オランダ、ハーレムより。日々のうつくしさ。子どもとたのしいこと。


by sooona

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

リンク

カテゴリ

about アバウト
日々
dutch オランダ
with kids こどもと
travel たび
eat たべる
design デザイン
read よむ
our home いえ
things もの

タグ

twitter

最新の記事

オランダで親子で楽しめること。
at 2014-08-16 04:58
5月休み
at 2014-04-27 06:12
もうこわくない
at 2014-03-17 20:11
ピナバウシュの夢の教室。
at 2014-03-10 05:54
絵本美術館で、sieb po..
at 2014-03-02 05:44
♥ 2014
at 2014-02-15 06:31
Salt Dough Cla..
at 2014-02-05 18:03
とびたくなる、えほん
at 2014-01-31 18:50
quote by Tori ..
at 2014-01-30 06:27
こどものためのダンスパフォー..
at 2014-01-27 02:04

以前の記事

2014年 08月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月

検索

ライフログ


親愛なるキティーたちへ


Pina [DVD]


ファンタジア


0~4歳 わが子の発達に合わせた1日30分間「語りかけ」育児


子どもは動きながら学ぶ 環境による教育のポイント


コウケンテツの鍋、汁もの、煮込み―うまいおかずレシピ50 (別冊すてきな奥さん)


さよなら子供たち [DVD]


分娩台よ、さようなら―あたりまえに産んで、あたりまえに育てたい


ヒバクシャ ~世界の終わりに~ [DVD]


Hable con ella [DVD] [Import]


あいうえおの本 (日本傑作絵本シリ-ズ)


ピナ・バウシュ 夢の教室 [DVD]

フォロー中のブログ

うちの食卓 Non so...
C's projects...
ばーさんがじーさんに作る食卓
アムスのおいしいせいかつ
memo
Cafelumiere
しがない社会福祉士(ジャ...
carbon style
auk
ニューヨーク*ユニオンス...
オランダおいしいくらし
もりふみブログ
オオニシ恭子の薬膳日記
奈良美智の日々
『美食』 by MI-C...
nos petite l...

最新のトラックバック

venussome.com
from venussome.com
venuscozy.com
from venuscozy.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

その他のジャンル

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
住まいとくらし

画像一覧

Best wishes for 2014!

b0193324_1194253.jpg


遅ればせながら明けましておめでとうございます。
今年は、飛行機から美しい富士山がみえて、なんだか楽しい年になりそうな予感がしています。

と、いいつつ、年初めから課題が山積みで発狂しそうになりそうでしたが、少し落ち着いてきました。今年は自分に関しても、子どもたちに関しても、毎月小目標を決めて、あわてず落ち着いて、少しずつ小さな達成感を感じていけたらな、と思います。

b0193324_1233836.jpg


さて、先週の日曜日、アムスのキッズグループ、ワンダー☆キッズの新年会がありました。とっても元気で情熱的なママたちが運営するこの会。
おもちつきに、紙芝居、書き初め、たこやこまの工作、絵本の読み聞かせ。。。などともりだくさんの会の中で、私は「カラフル工作」を担当させていただきました。今年の干支の午を千代紙や絵の具、シールなどでビビッドに表現する工作を考えました。

b0193324_1231958.jpg

b0193324_1225258.jpg


私は決して、子どもたちの応対が得意なわけではないので、お話があったときはどうしようかな、ほんとにできるかしら、と悩んでいたのですが、当日はそんな悩みもぶっ飛ぶほど楽しかったです。
子どもたちが、次から次へと想いもかけないレイアウトをしたり、色をぬっているのをみるだけでとても新鮮だったし、どんなふうにしようか小さいクリエイターたちとお話をするのも楽しかったし、「わたし、こんなこと、ずーっとやってみたかったんだあ。」なんてかわいい声を聞いたら、胸きゅん。
こんな機会をくれたワンダー☆キッズに感謝です。
そして強力なクリエイティブ助っ人、kyokoさんemiちゃんに感謝!

b0193324_1311866.jpg



何より、日本から遠い地で、子どもたちがこうして日本のことにふれることのできる、すてきな会でした。
とても楽しい1年のはじまり。
やっぱり今年はよい年になりそう。。。?♪
みなさまにとってもすてきな年になりますように。
[PR]
# by sooona | 2014-01-18 01:34 | 日々

メリークリスマス!

b0193324_875578.jpg

とっても寒くなってきました。でも、この寒さと暗さに対抗するかのように、それぞれのおうちが、クリスマスモードいっぱいに、それぞれの家族ごとにあたたかく楽しいデコレーションがされ、きれいな灯りがちらちら見える、この時期のオランダが大好きでもあります。

