オランダ、ハーレムより。日々のうつくしさ。子どもとたのしいこと。


by sooona

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

リンク

カテゴリ

about アバウト
日々
dutch オランダ
with kids こどもと
travel たび
eat たべる
design デザイン
read よむ
our home いえ
things もの

タグ

twitter

最新の記事

オランダで親子で楽しめること。
at 2014-08-16 04:58
5月休み
at 2014-04-27 06:12
もうこわくない
at 2014-03-17 20:11
ピナバウシュの夢の教室。
at 2014-03-10 05:54
絵本美術館で、sieb po..
at 2014-03-02 05:44
♥ 2014
at 2014-02-15 06:31
Salt Dough Cla..
at 2014-02-05 18:03
とびたくなる、えほん
at 2014-01-31 18:50
quote by Tori ..
at 2014-01-30 06:27
こどものためのダンスパフォー..
at 2014-01-27 02:04

以前の記事

2014年 08月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月

検索

ライフログ


親愛なるキティーたちへ


Pina [DVD]


ファンタジア


0~4歳 わが子の発達に合わせた1日30分間「語りかけ」育児


子どもは動きながら学ぶ 環境による教育のポイント


コウケンテツの鍋、汁もの、煮込み―うまいおかずレシピ50 (別冊すてきな奥さん)


さよなら子供たち [DVD]


分娩台よ、さようなら―あたりまえに産んで、あたりまえに育てたい


ヒバクシャ ~世界の終わりに~ [DVD]


Hable con ella [DVD] [Import]


あいうえおの本 (日本傑作絵本シリ-ズ)


ピナ・バウシュ 夢の教室 [DVD]

フォロー中のブログ

うちの食卓 Non so...
C's projects...
ばーさんがじーさんに作る食卓
アムスのおいしいせいかつ
memo
Cafelumiere
しがない社会福祉士(ジャ...
carbon style
auk
ニューヨーク*ユニオンス...
オランダおいしいくらし
もりふみブログ
オオニシ恭子の薬膳日記
奈良美智の日々
『美食』 by MI-C...
nos petite l...

最新のトラックバック

venussome.com
from venussome.com
venuscozy.com
from venuscozy.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

その他のジャンル

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
住まいとくらし

画像一覧

<   2012年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

37

b0193324_2213265.jpg


今年の誕生日は、モノではなく思い出をPにもらいました。なにかというと、Villa Augustusという、昔給水塔だったホテルでの1泊。子どもたちはオーパ&オーマに預けて、ひたすらぬぼーっとできた週末。オーガニックガーデンの野菜や花をみて歩くだけでとても幸せになりました。

b0193324_2214266.jpg

b0193324_2214212.jpg


ズッキーニ、ねぎ、かぼちゃ、りんご、カリフラワー。。。ってこんな葉っぱなんだー、こんな花なんだーとか話しながら散策。

私は他の場所に泊まりにいくと何かしらの理由で落ち着かなかったりするのですが、Dorine de Vosのてがけたインテリアー古い家具や、ニュートラルの色の壁、やわらかいリネンのおかげで自然にくつろげました。彼女のロゴやイラストもとってもキュート。

b0193324_22144258.jpg


残念だったのはレストランのメインコースが私のもPのも、ハーブが主張しすぎていけてなかったこと。でもムール貝ときゅうりのスープはおいしかった!

夜はPはひたすらオリンピックで興奮している中、私は静かに読書。こういう時間が至福だと思えるのも、日々息子たちとのばたばたな生活があるからで、帰りの車では無性に息子シックになりました。

それにしても、めったに写真を撮らない彼が誕生日だからと撮ってくれた自分の写真をみて肥えっぷりに愕然。汗。

ー ー ー ー ー

他のvilla augustusの写真はこちらです。


ー ー ー ー ー

日本から小包がきた。何度も着ないっていってるのに、誕生日のたびにユニクロの微妙なトレパンとかを送ってくる父と、韓国のものはこっちで買えるっていってるのに、毎回のりやらタンミョン、辛い物はこどもと食べれないっていってるのに、サムジャンとか送ってくる妹って一体全体。。。T_T 
[PR]
by sooona | 2012-07-31 22:26 | dutch オランダ

なつが、きた

なつがきたと思ったらなつがおわるんじゃないかとどきどきする日々。
今週のようにほんとの夏のようなすばらしいお天気は珍しいので、毎日、どうかこのまま夏がつづきますように、なんて祈ってしまいます。

