オランダ、ハーレムより。日々のうつくしさ。子どもとたのしいこと。


by sooona

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

リンク

カテゴリ

about アバウト
日々
dutch オランダ
with kids こどもと
travel たび
eat たべる
design デザイン
read よむ
our home いえ
things もの

タグ

twitter

最新の記事

オランダで親子で楽しめること。
at 2014-08-16 04:58
5月休み
at 2014-04-27 06:12
もうこわくない
at 2014-03-17 20:11
ピナバウシュの夢の教室。
at 2014-03-10 05:54
絵本美術館で、sieb po..
at 2014-03-02 05:44
♥ 2014
at 2014-02-15 06:31
Salt Dough Cla..
at 2014-02-05 18:03
とびたくなる、えほん
at 2014-01-31 18:50
quote by Tori ..
at 2014-01-30 06:27
こどものためのダンスパフォー..
at 2014-01-27 02:04

以前の記事

2014年 08月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月

検索

ライフログ


親愛なるキティーたちへ


Pina [DVD]


ファンタジア


0~4歳 わが子の発達に合わせた1日30分間「語りかけ」育児


子どもは動きながら学ぶ 環境による教育のポイント


コウケンテツの鍋、汁もの、煮込み―うまいおかずレシピ50 (別冊すてきな奥さん)


さよなら子供たち [DVD]


分娩台よ、さようなら―あたりまえに産んで、あたりまえに育てたい


ヒバクシャ ~世界の終わりに~ [DVD]


Hable con ella [DVD] [Import]


あいうえおの本 (日本傑作絵本シリ-ズ)


ピナ・バウシュ 夢の教室 [DVD]

フォロー中のブログ

うちの食卓 Non so...
C's projects...
ばーさんがじーさんに作る食卓
アムスのおいしいせいかつ
memo
Cafelumiere
しがない社会福祉士(ジャ...
carbon style
auk
ニューヨーク*ユニオンス...
オランダおいしいくらし
もりふみブログ
オオニシ恭子の薬膳日記
奈良美智の日々
『美食』 by MI-C...
nos petite l...

最新のトラックバック

venussome.com
from venussome.com
venuscozy.com
from venuscozy.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

その他のジャンル

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
住まいとくらし

画像一覧

<   2011年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧

親子アートレッスン

アーティストのKyokoさんによる、親子アートッレスンに再び参加してきました。前回のロケットづくりに続いて、今回は、「Let’s Make Your Own Apron and Sushi!」。
b0193324_2304940.jpg

世界地図をみて日本の位置を確認し、この国でどんなふうにおすしというものを食べるようになったのかということをまず説明してくれました。最近、JapanとKoreaが地図の中のどこにあるかいえるようになったYだけれど、このときは、巨大な世界地図のせいか、日本がどこだったかわからなくなったようです。

b0193324_232478.jpg


さて、はじめは自分のエプロンづくり。人参、ブロッコリ、セロリなどの野菜をはんこにしてぺたぺたぺたぺた。。。野菜を食べる前に、野菜とあそぶ、っていいですね。
Yも、夢中だったけれど、私も夢中に。

b0193324_2451031.jpg

それから絵も描いたりしてできあがり。

b0193324_231349.jpg


自分でつくったエプロンを着けて、今度はのりまきの巻き方を教えてもらいます。

b0193324_2465555.jpg


その後は、紙皿を庭にみたてて、好きなごはんや野菜をデコレート。
まずは鮭ごはんで山をつくりました。ちょうど目の前に座っていたお父さんが、器用にボートやくるまをつくっています。それをみたYは、すかさず「あれとおなじのつくって!」というので、とにかくそのお父さんのまねっこ。うまくつくれず、倒れそうになるボートに「ちがう、そこはこう!」なんて指示するY。他のテーブルをみても、お母さんやお父さんがじょうずにこどもたちと一緒につくっていましたが、私たちはいまいちでした。ごめんよー、Y。T_T