でも今年はわけあって、Yと2人だけで日本に少し帰る事になりました。2人だけで日本にいくのは彼が赤ちゃんの頃以来。日本語が充分にできない彼は少し緊張していますが、とっても楽しみです。

みなさんも楽しい年末年始をお迎えください。
We wish you a lovely Christmas and a healthy New year!

b0193324_81446100.png

[PR]
# by sooona | 2013-12-22 08:06 | dutch オランダ

もみのき

b0193324_2345959.jpg


シンタクラースがおわって、今度はクリスマス。
急いでもみの木をかってみんなで飾り付け。

もみの木のよい香りと、ちらちらする光があれば寒い冬も明るくのりきれる。

Nが2歳のとき初めてもみの木を飾り付けたとき、とっても気にいって、朝おきたら速攻、電気のスイッチをつけて、ソファに座ってもみの木をじーっとながめていた光景を思い出す。

b0193324_232844.jpg



でもこのもみの木、1月になって茶色くなってきて、枝がだらーんとたれてき始めるときが本当にせつないんですよね。長い時間かかって大きくなったのに、人間のために切られてたった数週間で死んでしまうのだから。。。そんな風に思っていたらちょうどある日、Yがこんな質問を。

「クリスマスが終わったらもみの木はお店にかえすの?」

クリスマスが終わったらもうもみの木は力をつかいはたして天国にいっちゃうんだよ。というと、いや、お店に返して土にうめればまた生き返れるはず!という。

こういう会話になったとき、つまり「いのちがあるものはいつかいのちがなくなる」「いのちがなくなったものがどうやっててんにのぼっていくのか」ということを話す時、とてもつらくなるけれど、こういう話を素直にできる歳ってなんだかすてきだなあとも思うし、こういう話ができる相手がいることが頼もしい。涙ぐみながら話す私とYを横目に、PとNはきょとんとしていたけれど。

b0193324_23143111.jpg


そういえば、昨日の夜みた、ハーレムの広場の大きいもみの木、風が強かったので、ランプもゆらゆらゆれてそれがとってもきれいでした。

いきているうちに、うつくしく、つよく、まわりの人の心をあたたかくできたらよいなあと。
もみの木をみるとしみじみ思います。
[PR]
# by sooona | 2013-12-15 23:16 | with kids こどもと

おかしのくに さがそ!

b0193324_22205960.jpg


先日、『おかしのくに さがそ!』という絵本が、この本をデザインしたミホさんから届きました。

なんと、全ページ、何から何まで全てがお菓子でできている本で、『ウォーリーをさがせ!』とか『ミッケ!』のように、絵本の中で、いろんなものを探していく楽しい本です。

b0193324_22213297.jpg


YとNは、もともと、シャーロット・デマトンスの絵本がだいすきで、こまかーい絵の中から、自分で先に見つけたときの喜びがたまらない。なので、この本をみた2人は驚喜。その前に2人とも「おいしそー!」と。。。Nはなんと本に顔をがっとくっつけ、ページをぺろりんこ、となめてしまいました。(ほっんとに全部食べれそうな本ではありますが。。。汗。)

b0193324_7183489.jpg

読み出してから、Nにはちょっと難しかったみたいだけれど、Yはすごくくいつきました。
にほんごがまーだまーだなYにとって、「おばけ3びき」「バースデーケーキたてるもの3ぼん」という言い方はとっても難しいのだけれど、それを楽しく覚えるのにぴったりな本なのです。

b0193324_22584987.jpg


彼のお気に入りのページはおばけいっぱいのページと、くるまいっぱいのページ。
私のお気に入りは森とうみのページ。
それぞれのページが異なった雰囲気なので、子どもたちもめくるたびにわくわくうれしそう。

私より早く探せると猛烈に喜ぶので、私も少しは手加減を。。。と思いつつ、結構探すのが難しいのもあったりして。:)逆に私がやっと本気で探せてみっけ!というと、本気で怒られます。T_T

いずれにしても夜の絵本タイムに楽しい本が仲間入りしました。ミホさん&この本をつくってくださった方々に感謝!

