オランダ、ハーレムより。日々のうつくしさ。子どもとたのしいこと。


by sooona

プロフィールを見る
画像一覧

リンク

カテゴリ

about アバウト
日々
dutch オランダ
with kids こどもと
travel たび
eat たべる
design デザイン
read よむ
our home いえ
things もの

タグ

twitter

最新の記事

オランダで親子で楽しめること。
at 2014-08-16 04:58
5月休み
at 2014-04-27 06:12
もうこわくない
at 2014-03-17 20:11
ピナバウシュの夢の教室。
at 2014-03-10 05:54
絵本美術館で、sieb po..
at 2014-03-02 05:44
♥ 2014
at 2014-02-15 06:31
Salt Dough Cla..
at 2014-02-05 18:03
とびたくなる、えほん
at 2014-01-31 18:50
quote by Tori ..
at 2014-01-30 06:27
こどものためのダンスパフォー..
at 2014-01-27 02:04

以前の記事

2014年 08月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月

検索

ライフログ


親愛なるキティーたちへ


Pina [DVD]


ファンタジア


0~4歳 わが子の発達に合わせた1日30分間「語りかけ」育児


子どもは動きながら学ぶ 環境による教育のポイント


コウケンテツの鍋、汁もの、煮込み―うまいおかずレシピ50 (別冊すてきな奥さん)


さよなら子供たち [DVD]


分娩台よ、さようなら―あたりまえに産んで、あたりまえに育てたい


ヒバクシャ ~世界の終わりに~ [DVD]


Hable con ella [DVD] [Import]


あいうえおの本 (日本傑作絵本シリ-ズ)


ピナ・バウシュ 夢の教室 [DVD]

フォロー中のブログ

うちの食卓 Non so...
C's projects...
ばーさんがじーさんに作る食卓
アムスのおいしいせいかつ
memo
Cafelumiere
しがない社会福祉士(ジャ...
carbon style
auk
ニューヨーク*ユニオンス...
オランダおいしいくらし
もりふみブログ
オオニシ恭子の薬膳日記
奈良美智の日々
『美食』 by MI-C...
nos petite l...

最新のトラックバック

venussome.com
from venussome.com
venuscozy.com
from venuscozy.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

その他のジャンル

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
住まいとくらし

画像一覧

<   2011年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧

このきせつ。

b0193324_447222.jpg

うれしいうれしい白アスパラの季節になりました。
オランディーズソースはP、作。

うまうまーーーー☆

と最近こんな高カロリーのもの食べてばかりいて口があれてきたので、昨日は野菜のみの韓国ごはん。
雑穀ごはん、にんじんのジョン、豆腐のジョリム、ほうれんそうのナムル、わかめスープ。
これもうまうまでした。
[PR]
by sooona | 2011-04-30 04:53 | dutch オランダ

親子にうれしいレストラン、Praq

b0193324_21412187.jpg


イースターの週末に、アムスのちょっとはずれ、ワーイドルプにあるレストラン、Praqにいってきました。

キッズフレンドリー(=子供のイス/キッズメニュー/おもちゃや本/遊ぶコーナー/おむつ替え台などがあるかどうかがポイント)なカフェは結構あるものの、レストランになると難しく外食はほとんどできません。子供がテーブルにおちついて座っていられるのは(うちの場合)せいぜい10分ですから、子供のいすとかキッズメニューなんかはなくても、とにかくちょっとした遊ぶコーナーがあればいいのだけど、なかなかね。でも以前、雑誌できウフレンドリーなレストランがアムスにあるということで、気になっていたのです。

b0193324_21442237.jpg


さて、さっそくレストランを入ると、ぬわんと、予約したテーブルのサイドが子供キッチンになっています!
Y、すでにこうふん。
b0193324_21431312.jpg


コップはピンク。ナプキンは赤。キャンドルは紫。
この色あわせ、なんともオランダっぽい。
インテリアデザインはアムステルダムのデザインスタジオTjepによるものです。
b0193324_2143584.jpg