b0193324_23154100.jpg


でも、こういうレッスンに参加すると、オランダ人以外の同じような年頃のこどもたちに出会えて親子共々とても新鮮です。しかも、日本の文化を体験できるのはとてもありがたいです。オランダの中でもいくつか、日本の親子サークルがあったりして本当は参加したいけれど、なかなか遠いので定期的に参加するのは難しいし。昔、韓国の歌、踊り、絵本、料理を通して母が私に伝えてくれたように、私もオランダに住んでいてもYやNにちゃんと日本のことを伝えたいなあと再確認した日でした。
[PR]
by sooona | 2011-11-29 03:11 | with kids こどもと

さよならこどもたち

b0193324_19422333.jpg


Pと、毎日二人となりに座ってゆっくり話す余裕がないのはまずいね、最低週に一度は家でも映画をみよう、と言っていたのに、1ヶ月に一度もそんなチャンスもなく最近をすごしていましたが、今週は久しぶりに、一緒に映画をみました。

大好きな映画監督ルイ・マルの自伝的な映画『さよなら こどもたち』。

ナチス占領時代、カトリック寄宿学校に疎開している12歳のジュリアンから見たあの時代の情景。ユダヤ人のボネとの交流。残酷なシーンが一度もでてこないのに、人間のおろかさや、おそろしい時代の中でのひとときの美しい思いでが静かに表現されています。

この映画は私が10代最後に初めて観て一番印象に残っている映画。今回改めてみて、やっぱりぐっときました。あらゆる細部が美しい。少年達のたたずまい、表情、風景、服装、シューベルトの音楽

YとPと一緒にみましたが、驚くことに、Yもこの映画にみいっていて、翌日も、「あの映画がみたい」といったこと。絶対途中でテレビけしてとかいうと思ったのに。映画の趣味が似ているのかな。


[PR]
by sooona | 2011-11-25 19:50 | 日々

プレゼントえらび。

b0193324_18271694.jpg

シントクラースが来週にせまっているというのに、プレゼントを選べません。
小さい頃から、すきなものにしか囲まれたくない性格なので、ものを買うのにいちいち迷ってつかれる。いやだなあ。ガレージ?工具のワークステーション?木のボート?グリーンハウス?ひこうきののりもの?ここにものせてますが、毎日アイデアがかわります。

私がむかし好きだったおもちゃはシルバニアファミリーと、ままごと。毎年少しずつ集めるのが好きでした。私が仕事したての頃ぐらいまで、大事にとっておいていつか自分のこどもに、って思っていたけれど、一人暮らしをするようになり、自分の部屋におもちゃを置くスペースがなく、その後実家が小さいアパートに引っ越してから、そこにもおけなくなりついに、捨てることに。残念無念。私たちが今かうおもちゃは、YとNのこどもか、私たち兄弟のこどもに残せるといいなと思います。

横で、YとNはテレビで体操するこどもたちに夢中。Y曰く、バレエかジムをしたいそうです。
[PR]
by sooona | 2011-11-24 18:36 | with kids こどもと

のぼるのがすき

b0193324_071136.jpg


うーーんと。

b0193324_072586.jpg


よいしょ。

b0193324_074895.jpg


それっ。

b0193324_08962.jpg


たらーん。

b0193324_084488.jpg


おもちゃはあきても、いすののぼりおりをくりかえし、テーブルまでのぼろうとするN。
キッチンの中の調味料をひたすら外にだす。
干した洗濯物をひたすらとって下におとす。
Yのつくるレゴや電車のレールををかたっぱしからこわしまくる。

いたずらだいすきN。
一週間かぜひいてガラガラ声で、鼻水たらたらなのにげんきなN。

若さっててすごいわー。
最近、腰痛やらなにやらで不眠が続くさえない母は、本気でうらやましい。
[PR]
by sooona | 2011-11-23 16:45 | with kids こどもと

