オランダ、ハーレムより。日々のうつくしさ。子どもとたのしいこと。


by sooona

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

リンク

カテゴリ

about アバウト
日々
dutch オランダ
with kids こどもと
travel たび
eat たべる
design デザイン
read よむ
our home いえ
things もの

タグ

twitter

最新の記事

オランダで親子で楽しめること。
at 2014-08-16 04:58
5月休み
at 2014-04-27 06:12
もうこわくない
at 2014-03-17 20:11
ピナバウシュの夢の教室。
at 2014-03-10 05:54
絵本美術館で、sieb po..
at 2014-03-02 05:44
♥ 2014
at 2014-02-15 06:31
Salt Dough Cla..
at 2014-02-05 18:03
とびたくなる、えほん
at 2014-01-31 18:50
quote by Tori ..
at 2014-01-30 06:27
こどものためのダンスパフォー..
at 2014-01-27 02:04

以前の記事

2014年 08月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月

検索

ライフログ


親愛なるキティーたちへ


Pina [DVD]


ファンタジア


0~4歳 わが子の発達に合わせた1日30分間「語りかけ」育児


子どもは動きながら学ぶ 環境による教育のポイント


コウケンテツの鍋、汁もの、煮込み―うまいおかずレシピ50 (別冊すてきな奥さん)


さよなら子供たち [DVD]


分娩台よ、さようなら―あたりまえに産んで、あたりまえに育てたい


ヒバクシャ ~世界の終わりに~ [DVD]


Hable con ella [DVD] [Import]


あいうえおの本 (日本傑作絵本シリ-ズ)


ピナ・バウシュ 夢の教室 [DVD]

フォロー中のブログ

うちの食卓 Non so...
C's projects...
ばーさんがじーさんに作る食卓
アムスのおいしいせいかつ
memo
Cafelumiere
しがない社会福祉士(ジャ...
carbon style
auk
ニューヨーク*ユニオンス...
オランダおいしいくらし
もりふみブログ
オオニシ恭子の薬膳日記
奈良美智の日々
『美食』 by MI-C...
nos petite l...

最新のトラックバック

venussome.com
from venussome.com
venuscozy.com
from venuscozy.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

その他のジャンル

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
住まいとくらし

画像一覧

<   2012年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

たくさんの古いもの

b0193324_057529.jpg



すこーーーしずつ家がかたづいてきたかな、と思う今日このごろ。
しかし、片付けるたびにほんとにほんとにたくさんの古いものがみつかる。ほほえましいもの。あきれてしまうもの。

ほほえましいものといえば、どでかいふるびたパンパースの箱がでてきて、「それなに?」ときくと、Pのお母さんがPの妹が使ってたパンパースの箱に、小さい時の写真をつめたもの。あまりの量に「すてないの?」ときくと、「これはお母さんの気持ちだから。」と。ものを捨てられないというより、お母さんの想いを大切にするPをみるのはほほえましい。

一方、私が残していたびっくりしたもの。小学校の時に教室にはっていたポスターというかなんというか。これ、私がもっていたということは私がつくったのか。。。それともみんなでつくったものをなぜか私がもつことになったのか、、、、思い出せないし、一部の文字がはがれちゃっているけれど。一文字一文字レタリングしてカットしてはってあるー!

b0193324_571984.jpg


素直な心
赤子のごとく
ねばり強いこと
雑草のごとく
ねばりづよいこと
明るいこと
太陽のごとく

思えば、小学校か中学校の文集に好きな言葉を最後にのせることができて、みんな「希望」とか「青空」とかそんなような言葉を選んでいたのに私ってば「雑草」っって書いたんだったなあ。友達に「なんで?」っていわれたなー。雑草の存在って、すごく好き。名前も知られていなくても、何度もひっこぬかれても、たくましく、そして美しく。。雑草のようにねばりづよくなりたかったのは昔からかわってないんだな、と、この引越しで再確認。