そして、とても広々としたキッズルーム!
お絵描きするコーナー、ピアノ、おもちゃコーナー、ビデオコーナー、工作コーナー。
ちょうどイースターだったので、たまごにペイントしたり、チョコエッグを探したり。

b0193324_21444579.jpg


Yは、たのしくてほとんどキッズルームにこもり、私たちはゆっくりごはんを食べることができてとってもハッピーでした。(お料理はオランダおなじみダイナミックな味でおなかぱんぱんになってしまいましたが。)こういう場所、増えてほしいなあ。

b0193324_21531413.jpg

b0193324_21522776.jpg

[PR]
by sooona | 2011-04-28 20:44 | with kids こどもと

オランダの電力って?

オランダで一緒にあるプロジェクトを進行中のChikaさんが、市民参加型・非営利メディアの「レアリゼ」に、「オランダにおける電力自由化とグリーン電力について」レポートを書きました。オランダでは電力会社を「選ぶ」事ことができるのです。うちはちょうど最近グリーン電力に契約を変えたところでした。

このレポート、とてもわかりやすく、そして興味深いので、以下転載します。(本人承諾済み)
*長いレポートなので、「レアリゼ」のサイトで読みたい方はこちらから。「レアリゼ」の他のレポートも、読みたい記事満載です。

+++++++++++++++++++++++++
オランダにおける電力自由化とグリーン電力について
+++++++++++++++++++++++++

私は電力専門家ではないので、オランダに生活する一人としての目線から、電力自由化とグリーン電力、オランダにおける原子力発電について、実際に話を聞いたり、調べたりしたことを書いてみます。

電力自由化とは何か

 日本にいたときは、あまり意識しないで暮らしていたのですが、現在の日本では住んでいる地域によって、それぞれの地域で営業している電力会社と契約を結ぶしか選択がない、電力独占状態であるようですね。
 今回の東日本震災で初めて、いかに日本のエネルギーが原子力発電に支えられていたか思い知った、という方もいたようです。

 私の暮らしているオランダでは、日本と違って、ちょっと調べただけでも28の電力会社があり、オランダ国内なら、どの地域に住む人でも自由に電力会社を選ぶことができるしくみ、つまり“電力自由化”が行われています。

 当然、電力会社間での価格競争もありますし、発電方法もグリーン電力(風力や太陽発電など)か、グレー電力(火力や原子力)かを選ぶこともでき、各社ごとに割引やサービス、最低契約期間などを工夫して顧客獲得にいつも必死のようです。

 電力自由化のメリットとしては電気料金の低価格化、消費者が電力会社を選べる、誰もが電力会社を起こせる、などが挙げられるでしょう。デメリットとしては、供給安定性が低下する可能性(太陽光発電・風力などは季節等により供給にムラがあるため、バックアップ発電が必要)などか挙げられますが、オランダでは他国から輸入するなどして供給を安定させているようです。

続きはこちらから。
[PR]
by sooona | 2011-04-28 02:56 | dutch オランダ

できた!

b0193324_20481487.jpg

週末、とても暑かったので庭で水あそび。

b0193324_20473541.jpg

せっかく水着を着たものの、「ぬぎたいー」といって、すっぽんぽんになってしまった。

b0193324_20485239.jpg


もしかしたら、これはチャンスかも、と思って、おまるを庭においてみる。
「おしっこしたかったら、その上でしてもいいよ」といって。
いちかばちか。

すると突然
「おしっこしたい!」とおまるに駆け寄り、
「くる!」といって、じゃじゃーん。でたーーーーーー。
しかも3回。
「みてー。おばあちゃんにみせたいー」って。
母、かんげき (T_T)

ずっとおまるはおもちゃの一部のようなかんじで、ふざけて座るものの、用を足す意思は全くみられなかったこの数ヶ月。怠惰な母がトイレに行こうと時々しか促さなかったのが悪いのだけどね。