近所にシンタクラース到着。

近所の公園にシンタクラースがくるということで、Yはこの日を楽しみにしていました。去年はわけがわからなかったけれど、今年は、なんだかよいこでいるととシンタクラースとズワルトピートにペパーノーテン(小さなクッキー)をもらえるんだってことはわかっていたみたいです。家の近くで音楽がなりはじめると、外にとびだして、はやくはやくー、とせがむY。

b0193324_3531445.jpg


公園の前にはDJブースが。

b0193324_35402.jpg


ありえないほどディスコ状態な公園で、ちょっと待ったあと、室内にいるシンタクラースにこどもたちが握手をしたり、だっこされて写真をとったりしているのに、Yははずかしがって隠れちゃいました。 

b0193324_3554248.jpg


Pと一緒にシンタクラースとズワルトピートたちに近づくと、ペパーノーテンをもらってすぐ逃げたY。いざという気に気が弱いんだなあ。

b0193324_35776.jpg


このあとはトランポリンをしたり、切り株の上でおどったり、プレゼントをえんとつの中になげるゲームをしたり、砂場で追いかけっこしたり。

b0193324_3582240.jpg


b0193324_3583271.jpg


最後にまたペパーノーテンをもらって上機嫌で走って帰ったP。
家の扉の前で「きょうは、とてもいい日だったね♥」って。

b0193324_3594471.jpg


かぜひいてて眠そうなNは、始終、「なんだこのさわぎはーー」って顔でしたが。

b0193324_405746.jpg


ところで、オランダでは通常シンタクラースにプレゼントを交換しあったり、詩を読んだりしますが、地域によっては、シンタクラースは小さなプレゼントのみでクリスマスを盛大に祝う家庭もあるそう。pはクリスマスには全然無関心で家族ディナーのみ。プレゼント不要主義。ちなみに先週オランダ語のクラスでイギリス人のパートナーでフランス出身の人はシンタクラースは自分たちの文化ではないものの、ここに住んでいる限りオランダの文化を尊重してしんたくらーすを大きく、かつ自分たちの習慣であるクリスマスは小さくお祝いするそう。他の家庭で日にちが近いこのビッグイベントをどうしているのか気になるところです。
[PR]
by sooona | 2011-11-21 04:02 | dutch オランダ

キャンドルいろいろ

昨日ハーレムで買ったキャンドル。

ひとつは、木の幹を模したどでんとしたもの。お店のオリジナル。

b0193324_0382234.jpg


よくみると、

b0193324_0374817.jpg


♥。

もうひとつは、デンマークの細長いキャンドル。今回はワイン色。

b0193324_0394479.jpg


上にあがるにつれて細いかたちがすき。HEMAとかBlokkerで買うと、すごくリーズナブルなのだけど、まっすぐなシェイプで、色もちょっとそっけないけれど、このキャンドルはかたちはスレンダー、色はあたたかみがあるのがいい。

あと昨日のお店からではないけれど、うちにある、Kiviのキャンドルホルダー。
特に紫、火をともすと、ピンク色の炎にみえてラブリー。

b0193324_042158.jpg


光によって、オリーブグリーンにもライトローズにもみえるこれも好き。

b0193324_042116.jpg


今日はお昼からキャンドルたくさんともして家で静かにすごしました。

かぜをひいているNとPのためにスペシャルスープを長時間にこみながら。。。。

今週から毎朝1度で寒いけれど、キャンドルとスープのゆげのおかげで部屋の中はぽかぽかです。
[PR]
by sooona | 2011-11-18 00:47 | dutch オランダ

ハーレムのキャンドルやさん

ばたばたするこの季節。
ほっと一息できるのは、夜のキャンドルタイム。
今日も新しいキャンドルを買いに自転車でセントルムへ。
途中、自転車禁止の道路を走ってて警察にとめられ40ユーロの罰金と言われたときにはへこんだけど、いろいろ説明して今日のところは許してもらいました。この前はアントワープに行く途中Pがスピードだしすぎで200ユーロの罰金になったし、この季節とりしまりがきびしいのかな。

