。)セレクトショップ、アンティークショップにもうっとり。YとNと一緒でなかったら、ゆーーっくりみて帰りたくなくなりそうな危険な街。ゆっくりするのはまた別の機会、とわりきって、ひたすら街を歩いたり、休憩したりですぐに夜に。

b0193324_1141263.jpg

b0193324_1142591.jpg


夕飯も以前行ったことのあるレストランSensunikへ。まだ子どもがいなかった時にきて、お店のキッズフレンドリーさにびっくりしたのを今でも覚えています。そして今二人の子どもと一緒にここに来たのがなんだかふしぎ。このレストランは大人がゆっくりごはんを楽しめるように、3階に2歳以上の子ども専用のスペースがあり、なんと子どもと一緒にあそんでくれるおにいさん、おねえさんまでいて、キッズメニューを他のこどもたちと一緒に食べさせてくれるのです。(平日は、1階でもキッズメニューあり)。Yは、電車やままごとやジムに驚喜してごはんもそっちのけで遊んでいました。もちろん、こんなスペースがあったとしても、子どもと一緒にいると、しょっちゅうトイレにいったり、機嫌が悪くなった時の対処と、ばたばたはするけれど、でも十分楽しめました。前菜のムール貝がジューシーでおいしかっったなあ。。。

b0193324_1135978.jpg


帰りは、歩き疲れと車疲れでPと私はへとへとだったけれど、Yが、「きょうはほんとうにたのしい日だったね。ありがとうね。ああ、おつきさまがきれい!」なんていうので、来た甲斐がありました。子供と遠出は大変だけれど、多くのことを期待しないこと、キッズフレンドリーな場所を探しておくことさえ守れば、案外たのしめるものだなとわかってよかったです。
[PR]
by sooona | 2011-11-07 01:30 | travel たび

デルフトへ。

b0193324_4452010.jpg

友達とデルフト焼きをみにいってきました。ロイヤルデルフトは、建物の中のいろいろなものが青く統一されていました。

b0193324_4455221.gif

デルフト焼きってちょっとコンサバなイメージがあって特に興味があるわけではなかったけれど、デルフト焼きの絵付けもいろいろな種類があっておもしろかったし、こうしてみると、青っていうのは、いつの時代も、どこの国の人でも惹かれる色なんだろうなと思いながら鑑賞。

b0193324_449775.gif

この建物自体の柱や壁などの装飾も興味深かったです。陶芸としてというより、テキスタイルとしてみるとまたいろいろ勉強になる。。。

b0193324_4503175.gif

といいつつも、Yがさわぎだしたので、併設のカフェでひとやすみ。お庭を前にして食べたキッシュが美味。

b0193324_4512451.jpg

この後は、Pに子供たちを連れて先に帰ってもらい、タイルミュージアムに行くつもりがリノベーションのためにしまっていたので、街を散策。すぐに入ったアンティークやさんの中には古いタイルがいっぱいで、ミュージアムにいかなくても、いろいろなタイルを堪能。

b0193324_504120.jpg

日曜日でたくさんの店がしまっていたけれど、逆に人が多すぎず、ゆっくり運河まわりを散歩したり、魚のフライを食べたりして楽しかった♩次はフェルメールをみよう。
[PR]
by sooona | 2011-08-05 04:54 | travel たび

白い街、トールンへ。

b0193324_0314414.jpg


高校以来の友人が遊びにきていたので、ちょこちょこいろいろなところにいってました。
この日はオランダのかなり南にある街トールンへ。

車でハーレムから2時間強かかりましたが、ちょっとアムス近辺っぽくないところ、ということで、この街へ。
b0193324_0353368.jpg

b0193324_0353533.jpg


プロテスタントが主流のオランダのなかで、いまだカトリック色が強いエリアとして知られているトールン。街の建物がほとんど白く塗られているのが特色です。これは、昔街に住んでいた修道女に敬意を表して真っ白に色を塗ったとか。古い石畳に白い建物、古くてかわいい街です。とーても小さい街なので、30分で全部まわれるのではというかんじ。時間がなくて教会にいけなかったけれど、古い街をゆっくり歩いて、アンティークショップやステンドグラスの工房をのぞいたりするだけで楽しかったです。

b0193324_035268.jpg

b0193324_0333225.jpg

[PR]
by sooona | 2010-09-07 00:37 | dutch オランダ