まあ、そんなおもしろいほりだしものはほんの少しで、他はたーーくさんのいらぬもの。
いろいろ捨てたものの、使ってくれる人にゆずりたいものなどあって、Martktplaats(オランダのヤフオクのようなもの)にのせる写真をとったり、スペックを調べたりしているウチにあっというまに時間がすぎる。

b0193324_134171.jpg


そのうち、Mac。今は4台目のMacを使っているのだけど、最初にフリーランスで仕事したときに買った1台目のiMacまでまだ残っていて、このデータを全部消去しようとしているがうまくいかない。古いリストア用のCDを探したり、ネットでいろいろ調べたりしてすぐ時間がたってしまう。ものを手放す為にもこんなに時間がかかるのがばからしくなってくる。ゆっくりお茶を飲むとか、本を読むとか、そういう時間はいつとれるんだろう、、、、と思いつつ、横では息子たちが、新しい家の壁一面につくった黒板でお絵描き。こどもはいいなあ。なにもなくてもたのしそうで。余計な事を考えずに遊びに熱中。。。。

b0193324_0573384.jpg

[PR]
by sooona | 2012-08-28 01:07 | 日々

引越ししました。

b0193324_21231556.jpg

引越して1週間がたちました。よりにもよって、オランダでありえないくらい暑い週に引越だなんて。。。T_T どこもかしこもバケーション!的な雰囲気の中、私たちは家にこもってひたすら段ボールとゴミ袋と格闘。

b0193324_21184631.jpg


こども二人との引越がこんなに大変だなんて夢にも思いませんでした。今までたくさん引越しをしてきたので、(結婚前に5回、結婚後に6回目)引越し作業に慣れていたかと思いきや。二人だけの引越し、Y一人だけの引越しの時はスーツケースにすぐに必要なものだけ詰めてなにはともあれ、そのスーツケースの中のものだけで1週間はくらせてました。でも今回は子ども二人。必要なもの全てがスーツケースに入りきる訳もないし、必要なものを考える余裕もなく、とりあえず引越し。で、初日からいろいろなものがどこにあるかわからずあたふたするはめに。「あれはどこだった?」とお互いしきりに確認しまくり。特にNのベッドの部品がみつからなかったのは最悪。いつも別々に寝ているYとNが同じベッドに寝ないといけない状況に興奮しすぎて、いつも8時半までには就寝のふたりが22時すぎまでぎゃーぎゃーーーーーぎゃーーーーー。T_T 

クローゼットの組み立てにも時間がかったり、ダストアレルギーの私は箱をあけるたびに鼻水がとまらなくなったり。新しい環境に興奮した子どもたちをおいかけまわすも大変。。。新しい家は庭がオープンになって他の家の庭に簡単にいけてしまうので、二人は他の庭を探索したり、他のこのおもちゃで遊んだり。前の家では庭で遊んでる時は私は料理とかそうじができたのに、今は庭にでたらおいかけまわさないといけない。近所の人たちによれば、この場所はキャンピング場みたいなものだから、子ども達は興奮するのは当たり前。でも1ヶ月くらいしたらおさまるわよ。と。

とにかく怒濤の1週間でしたが、これから、ゆーーーっくり時間をかけて家中のものを整理して居心地のよいスペースをつくっていきたいな。

昨日はPがステーキタコスをつくって、とうもろこしをゆでてくれました。外でたくさん遊んで汗をかいた後、とうもろこしをかぶりつく子どもたちをみてるとほんとうの夏らしいなあと思いました。(ちなみに昨日は1997年ぶりの暑さとか。)

b0193324_16453613.jpg


しかし、オランダは夏らしく暑くなる日が少なくて寂しいといつも思っていましたが、暑い中でこどもたちとの生活は本当に大変。子育てだけでなくても家事も仕事も。もう私の身体はオランダ慣れしてちょっとの暑さにすぐだらーんとしてしまって情けないったら。
[PR]
by sooona | 2012-08-19 06:11 | 日々

引越し3日前

段ボール箱に詰めても詰めても、全然片付かない気がして焦ってくる。おまけにYとNが段ボール箱をあっちこっちに移動するので、家の中がしっちゃかめっちゃかで更にやる気がうせる。

そんな中、Yが久しぶりに「森へいきたい〜」というので、現実逃避するのにちょうどよいと思って近所のelswoutの森へ。私的には森というより森の中のパンネクックハウスにいきたかっただけだけど、二人をバックフィッツにのせてのサイクリングはとても気持ちがいい。しきりに久しぶりの森に感激するY。