あ、話がそれました。
今回はいつも通りがかりで気になっていた小さなキャンドルやさんへ。
色も、種類も豊富!

b0193324_1285885.jpg


お店の人がすごく親切で店内と工房の写真を撮らせてくれました。
むかし、Goudaでキャンドルづくりをしたことがあって、そのときの楽しい思いでがよみがえります。こういう工房にくるとわくわくする。

b0193324_1284471.jpg


奥でおじいさんがキャンドルをつくっていました。

b0193324_1291558.jpg


これはカラリングするための場所。

b0193324_1292586.jpg


私はお店のオリジナルの切り株のかたちのキャンドルと、デンマークのワイン色の長いキャンドルを購入。

帰ってウェブサイトをみると、このキャンドルやさん20年もお店をかまえていて、オリジナルをつくったり、ジンバブエ、ベルリン、オランダのキャンドルをおいているようです。オリジナルは、クリスマスのテーマや、赤ちゃん誕生テーマのものがあったり。しかしお店9月から12月だけあけてるみたいで、他の月は何してるんだろう。。。。。

b0193324_1293430.jpg



今日買ったキャンドル、火をともしたらどんなふうなのか、たのしみです。
[PR]
by sooona | 2011-11-17 01:41 | dutch オランダ

具象のはじまり

ふだん、Yは、車を描くにも、くじらを描くにも、スーパー抽象的。この年齢独特の思いもよらぬ表現が大好きだし、自分が小さいときに「具体的で上手な絵」をかけても、自由な絵を描くことができなかったので、とにかくYには、大人の絵をまねしないで、のびのび絵を描いてほしいと思って、彼が絵を描く時は、「○○かいてーーー」と言われないように、なるべくちょっと遠くに座るかそばで様子をみるだけにしてるのです。

b0193324_0524488.jpg

b0193324_0532653.jpg


が、彼の描く絵もすこしづつ具象づいてきた最近。
一番上は、気球。2番目はかたつむり。
まあでも後から言われてみれば、ふーーーんと思う程度。

それが、数日前、「ととろかいて!」としつこくせがまれました。そしたら、よこでするするっとまねしてかいてるんですよ。Yが。
おどろきのはじめての具象画。目と、口と、耳まである!!!!

b0193324_057546.jpg


はじめて、「なにかにみえる」絵を描いたことが衝撃でした。同時に、ああ、これから、まともな絵を描くようになるのかあ、っとちょっと落ち込んだのです。とはいっても、対象物をちゃんとみながら描くっていうのは、観察力、忍耐力を育むには大事なこと。そんなことを覚えていきながらも、自分だけの感性で、自分がたのしいとおもったもの、描きたいと思ったものを、すきなように描いてほしいなあと願います。

私は、彼の創造力をこわさないように、ひっそり見守っています。

ところで、時々購読しているブログ「Design mom」に、子どもと工作する時のチップがのっていて、うなずくことがあったので、下にすっごく簡単に訳しておきます。

以下「Design Mom’s 8 Tips for Doing Crafts or Art Projects with Your Kids」より。

こどもとの工作やアートプロジェクトのための8つのチップ

1>しっちゃかめっちゃかになる覚悟をすること。それがいやなら、新聞紙をひいて、終わったらすべてまとめてすてられるように。洗える材料を用意すること。ペンでシャツに描いても洗えばおちるのだからリラックスして。

2>子どもが創造力を使えるように、工作の見本をみせないこと。(みせるならいくつかのオプションを。)もし、耳のばしょに目をつけたら、キュービズムの紹介によいチャンス。どうやって完成させるかより、こどもたちのアイデア自体が大切。