b0193324_7184956.jpg


『おかしのくに さがそ!』
公式Facebook ページ
出版社: 学研教育みらい
作者:efuca. イトウユカ
撮影:坂上正治
AD/D:阪戸美穂 堀いずみ

[PR]
# by sooona | 2013-12-11 07:20 | read よむ

Nとカフェにて。

b0193324_2243413.jpg


幼児をもつ親なら誰でも経験していると思いますが、一人目の子どもができたときは、子どもがどんなに小さくても案外、スーパー、カフェやショップに連れて行き、そこでぎゃおーんと泣き叫んだり、だだをこねてとまらなくなった我が子に冷や汗をかく、という経験を何度かし、2番目の子どもができたときには、幼児と公園以外に行くのはあきらめよう、と決心する人が多いはず。子どもたちはとにかく動きたいし、騒がず、静かにするっていうのが無理。わがやも、Yが小さい時、いろいろな場所で困った事を経験しました。特にとまらぬ電車の中で、泣き止まなかったときは私たちまで泣きそうになったこと。
そして2番目の息子Nが生まれてからは、キッズフレンドリーではないカフェやお店には行かなくなり、ショッピングは、スーパーでの短い買い物がマックスと決めていました。

でも昨日は、ふとなぜか近所のカフェでランチしたくなったのです。走ってとまらなくなったらどうしよう。頼んでも全部食べなかったらどうしよう、叫びまくりだったらどうしよう、とどきどきしながら。(そこまでどきどきするなら行くなッテ感じでしょうが。)

カフェに入ると、子ども連れのお客さんが結構いてほっ。
さらに、妊娠中のお母さんの隣に座っている子どもが店中にきこえる大きい声でシンタクラースのうたをうたっていたので、Nは圧倒されたのか、きょとんとした表情で静かに椅子に座っていました。歌をうたっている子どもに、お母さんはちょっとはにかみながら「XXXちゃん、うたがとってもじょうずね。でももうすこしやさしくうたおうね」と子どもにやさしく声をかけていました。まずそこで衝撃。私だったらその場ですぐに「カフェの中は大きな声でうたうところはないのよ」なんて言ってしまいそうなものなのに!

そして次におばあちゃんとおじいちゃんが連れていた1歳未満であろう赤ちゃんがぎゃおんぎゃおんと泣き出した。どうおばあちゃんがあやしてもとまらない。Nまでが「あかちゃんがないているね。かなしいんだね」と。自分が赤ちゃんではもはやない事がわかったかのような、急におにいさんぽい口調で。しかも珍しくジュースもサンドウィッチもきれいにたいらげ、今日はなんてラッキーな日なんだろう、Nもおにいさんになったものだなあ、なんて思っていました。

一方、えんえんと泣き続ける赤ちゃん。おばあちゃん、ランチ食べるどころじゃないだろうな、Yもこういうことあったな、と思っていると、カフェのオーナーがだっこしてあやしている。まわりのお客さんも微笑みながら子どもをあやそうとしている。その風景になんだかじーんときてしまいました。こうして、子どもをみる親、祖父母をあたたいまなざしをすル、お店の人たち、お客さん。。。。涙がでそうになったところで、Nが突然、「うおーーーーーーーーーーーー」と叫んだのです。どうしてまた突然!すさまじい声を!もうまた冷や汗か!と思っていたら、なんと赤ちゃんがぴたっとなきやんだのです。そして、すぐさま、後ろに座っていた子ども2人連れのお父さんが、Nにむかって「おお!きみの声が効いたね!」と。赤ちゃんのおばあちゃんもとってもうれしそうに、Nの方をむき。。。。

Nの大声が役立つ事もあるのね、とびっくり仰天。

そしてカフェでのとても短い時間の中で、子どもに対する対応にゆとりのある大人たちにふれて、いい環境だなあ、としみじみしたひとときでした。

そういえば、先日のYとの先生との面談のときも、私が「Yは好奇心旺盛で、元気なのはいいけれど、家だけでなくどこでもわんぱく、いたずらすぎる」と言ったときの先生の反応が「そうね、Yは確かに教室でもわんぱくだけれど、それは周りを信用しているっていうこと。どこにいっても居心地よく感じられるから自分を自由にだせるんですよ」と言われた。

私にとってネガティブに感じることも、先生にとったらなんでもないこと。そしておおらかな対応だこと!

つい、いろんなことにきりきりしてしまう自分だけれど、いつかでーんと余裕をもった親、というか人になれるのかしら、とつれづれ思う。

*子育てつながりで、最近ふむふむだった記事をシェアします。
「その子はなぜ大人の言うことを聞かないのか?」
[PR]
# by sooona | 2013-12-05 22:50 | with kids こどもと

SintとPietがわがやに。

b0193324_4355549.jpg

b0193324_4361077.jpg


今年は2人が大きくなってきたから、さて、おじいちゃんが「ぼくがSintになろう」と。
Pが小さいときも、お父さんやおじさんがSintに変装して子どもたちの前にあらわれたので、その伝統復活なのです。

