オランダ、ハーレムより。日々のうつくしさ。子どもとたのしいこと。


by sooona

プロフィールを見る
画像一覧

リンク

カテゴリ

about アバウト
日々
dutch オランダ
with kids こどもと
travel たび
eat たべる
design デザイン
read よむ
our home いえ
things もの

タグ

twitter

最新の記事

オランダで親子で楽しめること。
at 2014-08-16 04:58
5月休み
at 2014-04-27 06:12
もうこわくない
at 2014-03-17 20:11
ピナバウシュの夢の教室。
at 2014-03-10 05:54
絵本美術館で、sieb po..
at 2014-03-02 05:44
♥ 2014
at 2014-02-15 06:31
Salt Dough Cla..
at 2014-02-05 18:03
とびたくなる、えほん
at 2014-01-31 18:50
quote by Tori ..
at 2014-01-30 06:27
こどものためのダンスパフォー..
at 2014-01-27 02:04

以前の記事

2014年 08月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月

検索

ライフログ


親愛なるキティーたちへ


Pina [DVD]


ファンタジア


0~4歳 わが子の発達に合わせた1日30分間「語りかけ」育児


子どもは動きながら学ぶ 環境による教育のポイント


コウケンテツの鍋、汁もの、煮込み―うまいおかずレシピ50 (別冊すてきな奥さん)


さよなら子供たち [DVD]


分娩台よ、さようなら―あたりまえに産んで、あたりまえに育てたい


ヒバクシャ ~世界の終わりに~ [DVD]


Hable con ella [DVD] [Import]


あいうえおの本 (日本傑作絵本シリ-ズ)


ピナ・バウシュ 夢の教室 [DVD]

フォロー中のブログ

うちの食卓 Non so...
C's projects...
ばーさんがじーさんに作る食卓
アムスのおいしいせいかつ
memo
Cafelumiere
しがない社会福祉士(ジャ...
carbon style
auk
ニューヨーク*ユニオンス...
オランダおいしいくらし
もりふみブログ
オオニシ恭子の薬膳日記
奈良美智の日々
『美食』 by MI-C...
nos petite l...

最新のトラックバック

venussome.com
from venussome.com
venuscozy.com
from venuscozy.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

その他のジャンル

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
住まいとくらし

画像一覧

<   2011年 05月 ( 17 )   > この月の画像一覧

ナンセンスなニュース。

このブログでは、なるべく気分の悪いことは、時間をおいて書かないようにしているのですが、日本の起立条例の提案。もうーーーーどうなってるんだ!?!?!?

ジャーナリストである父が食卓でいつも政治や経済、社会で何がおきているか、という話をえんえんとしている中で、小学生の頃より育った私は、それがいやでいやで、「普通の学校のはなし、友達の話」がしたくてたまらなかった。それに反抗したせいか、私は感性の世界にどんどん入っていたのでしたが。。。大人になって、世界でおこっている様々なことを、外国の友人とは、天気や洋服の話の延長で気軽に話す機会が多いし、自分も日本のなかでマイノリティとして特殊な環境で育っているので、それなりに社会問題に関心はあるつもりだったけれど、日々のことに追われて、物事を深く思考する/議論する/行動するということが少なくなってきた。けれど311以降、知らないうちにメディアコントロールされたり、知らないうちに被爆していたり、知らないうちに思想の自由を奪われるとか、絶対あってはならなないことに対して声をあげなければ、「時すでに遅し」になってしまうと痛切。なので、日々「?」と思うことに対して、スマートに論理的な書き方もできない私ではありますが、少しでも声をあげていこうと思ったのでした。

で、肝心の起立条例。ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、大阪府の橋下知事が率いる地域政党「大阪維新の会」の府議団が、大阪の府立学校の入学式や卒業式などで君が代を斉唱する際に、教員に起立を義務づける条例案を6月の府議会に提出する方針であることが大きく報道されました。「国旗国歌を否定するなら公務員を辞めればいい。身分保障に甘えるなんてふざけたことは絶対許さない」「起立して歌わないのは府民への挑戦」という発言。。。。教育者を縛って言うことをきかせて、そこで育った子ども達はいったいどんな風に育っていくのでしょう。教員の思想の自由を選べない場所では、子どもも「自由」を選べないと一緒です。国歌を歌わなかったり、国旗掲揚に敬意を表せないのは多くは戦時中の国旗国歌の使われ方に対してであり、国を愛するか、愛さないかということではないのに。自分の思想をつらぬくだけで生活の手段を奪われる社会なんておそろしい。ほんとうにため息がでるニュースです。

asahi.com
君が代起立条例に反対声明 教員ら「強制は教育なのか」
http://mytown.asahi.com/areanews/osaka/OSK201105240173.html