「わーー、この島はほんとうにきれいだね!」
「島???(場所?村?国?っていう意味?まいいや。)何がきれいなの。」
「ほら!草も、牛も、木も、黄色の柵も、空の飛行機も。ここは全部きれいでしょう!?ママはそう思わないの????」

パンネクックハウスに着くと二人はすかさずブランコへ。ここのブランコは低くて幅広なので、Nでも一人で乗れちゃうところがいい。

b0193324_1655986.jpg

b0193324_1654672.jpg


パンネクック、今回はモッツアレラとバジル。失敗というほどでもなかったけど、普通にチーズかピザにしとけばよかったなあ。。。一方、YとNはあっというまにたいらげ。そして途中でオレンジジュースに蜂がよってきて、二人の身体にもまとわりついてきて、恐がりブランコへ避難。怖いもの知らずのNでさえ、嫌がってたから本能で危険だってわかったのかな。オランダのクモとかナメクジとか慣れてきたけれど、蜂は未だにこわい。ここの蜂しつこいし。昨日蜂の話をPにしたら、さされたらすぐに口ですってあげなきゃだめだよ、と言われた。そういうこともっと早く教えてくれてもいいよね。。。昨日さされたらどうなってたか。。。

b0193324_20323752.jpg

b0193324_20324936.jpg


「さあ帰ろうか」と言うと、Yが「森にいきたい」という。「ここ、森なんだけど!」というと「まだ森で歩いてない」と言う。自転車で疲れてたのでさくっと帰りたかったけれど、引っ越したらしょっちゅうこれなくなるので、森を散歩することに。

b0193324_20345861.jpg

b0193324_20361385.jpg


二人はここを歩くのがだいすき。

最後に木の幹の上を何度も横歩きして。。。

b0193324_20372286.jpg


二人が小さいときにこの森の近くに住めた事はよい思い出になったかな。

さっき前のログをみてみたら、この森のこと、既に4回も書いてた。
(→

お気に入りの森さん、またこんど。。。

現実逃避終了。
また荷造りに戻ります。。。T_T
[PR]
by sooona | 2012-08-10 05:10 | dutch オランダ

引っ越し準備

b0193324_17453140.jpg


先週はYの部屋のクローゼットをPのお母さんの友人の大工さんにつくってもらいました。クローゼットを普通に買うっていうのもありだけれど、収納スペースをよりつくりたかったこと、左右も、天井までもとじてほこりが入らないようにするために、木の板とスライド扉を購入して枠をつくってもらい、中にはIKEAのハンガーやひきだしをいれることにしました。これをつくってくれた人も、床をしいてくれた人もそうだけど、職人さんの仕事ってほれぼれしちゃう。

b0193324_1746647.jpg

b0193324_17475956.jpg


それにしても職人さんのきれいな仕事に比べて私たちのどうしようもないきたないペイントの塗り方といったら。。。

それはそうと、今週はいよいよ箱詰め作業スタート。私ダストアレルギーなのに、すっかり忘れて4箱くらいつめたら、涙と鼻水とくしゃみがとまらなくなって中止。翌日、スーパーにマスクを買いにいったら。。。予想通り、日本のような薄くて平たいマスクが売ってない。立体になっているこわもてのマスクを購入したものの、大きいし、ほんとに鼻、口を密閉してしまうんじゃと思うくらいぴたっと顔にくっつくのはいいけれど、作業してると息が苦しくなってきて。。。。しかも、ゴムが左右じゃなくて、上下についていて首も苦しくなる。。。T_T たかがマスクだけど、日本のものはよくできたものが多いよなあ、とつくづく思う。しかし、こんなでかい鳥のくちばしみたいなマスクつけたまま、郵便屋さんがきたとき外にでたらこわいだろうなと一人で想像しつつ。。。ああ、日本のマスクがほしい。。。

b0193324_17263161.jpg


そして段ボールがきてから、YとNが段ボールを使って家をつくったり、ジャンプ台にしたり、ただでさえごちゃごちゃな家がジャングルと化して。。。。来週の今頃は新しい家ですっきりした生活を送っているのだろうか。。。想像もつかないけれど、とにかく作業作業。。。