この日をもりあげるために、家ではほとんど毎日なにかしらシンタクラースの工作をしたり、絵を描いたり。彼たちへのSInt&Pietからの手紙には「もしかしてにちようびにきみたちの家にいくかもしれないよ」とかいてあったので、Yはそわそわ。

b0193324_437113.jpg


夕方。きました、SIntが!しかもサプライズで義理の妹が助っ人を頼んでPietも登場。
ほんもののSIntとPietがほんとうにきたものだからYもNも、ちじこまっちゃって、ほとんど何もしゃべれない。笑。

b0193324_4371033.jpg


しかもこのPietはギターが上手でみんなでシンタクラースのうたを合唱したり、Yがピアノをひいたり、とっても楽しくあたたかい夜になりました。

b0193324_4385767.jpg

b0193324_4393130.jpg


もちろん、SInt&PIetからたっぷりプレゼントをもらって2人はおおはしゃぎ。


PietとSIntが帰るとき、Nは本当にさびしそうで、外まで靴を履かずにおいかけていって、最後まで手をふっていました。Yがこのくらいの歳のときはこわがってSInt&Pietに握手もできなかったし、近寄るのもいやがっていたのに。。。

b0193324_440248.jpg

b0193324_4403920.jpg


それにしても2週間に一度にあっている自分のおじいちゃんに2人とも気づかないなんて!
子どもッテふしぎ。まだおとぎの世界に住んでいるんですね。

今年はPiet論争があつくて、もしかしてもうシンタクラースがなくなるかもしれない、そして私も黒いだけのピットはもうなくなってもいいのでは、と思っていました。それは今も思っているけれど、シンタクラースの行事自体はオランダ人にとってはあたたかくたのしい最高の思い出。なくなることはないでしょうね。大人がまじめに、子どものように、子どもと一緒になってこのおまつりを楽しんでいる様子をみるのはほほえましいことです。
[PR]
# by sooona | 2013-12-04 04:55 | dutch オランダ

Kids // Cafe // Toys = Mini Markt

b0193324_1111.jpg


と、あるものを探していて偶然みつけたおもちゃや兼、カフェ、Mini Markt。
が、なんとわがやから自転車でいける距離に。

b0193324_135576.jpg


ハーレムにはManeer Paprikaというおもちゃや兼、カフェがセントルムにあるのですが、そこはいつも人でいっぱい。でもMini Marktは、ブルーメンダールのひっそりとした住宅街の中。人も少なくて、カフェのとなりはおもちゃが充実。最高!


しかもなぜかManeer Paprikaのトスティはいつも残すのに、こちらのトスティは完食。
Nにはとってもめずらしいことです。

b0193324_162579.jpg


店内にはセコンドハンドの洋服、子どものおもちゃ、インテリアグッズ。。。
Nがトーマスに没頭しているあいだに、ゆーっくりみれてしまった。

b0193324_142866.jpg


こういうスペースをつくってくれる方々には本当にいつも感謝。


ちなみに、ちょうど店内にいたアメリカ人とフランス人のおかあさんが話している声が耳に入ってきたのですが、子どもたちが母国語を話し、理解もするけれど、全然充分ではない!となげていたこと。同じ悩みをもつ親としてちょっと安心。だって英語とオランダ語でむずかしかったら、日本語とオランダ語で育つ/育てるなんてもーーーとっもっっっと大変なんですから!がんばれわたし。

なにはともあれ、よい場所を発見してほくほく。。。
[PR]
# by sooona | 2013-11-23 01:08 | with kids こどもと

霧の濃い日にエフタリング。

b0193324_06353825.jpg
b0193324_06351047.jpg


ついに、念願のエフタリングにいってきましたー。
ディズニランド苦手な私としては、自然な感じのおとぎ話の中のようなテーマパークという噂にかなり期待していまして。。。
まさに、期待以上のテーマパークでした。


b0193324_06345552.jpg
b0193324_06352546.jpg


こんな寒い時期に行くのもどうなんだか、と思いつつも、ちょうど霧の濃い日だったので、何もかもが雰囲気満点。
本当のおとぎの国にはいったかのような。。。

b0193324_06362367.jpg
b0193324_06364511.jpg
b0193324_06370099.jpg
b0193324_06363140.jpg

アリスのふしぎな国の中の迷路のようなアトラクションは「大人は入ってはいけません。こどもがでてきたら冒険をがんばった子どもをほめてあげてくださいね。」なんていう看板のあるところ、実際Nの事が心配だったので、一緒に入ってしまうと、迷路が面白いだけでなく、途中、橋を渡ろうとしても、横から水がぴよーんととんでくるなど、なんだかアナログでスパーマリオを経験しているような楽しさ!