愛媛新聞
君が代起立条例 力ずくの「教育管理」は危うい

http://www.ehime-np.co.jp/rensai/shasetsu/ren017201105303311.html

西日本新聞
君が代起立 条例で縛るようなことか

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/244912


内田樹の研究室
「国旗問題再論」より
「東京都教育委員会が、今月の卒業式で「君が代」に起立しなかった都立校の教職員180名に戒告などの処分を下した。
起立しなかった嘱託教員は今年度で契約をうち切る方針である。
東京都教育委員会にお聞きしたい。
あなたがたはこのような処分を敢行してまで、「何を」実現しようとされているのか?
愛国心の涵養?
まさかね。」

b0193324_22584250.jpg


いろんな色=いろんな考えが認められ、共存できる社会が、豊かで、愛すべき場所になるんだと私は思います。

(以下友人からの情報より「今できること」)++++++++++++++++++++++++++
◆大阪維新の会へに対して、条例案の提出に反対する声を届ける>
TEL 06(6946)5390 FAX 06-6946-5391
所属議員へのメールはこちらから 
http://osaka-ishin.jp/member.html

◆他の会派には、条例案に反対し、成立させないように働きかける>
自民党  TEL 06-6941-0217 FAX 06-6944-2244
民主党・無所属ネット TEL 06-6941-0219 FAX 06-6941-8411
公明党 TEL 06-6941-0286 FAX 06-6942-4060
日本共産党  TEL 06-6941-0569 FAX 06-6941-9179
[PR]
by sooona | 2011-05-31 22:48 | 日々

チョコストロープワッフル

ストロープワッフルって、おみやげに買うことはあっても、自分で買うことはほとんどなかった。
でも先日HEMAによったときになんとなくきになって。
b0193324_5153733.jpg

あれ?HEMAのストロープワッフルのパッケージが変わってる?
チョコストロープワッフルってあったっけ?
とついつい普通のストロープワッフルとチョコのと両方買ってしまいました。

中をあけると個別包装されていてびっくり。前回日本にかえって、妹にオランダのキャンディーかなにかをあげたときに、個別包装されていないことにびっくりされ、そのリアクションに逆にびっくりした私。個別包装されていない、っていうことに慣れているんですね。

なのに、このチョコストロープワッフルは個別包装されていたのでまたびっくり。ツーリスト用なのかしら。

ストロープワッフルって、特にすきなわけではなかったけれど、このチョコバージョン、甘すぎるけれどおいしくって、ミニだからたべやすくって、ついつい手がのび、口の中が即荒れ。今週はただでさえ、結構チョコ食べてしまったというのに。
b0193324_5155231.jpg



ということで、夜ごはんは、ふろふき大根といんげんの白あえで、さっぱりごはんにいたしました。寒いときに食べる大根ってほんとおいしい。しかし、オランダ、夏おわったのか、というくらい寒いです。。。
[PR]
by sooona | 2011-05-29 05:27 | eat たべる

コランダ展、もうすぐ開催♩

b0193324_20411413.jpg

以前、こちらのブログでは紹介したのですが、来週末、オランダのこどもの暮らしを彩るデザインやハンドクラフトを紹介するイベントCORANDA(コランダ)展が東京で開催されます。

DRIEHOEKによるオランダ本(「オランダ、私のインテリア」と「オランダ・パスカルさん家の手づくり生活」)、ストロープワッフル、雑貨などが展示販売されたり、オランダへ花留学経験のあるアート+フラワーユニット「Cui Cui(キュイキュイ)」による花あそびワークショップの開催などとオランダ好きによる、オランダ好きのためのイベントです。

私は、オランダのユニークなkids on roofのカードなどの雑貨や、ハーブティーなどのセレクトと、このイベントのためにつくられたZINEで、オランダの絵本や雑貨、キッズフレンドリーなスポットの紹介、写真の提供をさせていただきました。こちらのイベントは東京だけでなく、7月に倉敷、9月に大阪、11月に福岡を巡回します。オランダ好きな方はぜひぜひ遊びにいってみてください。

2011/6/4-5
10.00-19.00
ONAKA STORE in Shinmaruko
*こちらからフライヤーをダウンロードできます。


↓こんな絵本の紹介をZINEではしています。
b0193324_20391889.jpg

[PR]
by sooona | 2011-05-27 20:45 | dutch オランダ

久しぶりの外ごはん。

1年ぶりくらいに、YとNをPに預けて「友人と外ごはん」という贅沢な時間をすごしました。まず外食自体ほとんどしないし、妊娠中は夜にでかけることはなかったので、ちょっと長めになった授乳間隔があいた最近、そろそろ外にでたくてたまらず。。。