このお天気のおかげでYもNも1日中庭であそんでます。子どもは水と砂さえあればしあわせなんだよなあ。

昨日いった近所の水の公園でも大喜び。
「ママ!すごい!ここはフランスみたいだね」と、Y。
どこをどうとったらフランスなのかまったく謎です。
(Yがフランスに行ったのは生後数ヶ月の時だけなので、え、覚えてるの?と一瞬びっくりしましたが、考えたらこの時期、他のこたちが、バケーションでフランスにいく、とか言うのを覚えているだけでしょう。

が、今年の夏はどこにも行かないので、近所の公園にいくだけで「特別」だと思ってくれてうれしい母です。

b0193324_4223741.jpg
b0193324_4222033.jpg

b0193324_4221855.jpg


家のリフォームは着々とすすんでいます。
週に何度も通ってペンキ塗りに追われる日々でしたが、やっと全ての壁の色を塗り終えました。

壁の種類によっていろいろなハプニングがあったり、試行錯誤をこらしながらしている中で、さすがにお互い疲れてきたせいか、マスキングテープのはりかたとか、ペイントするスピードで言い合いになったりも。つい、「あーー、プロに頼めばよかった。」というと、P「なんでも人に頼ろうとするの?自分の家でしょう?少しくらい完璧でなくても自分たちで終わらせたら気持ちがいいでしょう!???」って。 全然DIY派でないPの口からこういう言葉がでてくるとはびっくりで妙に感心してしまいました。

真っ黒だったリビングの床と、グレーのカーペットだった他全ての床が、木でうまっていき、少しずつ自分たちの色の家になっていくのをみるのは楽しいもの。。。と、思えるようになったのも今週です。

b0193324_1249141.jpg



この1ヶ月は、リフォームはすすまないし、他のやるべきことも全然できずにいらいら&ぴりぴりしていたけれど少しずつ落ち着いてこなしていこうっと!


ー ー ー ー ー

「神よ願わくばわたしに変えることのできない物事を受けいれる落ち着きと、
変えることのできる物事を変える勇気と、その違いを常に見分ける知恵とをさずけたまえ

— カート・ヴォネガット『スローターハウス5』」
(source via the world according to kengo
[PR]
by sooona | 2012-07-28 04:38 | 日々

夏よ、こい。

b0193324_21213527.jpg

b0193324_21223681.jpg


日本は暑くて大変らしいけれど、やっぱり四季がくっきりしているのは、自然のすてきな贈り物だと思う。オランダのように年中同じような天気だと、どうも心の中がもやもやしてしまう。
少し晴れたと思ったら、大雨やくもりの毎日。7月に冬のジャケットまで着て。
25年ぶりに寒い夏だそうで。
自分の気分が晴れないだけでなく、天気が悪いとこどもたちを外に連れ出せないのが一番つらいところ。

おえかきも、小麦粉粘土も、おままごとも、あきてきてます。夏よこい!

b0193324_21221764.jpg


b0193324_21233371.jpg



*最近のY、「片付けないと!」といって、全てのおもちゃを壁脇にズラーーと並べます。
それは片付けるっていうのではなく、移動っていうんだよ?と思いつつ。。。

ー ー ー ー ー

全然関係ないけれど、

田中泯さんの《いじめを見ている君へ》より。

『孤独が大事だと思う。誰にも見られていないときにこそ、本当の自分がいるんだ。』

『僕が思う「カッコいい」の意味は、自分の生きている理由を自分で考え、自分の意思で行動できることだ。』

via asahi.com


いじめの思い出は私にもいろいろあるけれど、ある学校で、学年のほとんどがひとりの女の子を無視したり変なうわさを流しはじめたこと。私にもいつしか「あのこを無視しな」というメッセージがどこからかきた。でも私はしなかったし、あえて一緒に遊ぶようになった。それをみたこが「いつか、あんたも無視されるよ」と言われて、「だから?」と言えたことは、強く生きる父や母の背中をみて育ったおかげかもしれないとふと思った。

どの国でも、子どもの社会でも大人の社会でだって、ちょっとした違いでいじめが発生する。既にYだって公園で「にーはおにーはお」からかれたり「このすべりだいつかっちゃだめ」とか言われてしょげたことがある。YやNがたくましく生きられるように私自身もしかっりしなくちゃと思う。