ディズニーランドと違って、園の中を歩いているのはぴかぴかこってりした衣装に包まれた人たちではなく、ぼろーい洋服をきてゆーーっくり歩く魔女だとか。。。。かなりつぼ。。。Yは本気でびびってましたけど。

b0193324_06413811.jpg
b0193324_06421822.jpg



日本の友達
きたらぜひつれていきたい場所の一つになりました。

にしても今週末はエフタリングに、シント&ピットの上陸に、その他もろもろ。。。。
ぼろぼろになりながら、また来週がんばるぞ======っと。。。


こちらのビデオはYが車の中でエフタリングに着く寸前にとったもの。どれだけ、エキサイティングしてたか。。。

















[PR]
# by sooona | 2013-11-18 06:44 | with kids こどもと

秋のさんぽ

b0193324_06394879.jpg
例外でなく、わがやの3歳児、「いやいや」期絶頂です。なにをいっても「のん!」
天使のようなかわいらしい笑顔と声かと思えば、気に入らないと1分後には般若の顔でめっちゃ怒る。
小さいギャングに毎日たじたじの母。
基本的にNは、公園にいっても逃げ出すので(公園の遊具にあまり関心がない)近所の森にいくのが一番。
野生児も、毎度違う顔をもつ自然の中ではおだやかに飽きもせず探検します。

b0193324_06390657.jpg
b0193324_06383424.jpg


ということで、月にどんだけきてるんだろう、っていう感じの近所の森。今日もきれい。
上をみあげれば、木の枝を通した空、下をみれば、落ちた赤い実と枯葉、目にも鮮やかなピンク色の葉っぱと赤い実のコントラスト、全てが豊かなグラフィック模様にみえてくる。こんな色もこんな形もとてもじゃないけれどまねできないなあ、すごいなあ自然は。。。と思う午後。

b0193324_06392472.jpg
b0193324_06385167.jpg
b0193324_07105394.jpg


ベンチに座って一緒にパン食べて、みかんのかわを一緒にむいて、たねをぷぷーっとかだす、、、、
そんなひとときだけがピースフル。
家に帰るとまたギャング。
おもちゃのとんかちをズボンのベルトの穴にいれて、海賊だ!とほえてみたり、
「みて!」と初めてのデュプロでつくったものがピストルだったり、
おそろしくやんちゃでワイルドな彼。
この前は、Yのおもちゃをとった7歳男児にとびかかっておもちゃをとりかえしたり。。。
気が強すぎて、母、汗かきまくり。
Yと違っておうちでゆっくりしずかにお絵描きとかに集中/驚嘆するタイプではないので、なんか毎日異常にエネルギーすいとられている気がして、早くおっきくならないかなあ、と思うそのすぐあと、
でもそうしたら寂しくなるんだよなあ、きっと。
と交互に思う日々です。
b0193324_06395949.jpg

[PR]
# by sooona | 2013-11-14 06:51 | 日々

おいしい野菜の宅配

b0193324_06494785.jpg
b0193324_06465262.jpg
ヤク1ヶ月ほど前から、オーガニック/ローカルフードの宅配 de  Krat を頼み始めました。

友人がとてもおいしいくてフレッシュ!と言っていてとても関心があったものの、別の子どもをもつ友人からは、子どもはどうせたくさん野菜を食べないから余ってしまってやめた、という話も聞いていたので、どうしようかなと思いつつ、まずはトライアルで2週間とってみたところ。。。。
まず、パンがおいしい!フランス式のパン!涙。
ヨーグルトもジャムもフレッシュ!
野菜はみたこともないようなもの、あるいはみたことがあってもみたことがない状態、ということが必ず1回に一度はある!
ということで、私たちはすっかり気に入ってしまい、定期購読にいたっております。

b0193324_06474913.jpg
この宅配サービスをはじめて何が変わったかといえば、毎日のメニュー考察にあまり悩まなくなったこと、買い物が減ったこと、週末、Pと2人で新しいレシピに挑戦すること。。。。

この宅配サービスにはそのつど宅配されるもののレシピがついているので、新しいものをつくる意欲もわいてくるんです。

たとえば、わがやはビーツやパースニップを調理したことがなかったのですが、kratのおかげでビーツのギリシャ風ヨーグルト風味のサラダとか、パースニップの蜂蜜浸けオーブン焼き、など新しい美味しさにであっています。

2週間続けて、すっぱいりんごが届いたので、アップルクランブルを息子とつくってみた、とか。
予期せぬものを最近つくる日々です。

オランダ在住の方はぜひチェキら!ですよー。




[PR]
# by sooona | 2013-11-13 06:52 | dutch オランダ