とにかく第一歩。うんちゃんはまだ遠い道のりでしょうが。。。
[PR]
by sooona | 2011-04-27 21:08 | with kids こどもと

花じゅうたん

b0193324_16475491.jpg


昨日の朝玄関にでると、びゅうっと風がふいて、おとなりさんの八重桜がふわーーと宙を舞った。
いっしゅんのうつくしいとき。

b0193324_16383540.jpg

いっぺんに、おとなりさんの前庭は花びらでいっぱいに。
うちの前庭のほうにも少々。

b0193324_16413771.jpg

これはきれいだから当分、そうじをしないでおこう。

こういう春の景色が好きだけれど、オランダは一気に夏のようなおてんきに。
公園には水着で寝そべっている人だらけ。
うちは、週末は近くの砂丘でみずあそびしました。
b0193324_1645094.jpg

[PR]
by sooona | 2011-04-27 16:45 | 日々

署名します。

b0193324_2215413.jpg

自分でつくったイースターバニーにたまごをのせて、「ふあー」とか「んー」と何度も言いながら満足そうに食べる息子Yをみていてなんだかうれしいあさごはん。

私はたまごさんど。
b0193324_2218990.jpg


のどかな日曜日のあさ。

と、不安もなくおとなもこども健康に過ごせる未来のために、私は「子どもに年20ミリシーベルトを強要する日本政府の非人道的な決定に抗議し、撤回を要求する」の署名運動に賛同します。

未来に後悔することのないように、子供を守るために、未来の日本のために。。。。

+++++++++++++++++++++++++++++++++
美浜の会、フクロウの会、グリーン・アクション、FoEJapan、グリーンピース・ジャパン、原子力資料情報室の6団体は、下記のような緊急声明および要請を政府に対して提出します。連名可能な団体・個人は、4月25日(月)23時(一次締め切り)までに、下記のフォームよりご連絡ください。

https://spreadsheets.google.com/viewform?hl=en&formkey=dFUyRmU4Wl9tczRVeVdHNE1GZnJrbGc6MQ#gid=0

=======以下声明&要請文
呼びかけ団体:グリーン・アクション、グリーンピース・ジャパン、原子力資料情報室、福島老朽原発を考える会、美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪の会、国際環境NGO FoE Japan

【緊急声明と要請】
子どもに「年20ミリシーベルト」を強要する日本政府の非人道的な決定に抗議し、撤回を要求する

4月19日、文部科学省は、学校等の校舎・校庭等の利用判断における放射線量の目安として、年20ミリシーベルトという基準を、福島県教育委員会や関係機関に通知した。この年20ミリシーベルトは、屋外で3.8マイクロシーベルト/時に相当すると政府は示している。3.8マイクロシーベルト/時は、労働基準法で18歳未満の作業を禁止している「放射線管理区域」(0.6マイクロシーベルト/時以上)の約6倍に相当する線量を子どもに強要する、きわめて非人道的な決定であり、私たちは強くこれに抗議する。

年20ミリシーベルトは、原発労働者が白血病を発症し労働認定を受けている線量に匹敵する。また、ドイツの原発労働者に適用される最大線量に相当する。さらにこの基準は、大人よりはるかに高い子どもの感受性を考慮にいれておらず、、内部被曝を考慮していない。現在、福島県によって県内の小・中学校等において実施された放射線モニタリングによれば、「放射線管理区域」(0.6マイクロシーベルト/時以上)に相当する学校が75%以上存在する。さらに「個別被ばく管理区域」(2.3マイクロシーベルト/時以上)に相当する学校が約20%も存在し、きわめて危険な状況にある。

今回、日本政府が示した数値は、この危険な状況を子どもに強要するとともに、子どもの被曝量をおさえようという学校側の自主的な防護措置を妨げることにもなる。

文科省は、20ミリシーベルトは、国際放射線防護委員会(ICRP)勧告Pub.109およびICRP3月21日付声明の「非常事態収束後」の基準、参考レベルの1-20ミリシーベルトに基づくとしているが、その上限を採用することとなる。21日現在、日本政府からは、本基準の決定プロセスに関しては、何一つ具体的な情報が開示されていない。また、子どもの感受性や内部被曝が考慮されなかっ
た理由も説明されていない。文科省、原子力安全委員会において、どのような協議が行われたのかは不明であり、極めてあいまいな状況にある(注)。