もう一人で電車乗ること自体ルンルン♩なんて気軽なんでしょう。毎日子ども二人と離れてこんな軽やかな生活を男性陣は送っているのね。

b0193324_18171976.jpg

レストランは友人のインド人の友人おすすめのインドレストラン。こちら、アムステルダムにある通称ゲイストリートと呼ばれる場所にあります。授乳中なので、辛くないカレー(テッカマサラだったかな)を注文しましたが、とーってもおいしかった!ナンは、NYでよく食べていたものより、ちょっともっちり感がなくてちょっと残念でしたが、前菜のサモサも他のカレーも、デザートのインドアイス、クルフィもおいひーー。

久しぶりの友人とおいしいものを食べながら、たーくさん話して、満足すぎて、帰りの足取りはスキップ状態。

ちなみに、一緒にいた友人たちはオランダに来て間もない頃一緒にオランダ語を学んだ。慣れない土地で、それぞれが悩みを抱えた時期に出会ったせいか、全員の出身国もインドネシア、ブラジル、タイ、メキシコ&スペイン、年齢もバックグラウンドもライフスタイルもまーーったく違うのに、なんでもオープンに話せてしまう。ありがたいことです。
[PR]
by sooona | 2011-05-27 16:40 | eat たべる

白なきぶん。

b0193324_22182053.jpg

最近、雑務に追われて心はもやもや、体はがちがちしているので、白い花で心を気をひきしめ、指圧の先生にすすめられた白い野菜(白菜、ネギ、大根、セロリ。。。)でからだをほぐすとする。

こういうときは、洗面所とトイレをぴかぴかにするのも、自分の中で効果的。トイレといえば、プロとして誇らしくトイレそうじをする方の記事を、今朝よんで、すがすがしい気持ちになった。新聞ページを開くといつも悪いニュースばかりなのでこういうささやかなよいニュースはうれしい。

日本では依然として年間被爆線量20ミリシーベルトの撤回、されていないです。
政府はただちに撤回要請に真摯に対応してほしいと思います。子どもをもった両親や妊婦さんが、不安を抱えながら生活をしていることを想像するといたたまれないです。ただでさえ大変な子育てライフの中で、外に出れずストレスがたまった子供とどうやって対応しているのでしょう。のびのびと子供たちが校庭でかけずり回ったり、どろんこをめいいっぱい触れる日がくるのはいつになるのでしょう。ということで、以下にまたいくつかの情報サイトを。

ー「MSCR - Moms to Save Children from Radiation
http://mscr.jp/
〜つながろう全国のママ達!子どもたちの未来のために〜
↑友人の友人がたちあげた、福島のいまの声をあつめたサイト。

ー「Moms & Children Rescue Fukushima
http://www.mcr-fukushima.net/
福島の妊婦や子供を避難してもらうための署名を集めるプロジェクト。

ーユニセフ「宮城県の保育園・幼稚園でプレイセラピー研修を実施
http://www.unicef.or.jp/kinkyu/japan/2011_0527.htm

それから、以前みたいと思っていたNHK ETV特集、you tubeでみれることが、オランダ在住フォトグラファーのOnoさんのブログから知りました。見ていて苦しくなりますが、知らずにいるのはもっとこわいと思いました。
ドキュメンタリー「ネットワ―クで作る放射能汚染地図~福島原発事故から2ヶ月~」
[PR]
by sooona | 2011-05-25 18:24 | 日々

「mooi」がすき。

他のこどももそうなのかもしれないけれど、Yは言葉を覚え始めたときから「mooi」ということばがだいすき。「mooi」は「 beautiful/nice/fine」といった意味で、花がきれいだとか、よい天気とかよいアイデアなどにも使う。先日、ちょっと長めの散歩を一緒にしたら、この「mooi」をひたすら連発。

きれいな花をみつけては「mooi!」
b0193324_20474070.jpg


お庭の石のかたちに三角をみつけては「mooi!」
b0193324_20474327.jpg


猫に遭遇するとこわがって動けないくせに、通り過ぎると「mooi!」
b0193324_20474847.jpg


まつぼっくりを拾っては「mooi!」
b0193324_20475480.jpg


そして、家につくと、家の扉まで、緑色が「mooi!」だそう。
b0193324_20475554.jpg


ちなみに、私がいつもと違う洋服や靴を着用すると、すかさず「mooi!」と言ってくれる。^ ^
「きれい」ということばは、何度きいても、いわれても、よいきもち。
この精神をPも受け継いでもらいたいものです。
[PR]
by sooona | 2011-05-23 20:59 | with kids こどもと