[PR]
by sooona | 2012-07-20 21:37 | with kids こどもと

夏祭り in アムステルダム

週末、アムスのアーティスト、Kyokoさんが主催する夏祭りにいってきました。
友人が送ってくれた手作りの甚平をきて、朝から二人とも大はしゃぎ。

場所はジャカランダモンテッソーリ幼稚園。すてきな空間で、すてきなお祭り。

Kyokoさんが用意したいろいろな工作コーナーがあって、はじめはお面づくり。
自分で塗った紙をきってひもを通して。。。
Yは、スパイダーマンなんてみたこともないのに、「ぼくはスパイダーマン!」といってたので相当気に入ったのでしょう。ほんとのスパイダーマンの映画みせたら大興奮かな。

b0193324_1644483.jpg

b0193324_1644193.jpg


はさみでちょきちょき、ちょうちん♩
b0193324_16451011.jpg


スタンプぺたぺた、うちわ♩
b0193324_1645281.jpg


はじめてのヨーヨー♩
b0193324_16443766.jpg


日本のラムネをみてほしいほしいというので、ちょっと味見させたら「うえっ!」って。
まだ炭酸は早いですね。

Nといえば、午前中はすぐつかれやすいので、後半は自分がもってるイスとかボールを他のこどもにさわられるたびに、きゃーーーー!と大声。力づくで絶対取り返します。Yはそういうときはめそめそするだけのタイプだったし、私もPも小心なのに、このこはなぜ?

b0193324_16454577.jpg


最後はみんなで大きな「栗の木の下で」をうたい、「ジェンカ」で輪になってダンス。
日本のこどもだちたちだけのイベントではないので、盆踊りじゃなくて、ジェンカっていうところもおもしろい。

浴衣と甚平を着たこどもたち、みんなかわいかったなあ。

日本から遠く離れた地で、日本の行事を堪能できるのは本当にすてきなことだし、何より、Kyokoさんの手作りのクリエイティブなお祭りの作り方にとっても共感するので、親としてもとても楽しかったです。
[PR]
by sooona | 2012-07-16 17:00 | with kids こどもと

今週のおいしいもの

今週はNが熱をだして、夜中に泣いたり、午前中すこぶる不機嫌だったりしてへとへと。

寝不足でいらいらして、ペンキを大胆にぬってたら、ペンキが既に違う色で塗ってあるところに飛びはねて、やりなおし、。。。とか。だめだ。ビタミンC!!!!

と、思い立ち、ルバーブでレモン汁多めのジャムをつくりました。それをお湯でといてルバーブジャムティーにしたら、すごくおいしかった〜。予期せず、韓国のメシルチャ(梅ジャム茶)っぽく甘酸っぱい味。小さなしあわせ。
b0193324_21252326.jpg


くつのついたスプーンは、数年前に亡くなったPのおばあちゃんが、私に初めて会ったときにくれたもの。その頃はオランダ語全然わからなくて、全くコミュニケーションがとれてなかったけれど、いつもにこにこやさしくしてくれたおばあちゃん。もっと早くオランダ語ちゃんと勉強できてたらなあ。。。

他においしいものといえば、前に友人の家で食べたボロネーゼがすっごくおいしくて、レシピをきいたら、イタリア人の友達に教えてもらったというので、その本場のレシピを私にしては本当に忠実につくったら、本当においしくって。残ったソースを翌日、マカロニとあえて、ポテトグラタンの上にのせて焼いたらこれまた美味。

b0193324_21253246.jpg


新しくハーレムにできたHokkai kitchenでテイクアウトしたおすしもうれしかったなあ。

b0193324_21261050.jpg


あとは。今年初のスイカ。たいして甘くもないのに、白いとかまでがつがつ食らう二人。。。
b0193324_21255013.jpg

b0193324_2126098.jpg


なんか、二人ともポニョっぽい。。。。

さ、今週ももう少し。がんばろう。

ー ー ー ー ー
(500) Days of Summer」観てからかなり経ってるのに、今週またはまってるShe & Him。♥。
[PR]
by sooona | 2012-07-12 21:34 | eat たべる

リフォーム記>壁のペイントの準備

やっと二つの柱を残して、全ての部屋の壁紙をはがすことができた。それでも、壁の素材、色によって、下地を塗る必要がある箇所がある。
b0193324_431248.jpg


