オランダ、ハーレムより。日々のうつくしさ。子どもとたのしいこと。


by sooona

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

リンク

カテゴリ

about アバウト
日々
dutch オランダ
with kids こどもと
travel たび
eat たべる
design デザイン
read よむ
our home いえ
things もの

タグ

twitter

最新の記事

オランダで親子で楽しめること。
at 2014-08-16 04:58
5月休み
at 2014-04-27 06:12
もうこわくない
at 2014-03-17 20:11
ピナバウシュの夢の教室。
at 2014-03-10 05:54
絵本美術館で、sieb po..
at 2014-03-02 05:44
♥ 2014
at 2014-02-15 06:31
Salt Dough Cla..
at 2014-02-05 18:03
とびたくなる、えほん
at 2014-01-31 18:50
quote by Tori ..
at 2014-01-30 06:27
こどものためのダンスパフォー..
at 2014-01-27 02:04

以前の記事

2014年 08月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月

検索

ライフログ


親愛なるキティーたちへ


Pina [DVD]


ファンタジア


0~4歳 わが子の発達に合わせた1日30分間「語りかけ」育児


子どもは動きながら学ぶ 環境による教育のポイント


コウケンテツの鍋、汁もの、煮込み―うまいおかずレシピ50 (別冊すてきな奥さん)


さよなら子供たち [DVD]


分娩台よ、さようなら―あたりまえに産んで、あたりまえに育てたい


ヒバクシャ ~世界の終わりに~ [DVD]


Hable con ella [DVD] [Import]


あいうえおの本 (日本傑作絵本シリ-ズ)


ピナ・バウシュ 夢の教室 [DVD]

フォロー中のブログ

うちの食卓 Non so...
C's projects...
ばーさんがじーさんに作る食卓
アムスのおいしいせいかつ
memo
Cafelumiere
しがない社会福祉士(ジャ...
carbon style
auk
ニューヨーク*ユニオンス...
オランダおいしいくらし
もりふみブログ
オオニシ恭子の薬膳日記
奈良美智の日々
『美食』 by MI-C...
nos petite l...

最新のトラックバック

venussome.com
from venussome.com
venuscozy.com
from venuscozy.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

その他のジャンル

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
住まいとくらし

画像一覧

カテゴリ:read よむ( 2 )

おかしのくに さがそ!

b0193324_22205960.jpg


先日、『おかしのくに さがそ!』という絵本が、この本をデザインしたミホさんから届きました。

なんと、全ページ、何から何まで全てがお菓子でできている本で、『ウォーリーをさがせ!』とか『ミッケ!』のように、絵本の中で、いろんなものを探していく楽しい本です。

b0193324_22213297.jpg


YとNは、もともと、シャーロット・デマトンスの絵本がだいすきで、こまかーい絵の中から、自分で先に見つけたときの喜びがたまらない。なので、この本をみた2人は驚喜。その前に2人とも「おいしそー!」と。。。Nはなんと本に顔をがっとくっつけ、ページをぺろりんこ、となめてしまいました。(ほっんとに全部食べれそうな本ではありますが。。。汗。)

b0193324_7183489.jpg

読み出してから、Nにはちょっと難しかったみたいだけれど、Yはすごくくいつきました。
にほんごがまーだまーだなYにとって、「おばけ3びき」「バースデーケーキたてるもの3ぼん」という言い方はとっても難しいのだけれど、それを楽しく覚えるのにぴったりな本なのです。

b0193324_22584987.jpg


彼のお気に入りのページはおばけいっぱいのページと、くるまいっぱいのページ。
私のお気に入りは森とうみのページ。
それぞれのページが異なった雰囲気なので、子どもたちもめくるたびにわくわくうれしそう。

私より早く探せると猛烈に喜ぶので、私も少しは手加減を。。。と思いつつ、結構探すのが難しいのもあったりして。:)逆に私がやっと本気で探せてみっけ!というと、本気で怒られます。T_T

いずれにしても夜の絵本タイムに楽しい本が仲間入りしました。ミホさん&この本をつくってくださった方々に感謝!

b0193324_7184956.jpg


『おかしのくに さがそ!』
公式Facebook ページ
出版社: 学研教育みらい
作者:efuca. イトウユカ
撮影:坂上正治
AD/D:阪戸美穂 堀いずみ

[PR]
by sooona | 2013-12-11 07:20 | read よむ

脳の気持ちになって。。。。

昔、某有名人が、「何もいいことがないように思える日も、毎日一回鏡にむかってにーーって笑うと、不思議とよい気分になる。」っていうのを聞いてうんうん、と思ったことがある。自分の笑顔にもそうだけど、他人の笑顔でも、とにかく笑顔をみると、自分も笑顔にならざるをえない、というのを信じている。下向き加減の人、つんとした顔に出会うとどよーんとしてしまうし、実際笑顔のすくなかった私も、Pに出会って、ただ新聞よむでも、歩くだけでもにこっとしてみえる彼と暮らしてると自分も不思議とにっとしてしまっている気がするし。

で、そんな「笑顔でいるとほんとにハッピーになるのか」っていうのを裏付けるような対談があって。

ほぼ日刊イトイ新聞で連載が今日でおしまいになった、脳科学者、池谷裕二さんと糸井さんの対談
これがすっごくおもしろくって!
おおざっぱにまとめると、脳それ自体は外の世界がわからず、身体を通じて感知する。真っ暗闇の頭蓋骨の中にいる脳のきもちになってみて考えると、顔の表情がいーーーっとなっていると、「笑顔をつくっているようだ」と情報が入って、そのとき漫画をよんでいればその漫画=おもしろいという解釈がなされるらしい。つまり、先に身体事実、そこにあとから脳がそこへ適応して、事実への解釈が「後づけ」で起こるのだそう!だから、例えば起きれないと思っていても、身体を先に起こせば、脳が反応して、起きる状態にもっていくとか。。。

糸井さんも大好きだけど、この池谷さん、ほんとにお話してることに夢中で楽しそうで、毎日読んでいてハッピーになりました。この方の著作
『単純な脳、複雑な「私」』もぜひよんでみたいです。
[PR]
by sooona | 2010-10-15 16:03 | read よむ