ホワイトアスパラガスのスープ

b0193324_4355530.jpg

今週、二度目の白アスパラのスープ。月曜日は、オリーブオイルとたまねぎでさっぱりと。今日はバターとリークでこっくりと。どっちもおいしい〜。今日はオーガニックのアスパラで、だし汁の甘みも最高だったし、Pのつくってくれた、白身魚schelvisのポン酢バターソースともぴったりでした。
[PR]
by sooona | 2011-05-22 03:11 | eat たべる

風車の日

b0193324_14274582.jpg

先週末はMolendag(風車の日)。オランダ中の数百基の風車が、一般公開されました。

私たちはハーレムにある風車へ。入り口にはミニチュアの手作り風車。かわいい^^/。
b0193324_14274823.jpg


1650年前後につくられたという古い風車が、かたかたがんばってまわってるというのに、天気が悪いせいか、朝早かったせいか、私たちの他は一組の家族のみのビジター。

b0193324_14275746.jpg


確かにここの風車は地味だし、パネクックの屋台とかもなかったけれど、私たちには、住宅街の中に、現在もその古い姿がどうどうとしていて、一家のおじいちゃんのような存在の風車をみることができてよかったです。

ウェブサイトでは、風車の写真のコンテストなどもやっているみたいで、いろんな風車がみられます。
[PR]
by sooona | 2011-05-21 14:28 | dutch オランダ

韓国のおみやげ

Pが韓国にいくまえに、スーパーでもどこでも、スープでもお粥でもお菓子でもなーーんでもいいからたべものいっぱいかってきてね☆と、、、いっておいたのに。おみやげは?♥ときくと、ポッキー2箱。。。。。がーーーーーん。私がどれほど韓国料理が好きなのか、どれほど韓国のたべものを楽しみに想像しながら、出張中のあいだのボーイズ二人のてんやわんやをしのいだのか。。。。。ちょっと前なら、どどーーんと爆発していたでしょう。(笑)しかし、噴火しなかった私はすこし大人になったようです。

あ、でもブランドを指定しておいたコスメだけはちゃんと買ってきてくれました。
それなりのナチュラルコスメではすぐに肌がひりひりしてしまう敏感肌の私が、NYにいたときから愛用していたオーガニックコスメ、オーブリーオーガニクスがオランダでは手に入りにくいので、(アムスで多分1件)ヴェレダ、ドクターハウシュカ、ラヴェーラと使い回していましたが、化粧水だけはどうもあうものがありません。ヨーロッパって乾燥しているのに、なぜドイツ産とかのオーガニックコスメの化粧水は保湿成分がたりないのかものすごく不思議。ヨーロッパ人の肌が乾燥になれているから平気なのか。ということで、ちょうどPの出張中にずっと試してみたかったオーストラリアのオーガニックコスメ、ジュリークを買ってきてもらったのでした。

b0193324_1464045.jpg


使用してから1週間、長くつっぱっていた肌がしっとりなりつつ。なかなかよいかんじ♩
Yの出産以降、自分のお肌をケアするのを怠ったせいで、いまは荒れ放題なので、これからスキンケアに集中ー。
[PR]
by sooona | 2011-05-21 14:21 | things もの

粘土タイム

b0193324_4154715.jpg

先週はPが久しぶりに出張中で、激疲れ。ほっんとに世の中のおかーさんはすごい。私みたいな時々フリーの仕事しかしてないくせに、家事も育児もPの多大な協力を得ている人間でさえ、たったの5日間、100%家のこと、子供のことに浸かっているとどっぷり疲れがでるっていうのに、相方さんが夜遅いとか、家事に不協力だと、いったいどうやって毎日のりこえているんだろうと不思議でたまらない。

例えば、Nに離乳食をあげてる途中で、庭でYが「自転車にタオルがはさまったー」とぎゃーーーーと騒いでいて、ちょっとまってて、と言うまに、Nがスプーンをつかんで食べ物がとびちり、そしてそんなときに限ってぴんぽんドアベルがなってかけってゆくと、近所のいたずらぴんぽんだったときにはーーーー。みたいな状況よくありますよね、きっと。

まあそんなこんなで、Yと公園にいく気力がなかった日に家で粘土タイム。久しぶりに粘土、しかも色付きに、Yぞっこん。
「きれいなけーきをつくるよ」とか
「いま、おにくつくってるから」とか
「これはまだあついからたべちゃだめ」とかむにゃむにゃいいながら。

私はといえば、いろいろまぜて、新しい色をつくったり、Yがすきなくるまやミッフィーをつくってみたり。

単純な作業なのに、手の中の粘土はすこしづつ、形を変え、色を変え、、、
親子で3時間もはまっていました。
[PR]
by sooona | 2011-05-14 22:22 | with kids こどもと