塗らない部分はマスキングテープでカバーし、サンドペーパーで壁全体を研磨したあと、布でふいて。。。壁のペイントは塗る事自体より下準備が大変。

b0193324_433922.jpg


やっと塗ることができる。うれしーーー。
b0193324_44385.jpg


b0193324_46927.jpg


黒地はムラが目立つけれど、下地なので。。。
ていうか、下地じゃなくて、本塗りでも結構適当に塗ったりしてて。

b0193324_483222.jpg


昔の私だったら、少しのムラでも許せないところだけれど、そういうのも自分たちでいろんなことやったんだ、っていういい思い出になると今は思えるから不思議。
実際は、壁紙剥がしでエネルギー消耗してるので、ペイントはもう色つけばいい、っていう状況でもあるけれど。

寝室の下塗り、Yの部屋の下塗りを終え、仕事場兼遊び部屋へ。
黒板を壁一面に、という願いが叶う。今日は1度塗りのみ。
黒い壁を白く塗る時は、気持ちがいいのに、白い壁を暗く塗る時はなんだかどきどき勇気がいるのはなぜだろう。

b0193324_4115642.jpg


この黒板は、ダークグレー。黒板の横は芥子色。寝室はベージュグレーとスモークピンク。。。。
などと、最近壁の色を考えるのが楽しくて。

b0193324_4151123.jpg


来週から、本塗り。どんな風に変わっていくかな。


ー ー ー ー ー

今、USTREAMでNO NUKES 2012みてます。
YMOかっこいい!
「さようなら原発1000万人 アクション」にも署名しました。
[PR]
by sooona | 2012-07-08 04:16 | our home いえ

保育園の夏祭り

b0193324_15512697.jpg


昨日は保育園の夏祭り。今年のテーマはピラート(海賊)とプリンセス。Yは、1週間くらい前から毎日海賊の話とうたばっかり。元から海賊の歌が大好きなのに、自分も海賊の格好ができるなんてね。眼帯つけて大盛り上がり。

洋服は古着とかでワイルドにしてみようかとも思ったけれど、手抜きな母は、香港の友達にもらったカンフーウェアがたまたまちょうどよいサイズなのに、着る機会がなかったので、カンフーパイレーツなかんじで。

b0193324_15505518.jpg


保育園に着いたらママにはティアラが配られました。私、女海賊の格好していったのだけど。。。
それはともかく、子ども達の仮装っぷり、それぞれかわいかったけれど親も負けてません。パリスヒルトンなみのドレスにハイヒールのママや、パイレーツカリビアンなみのかっこいいパパママ。親の方が仮装楽しんでる感じ。

b0193324_15514043.jpg


今回はPは会社のパーティーがあったので、私と子ども達だけ。
二人の遊びたいものが全然違うので、あっちこっちかけずりまわる二人をおいまわしていました。Yをみてるときは、Nが他の子ども達の残した食べ物にすかさず手をつけるし。(ロゼワインにまで手をつけようとした時は心底びびりました。)さすが「そうじき」とあだながついてるだけあって、Nの食い意地ったら。。。。

b0193324_15511132.jpg


二人ともトランポリンしたり、ゲームしたり、ヨーヨーつりならぬあひる釣りをしたり、K3の曲にあわせてダンスしたりめいっぱい楽しんだ模様。私はといえば去年のように他の両親と話す時間も、ゆっくりワインを飲む時間も全くなく、帰って疲れきってソファでぶったおれていると、P帰宅。アロハシャツに短パン姿で、ひまわりの花持って、るんるん♩で。どんなパーティーだったの?ときくと、彼の会社のパーティーのテーマは「トロピカル」だったそうで海辺で楽しい時間をすごしたそう。ていうか、そんな話全くきいてなかったので、よっぽど、私だけがこどもたちをパーティーに連れて行くのを悪いと思っていたのか恐れていたのか。。。実際、パーティの途中でその場にいないPをうーらーめーしーやーと思ったのは事実ですが。その気持ちを想像すると、ちょっとおかしくって、夜は二人でまったりワインのみました。。。

b0193324_15515411.jpg


さて、今日も明日も壁のペイント。今年は去年のように七夕できそうにないなあ。
[PR]
by sooona | 2012-07-06 16:15 | with kids こどもと