3>子どもの年齢にあったプロジェクトを考える。もし難しすぎるプロジェクトなら、いくつかの段階にわけること。

4>もし自分が工作を楽しみすぎる傾向があるなら、自分用の材料はとっておくこと。そうすれば、子どもの工作が終わって十分自分のためだけに楽しめる。

5>工作専用のスペースがなくて、ダイニングテーブルの上で工作をしていて、ごはんの時間になったら片付けでいらいらしないように、たっぷり時間を用意すること。

6>できあがったものを一生保存する必要はない。工作はすぐにたまるけれど、すべてが傑作なわけではない。新しい工作をはじめるたびに、古い作品にさよならする。工作の意義は作ること自体にある。

7>Tim Gunn(知ってる人は知ってますね。あのProject Runwayの)を思い出して。完璧な素材を求めてお店に走ることに価値はなく、家にあるものでアイデアをしぼってつくることに価値がある。

8>すべての子どもがきらきらしたものや、のりでつけることや、紙を切ることが好きなわけではないのだから、押し付けないように。

私は特に「2」番と「4」番にうなづきました。
この前のロケット作りのとき、つい「こうしたらかっこよくなるんじゃない?」なんて口出しした後に、はっとしたことを思い出します。
[PR]
by sooona | 2011-11-12 00:14 | with kids こどもと

Yとピザ

たまたまスーパーで目にとまったピザの土台を買いました。久しぶりにPが家で仕事なので彼にとってもうれしいランチになるだろうし、Yにピザをつくらせたら楽しいかなと。

b0193324_16384149.jpg

トマト、ハム、ルッコラ、チーズと順番にのせていくだけですが、Yは「あーーーたのしいっ!やったあ!」なんていいながらトマトをはじっこだけによせたり、円上に並べたり。

b0193324_16385723.jpg


オーブンに運んで、焼いた後のごきげんな顔ったら。「ぼくがピザつくったよ!」

b0193324_16392076.jpg


しかもピザを食べた後に「ママー!?だいすき♥」。
ピザがすきなのか、ママが好きなのかはわからないけれど、こんなに喜ぶんだったらまたしなくちゃ


b0193324_16394371.jpg

家でつくったら野菜もいれられるからいいなと思ったけれど、ルッコラをどかしながら食べてました。今度は違う野菜でトライ。

料理好きなこたちになって母に料理をいつかつくってくれることを願って♥


===========================================
署名しました!
<福島の子供たちを救うために24時間>
世界中1千万人以上のメンバー(署名するよう登録している人)を持つAVAAZが高
放射能汚染地区に閉じ込められている渡利地区の子どもを守るため国際署名を開
始しました。是非日本と海外に広げてください!

日本語版:
http://www.avaaz.org/jp/save_the_fukushima_children/?rc=fb&pv=24
「私たち憂慮する市民は、日本政府が、 未だに高放射能汚染地区に閉じ込めら
れている福島市の子ども達を守るため、 早急に行動をとるよう強く要請しま
す。 特に、渡利地区の住民に避難の権利があることを認識し、 安全地域に移住
したいと望む人々に緊急の支援を提供するよう求めます。 子ども達、孫達の未
来がかかっています。もはや時間はありません。」

English version:
http://www.avaaz.org/en/save_the_fukushima_children/?cl=1373884018&v=10926
[PR]
by sooona | 2011-11-09 16:39 | with kids こどもと

立冬

b0193324_23592492.jpg

b0193324_2359172.jpg

b0193324_23591285.jpg

Yが幼稚園でシント・マールテンのランタンをつくってきて、もうその季節か!と思ったら、昨日は立冬だったのですね。今朝の寒さも昨日とは違ってつんとした寒さ。もうすぐシント・マールテン、シント・クラース、そして年末。。。はやい!

しかし、いつもかわいい工作つくってくるのはいいけれど、たまるたまる。何かよい保存法かんがえなければ。
[PR]
by sooona | 2011-11-09 00:00 | dutch オランダ