ー ー ー ー ー

*引っ越しにつきいろいろなものを処分していますが、オランダのインテリア雑誌vtwonenに興味がある方いらしたらお譲りします。(10冊くらい)もうインテリアの参考には十分なったし、折れ曲がったりしてるので捨てちゃおうかなと思っていますが、もし興味がある方がいたらと思い立ち。。。配送料のみPaypalで払える方ならどこにでも送りますので、希望者は非公開コメントまでお願いします。
[PR]
by sooona | 2012-08-09 17:59 | 日々

T君のお誕生会

b0193324_2356269.jpg


T君の誕生会。場所は弟R君と時と同じ、こどものパラダイスのような場所、Jeugdland

この日は、unobentoさんのお料理!

b0193324_235486.jpg


b0193324_23553157.jpg


海老フライおいしいー!おいしくってきれいなレイアウト。今度誰かの誕生日に私も頼もうかな。

b0193324_23542166.jpg


オーマの手づくりバナナケーキもかわいい&おいしい♪

b0193324_23551256.jpg


水たまりや土管などでどろんこまみれでたくさん遊んで、YはずーーっとT君をおっかけまわしてました。
2日続けてよい夏休みの思い出になったことでしょう。こうやって同じ年代の日本のこどもたちと仲良くできるのはとてもラッキーなことだし、その上親同士も仲良くなれるのは本当にうれしいです。

T君の1年も、この日のように毎日明るく楽しくなるよう祈ってます。


さ、楽しい事が終わったら、来週の引っ越しにむけて、パッキングスタート!
忙しくなるぞーーー。

ー ー ー ー ー

全然関係ないけれど、昨日ある人との会話。

「あなた、まわりがどう思ってるか考えすぎなんじゃないの?」

「考えずにはいられない性格なのでしょうがないんです。」

「でもね、誰も気にしてないのよ。特にオランダでは。あなたが思うことをすればいいのよ!人生短いんだから時間がもったいないじゃない。」

「はあ。」(怒濤の人生の経験者にそういわれるとなあ。。。)

「とにかく自分が後悔しない方を選ぶ事よ」

「でも、どんな選択をしても後悔してしまう性格なんですよ。」

「後悔が少ない方を選べばいいだけよ。」

内心(言うのは簡単だけど。。。)と思いつつ、身につまされた数時間の会話でした。

日本にいた時は相当強いキャラだといわれてきたけれど、外国にでたこと、歳をとったこと、家庭をもったこと、などが重なり選択する時、軸がぶれたり、自分の思う事に自信がもてないことが多々あるのですが、すさまじく意見がはっきりというか、自分の道に言い訳をしないで生きてる人に会うたびに、彼女/彼らの強さを少しでも見習いたいなあと思うのです。


[PR]
by sooona | 2012-08-08 00:13 | with kids こどもと

BBQパーティー☆

数ヶ月前からYが日本語教室に週1で通いだしました。他の子と比べてなかなか日本語がでてこないYだったので、プレッシャーにならなければよいけれど、、、と少し心配していたものの、すぐに先生のことも、おともだちのことも気にいって、平日でも自分から「きょうはにほんごないの?」と聞くまでに。その教室で出会ったお友達のBBQパーティーに招待いただきました。

b0193324_501175.jpg


ぶどうの木がとっても愛らしいお庭のすてきなおうち♩

日本の友達とBBQって初めてだったのですが、目が♡になるメニューばかりでした。

b0193324_551336.jpg


BBQのお肉やお野菜だけでなく、唐揚げ、だしまき卵、やきそば、お好み焼き。。。。そして子どもたちが自分でおむすびをにぎれるようにとごはんと具とのりが用意してあり親子共々楽しめるBBQパーティー。

b0193324_56060.jpg


たくさんのこどもたちが集まるとなかなか大人の会話ができないけれど、こうしてこどもたちがおにぎりをむすんでいるすがたが愛らしくって。。。

しかし、Nってばパーティーのはじめから片付けする最後まで子供用のテーブルの近くに陣取ってずっと何か口にいれてました。Yがにぎったおにぎりをすかさずほおばろうとして怒られたり相変わらずのくいしんぼうっぷり。

b0193324_5172418.jpg


雨がふってきて、家にはいってからしばらくすると、なぜかオランダのバースデイソングをみんながうたいだしました。「え?だれかの誕生日だった?????」とまわりを見渡すと、Pが「あなたのためだよ」と。。。。。