私たちは、日本政府に対して、下記を要求する。
・子どもに対する「年20ミリシーベルト」という基準を撤回すること
・子どもに対する「20ミリシーベルト」という基準で安全とした専門家の氏名
を公表すること

(注)4月21日の政府交渉で、原子力安全委員会は正式な会議を開かずに、子どもに年20ミリシーベルトを適用することを「差支えなし」としたことが明らかになった。また、4月22日、5人の原子力安全委員の意見とりまとめについて議事録は無かったと、福島瑞穂議員事務所に回答している。

(参考)
4月21日付ドイツシュピーゲル誌の20ミリシーベルト設定に関する記事(「文部科学省、子どもたちに対してドイツの原発労働者と同様の被爆限度基準を設定」)より、専門家のコメント

エドムント・レンクフェルダー(オットーハーグ放射線研究所)
「明らかにがん発症の確率が高まる。基準設定により政府は法的には責任を逃れるが、道徳的には全くそうではない。」
[PR]
by sooona | 2011-04-24 22:19 | 日々

工作>イースター

b0193324_23151147.jpg

Yが保育園でイースターのための卵とお花をつくってきました。

b0193324_23152574.jpg

カラフルなたまごがかわいい。

b0193324_23154061.jpg

たまごの下にはかわいいのかよくわからない、ひよこつき。

オランダではどの家も最近は黄色いもので家を飾っています。

日本はもうすぐ鯉のぼりですねえ。

Nはあっというまに6ヶ月。くるくる寝返りうったり、離乳食をもりもり食べ始めています。
ZZZZZ
b0193324_23181388.jpg


追記>イースターエッグといえば、今までにみたことのないステキな刺繍エッグをみつけましたー!
b0193324_4214574.jpg

source>design sponge

[PR]
by sooona | 2011-04-21 23:19 | with kids こどもと

いくつかの情報(2)

福島老朽原発を考える会(フクロウの会)
http://fukurou.txt-nifty.com/fukurou/2011/04/svh-652a.html

ーニュースの深層 2011.4.14(1/4) 『脱原発エネルギー供給の可能性』
http://youtu.be/rQhTynUb2Gc

ー2011年3月29日菊地洋一さん(元GE原発技術者)講演記録in静岡
http://youtu.be/Rbj-vPouRxg

ー藤波心さん「批難覚悟で・・・・」
http://ameblo.jp/cocoro2008/entry-10839026826.html

ー朝日新聞社説「原発をどうするか―世論が動かしたドイツ」
http://www.asahi.com/paper/editorial20110420.html#Edit2
[PR]
by sooona | 2011-04-17 21:33 | 日々

ヤギとあそぶ。

b0193324_21425484.jpg

b0193324_21501731.jpg

オランダには、動物と遊べる場所がたくさんあります。
なかでもアムステルダムの森の中のこの場所、geitenboerderij。
b0193324_21484724.jpg

ヤギくんに干し草だけでなく、ミルクをのませることができます。
オランダのこどもたちはちっちゃいときからいろいろな動物慣れしているので、みんながんがんさわっていますが、Yはいつもびびりびびり。。。。
b0193324_21423158.jpg

b0193324_21452230.jpg

でも慣れてくると、大興奮。
公園のすべりだいでも放し飼いのヤギに話しかけたり。
b0193324_2142695.jpg

ヤギも、ヤギと遊ぶ親子もほんとたのしそうで。ほのぼの週末にぴったりの場所です。

帰りの車からは、小さな羊の群れをたくさんみました。毎年この時期、うまれたての子羊が元気に歩いているのをみると、その力強さに元気をもらいます。いつでも、生命の誕生を考えるとじんときてしまう今日この頃。
[PR]
by sooona | 2011-04-15 22:00 | with kids こどもと

agnes obel

最近よくきいている曲。デンマーク出身、Agnes Obelの『just so』や『Riverside』や『Philharmonics』。ジョニミッチェル、サティ、ドビュッシーの影響を受けているとか。
静かでせつない声にうっとり。


[PR]
by sooona | 2011-04-15 20:36 | 日々