b0193324_519829.jpg


なんと、私のためのケーキが!しかも、職業柄、絵がすきなんじゃないか、ということで、絵のテーマでイタリア人のパティシエさんにケーキをオリジナルでオーダーしてくれたそうで。ケーキの上にパレットが!もう感激どころかびっくりしすぎて一瞬ぼーっとしてしまいました。まだ出会って間もないというのに、こんなに温かい心遣い。。。しかもサプライズはされるより、する方のキャラなのに。何よりそんな私のキャラを知ってるPは、私が驚かされるという状況に、めちゃくちゃ喜んでいました。こどもたちは、「ぼくはあお!」「ぼくはあか!」「ぼくはきいろ!」ってすごい勢いでケーキの色の部分でとりあいでしたけどね ^ ^

帰りの車の中で、人との出会いってすごいなあ、うれしいなあ、とじんわり噛み締めた日でした。
[PR]
by sooona | 2012-08-07 05:29 | dutch オランダ

ちがうふたり

b0193324_533328.jpg


公園に猫が眠そうにねそべっていた。眠たいにも関わらず、こどもたちが次々に近づくので、猫は不機嫌きわまりなさそう。それなのに、猫好きというか、動物好きのNは、猫をみるなりかけよっていった。「ねこさんはねむいからみるだけにしようね」なんて言葉がNに通じるはずもなく、Nはすかさず、眠ろうとする猫の頭をなでなでしてしまった。

そのとき!
猫が「かんべんしてくれよ」といわんばかり、Nにむかってぴょんと、とびかかり!
腕をひっかいた!

N、「ぎゃお〜ん〜」と泣く。彼をすぐさまだきあげた。これで猫こわくなっちゃったかな、トラウマになったかな、と、思いきや。泣き止むと、またすかさず、猫にかけよっていく姿につい笑ってしまった。

Yは、Nくらいの歳から、猫も犬も遠目では「かわいい〜」というのに、近くにくるとひたすら怯え、「だっこ〜!」といい、手をさしだすなんて今でも考えられないのに、(おとなしい羊さえ近づけない。)Nは、自分より大きなどんなどうぶつでも、こわそうなむしでもみつけると絶対においかけ、さわろうとする。

今日も庭の巨大ななめくじをみつけたNがさわろうとすると、Yが、「Nが!Nが〜〜〜なめくじをさわろうとする〜〜〜!」と半泣きで彼をとめようとする。こわいものしらずの弟を、どうぶつやむしから毎度毎度必死に引き離そうとする兄。

またある夕方のこと。ダンスアカデミーというオーストラリアのテレビ番組をみていたら、Yはバレエのダンスに触発されてか、くるくるターンして踊る。「きれいでしょ」といわんばかりにくるくると。Nは、ヒップホップの最後に転がるように床にはいつくシーンをみて、まねして床にわざところんで、私とPが、ぶはっ笑うと何度も何度も、足を大きく開脚した後わざと後ろにころび、頭を床にわざとうち、笑いをとってる自分に満足してる(ようにみえる)。

Yは、きれいなものや色にめざとく気付き、「モーイ!(=beautiful!)」という言葉を2歳前後からよく発する。不安要素のある物には決して近づかない。
Nは、おかしいもの、動いているものをみるたび「オー、ワーオ!(Oh, Wow!)」「オー、ネーイ! (Oh, No!)」といいながら何でもさわりたがり、こわいという気持ちがあまりない。ごはんを食べる時でも歯磨きをする時でも、手伝われるのが嫌い。何でも自分でしたい。

同じおとこのでもこんな小さいうちからどうしてこうも違うものかと本当に不思議というかおもしろい。(二人に共通していることと言えば、声がばかでかいことと。家をこわすんじゃないかと思うほど、家具や壁に体当たりしながらかけずりまわること。ソファの上から、下においたクッションにむかってでんぐりがえりをするのが好きなこと。T_T)

b0193324_5332725.jpg

b0193324_5334325.jpg

b0193324_5335846.jpg


今夜たまたま、TEDでのケン・ロビンソンの創造性と教育についてのスピーチをみた。
(リンクはこちら→

こどもたちが、何に情熱的なのか、何をしている時に夢中になって時間がたつのを忘れるのかを見のがさず、どんな特徴も肯定できるように見守っていきたいなあとつくづく思う。
[PR]
by sooona | 2012-08-02 05:45 | with kids こどもと