オランダ、ハーレムより。日々のうつくしさ。子どもとたのしいこと。


by sooona

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

カテゴリ

about アバウト
日々
dutch オランダ
with kids こどもと
travel たび
eat たべる
design デザイン
read よむ
our home いえ
things もの

タグ

twitter

最新の記事

オランダで親子で楽しめること。
at 2014-08-16 04:58
5月休み
at 2014-04-27 06:12
もうこわくない
at 2014-03-17 20:11
ピナバウシュの夢の教室。
at 2014-03-10 05:54
絵本美術館で、sieb po..
at 2014-03-02 05:44
♥ 2014
at 2014-02-15 06:31
Salt Dough Cla..
at 2014-02-05 18:03
とびたくなる、えほん
at 2014-01-31 18:50
quote by Tori ..
at 2014-01-30 06:27
こどものためのダンスパフォー..
at 2014-01-27 02:04

以前の記事

2014年 08月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月

検索

ライフログ


親愛なるキティーたちへ


Pina [DVD]


ファンタジア


0~4歳 わが子の発達に合わせた1日30分間「語りかけ」育児


子どもは動きながら学ぶ 環境による教育のポイント


コウケンテツの鍋、汁もの、煮込み―うまいおかずレシピ50 (別冊すてきな奥さん)


さよなら子供たち [DVD]


分娩台よ、さようなら―あたりまえに産んで、あたりまえに育てたい


ヒバクシャ ~世界の終わりに~ [DVD]


Hable con ella [DVD] [Import]


あいうえおの本 (日本傑作絵本シリ-ズ)


ピナ・バウシュ 夢の教室 [DVD]

フォロー中のブログ

うちの食卓 Non so...
C's projects...
ばーさんがじーさんに作る食卓
アムスのおいしいせいかつ
memo
Cafelumiere
しがない社会福祉士(ジャ...
carbon style
auk
ニューヨーク*ユニオンス...
オランダおいしいくらし
もりふみブログ
オオニシ恭子の薬膳日記
奈良美智の日々
『美食』 by MI-C...
nos petite l...

最新のトラックバック

venussome.com
from venussome.com
venuscozy.com
from venuscozy.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

その他のジャンル

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
住まいとくらし

画像一覧

カテゴリ:design デザイン( 13 )

一段落。

b0193324_656133.jpg


b0193324_6562175.jpg


シンタクラースがおわって、クリスマスの飾りをYたちと楽しんだのはついこの前のような気がするけれど、もうクリスマスは目の前。

b0193324_6553583.jpg



いくつかのプロジェクトが重なって、どうなるかと思いましたが、どうにかいくつかのプロジェクト無事終了にむかっています。そのうち、ひとつはFlatto81と、パリの紙専門店とのコラボでグリーティングカードのデザイン/制作でした。そのカードが今パリのCalligraneで限定販売されています。とにかくなにがなんだかわからぬまま時間がすぎていますが、ささやかでも形になることはうれしいものです。
でも来年はもう少し、きちんと時間管理、自己管理して生活したいなあ、と思うことも事実。

そして日本行きまであと少し♩
年末年始はゆっくりすごしてきます。

みなさまもたのしいクリスマスを!

b0193324_6545644.jpg




★そういえば、MacのOSをMountain Lionにしたら、RSSがきえちゃったので、ブログチェックがとまってます。。。ミニマムなRSS reeder探し中ですが、どれにししたらいいやら。Reeder?他にデザインがよいものがったような気が。。。。おもいだせません。T_T
[PR]
by sooona | 2012-12-17 07:04 | design デザイン

IJMの色

b0193324_4263955.jpg

あこがれのstudio IJMの色のワークショップをうけてきました。
朝のコーヒーとクロワッサンからはじまり、スタジオの膨大な資料の見学、プロのシェフによるオーガニックのランチ、(クレソンとホウレンソウとコーンのスープが絶妙!)、そして、グループにわかれて自分たちが選んだテーマにそって、2メートル四方のセットをスタイリング。最後の講評の後シャンペンで乾杯。本格的にスタイリングするとは想像してなかったので、途中かなりあせったり、圧倒されまくりの1日で刺激的すぎました。下は私とパートナーが選んだカラースキーム。テーマは架空の熱帯です。他の写真はこちら

b0193324_4312717.jpg

[PR]
by sooona | 2012-06-06 04:29 | design デザイン

ひらがなのポスター

b0193324_6172586.gif


この4ヶ月、ひそかにつくっていたものがやっとできました。
どうぶつだけを集めたひらがなポスターです。
Yが、文字に興味を持ち始めてからひらがなポスターを探したものの、なかなかこれというものに出会えず、どうせならつくってしまおう、ということで。

欧米のアルファベットのポスターは、子供っぽすぎず、大人でもすてきだと思えるものがたくさんあるのに、ひらがなポスターになると、子供目線だけにあわせたものが多いように感じていました。
はっきりした線、簡潔な絵はもちろん、文字を覚えはじめる頃には大事なことかもしれませんが、
それ以上にはじめて覚える文字に接する時に、タッチや色が豊かなイラストをみながら親子が会話を楽しめたらと考えていたのです。

ラッキーなことに、元アニマルナース、動物大好きな友人のイラストレーター森本ふみさんがOKしてくれまして、50枚の絵を描きおろしてくれました。彼女と動物の絵のセレクションから、向き、背景の色、フォント、あれこれ頭を悩ませやっとできました。彼女の何がすごいって、8年間、1日1枚絵を書き続けているんです。そんな彼女に描いてもらった絵をみながらYやNが文字を覚えられるのは本当にすてきなことです。

このポスターを、今週25日から原宿のギャラリーではじまる森本ふみさんの個展で限定価格販売します。彼女の描くどうぶつたちはほっこり愛らしく、また透明感ある色彩感覚にはうっとりします。お時間のある方はぜひ遊びにいってみてくださいね。

どうぶつひらがなポスター 
Web site

Facebook Page

森本ふみ まほう展
2012年5月25日(金)~5月30日(水)
ペーターズショップアンドギャラリー in原宿 
森本ふみブログ


[PR]
by sooona | 2012-05-22 06:11 | design デザイン

クレー@Cobra museum

b0193324_1792257.jpg


先々週訪れたフェーンにあるCobra MuseumKlee+Cobra展、とっても刺激されました。パウル・クレーだけでも好きなのに、クレーと、Cobraのメンバーが関心をよせていたこどもの想像力。みていてわくわくする展示でした。

b0193324_17135533.jpg

b0193324_17202851.jpg


もちろん、子供連れなので、ゆっくりできず、さくさく鑑賞。

b0193324_1715175.jpg



そして、暴れだしそうなYとNにぴったりなChildren's Studioが!
ちょうどこの期間、日曜日だけオープンしているみたいでパーフェクトでした。

b0193324_17225712.jpg


まわりのこどもたちが描いているものに興味津々。特に年上のお姉さんが具象的な木を描いているのをまじーーーと見つめた後、
「ぼくは、まるいきをかく!」と。

b0193324_17223399.jpg

b0193324_1722797.jpg

b0193324_17315297.jpg


完成。風船みたいな、きのこみたいな木♩

b0193324_17212398.jpg


Nはといえば、スタジオの中をかけずりまわっておりました。
二人とも楽しそうだったし、何より、キッズフレンドリーな美術館であれば、子供たちと一緒に絵をみにいけるようになってうれしい限りです。

(でも、このミュージアムのカフェはキッズチェアもないし、テーブル同士の間隔が狭くてキッズフレンドリーではありませんでした。)


追記>
こどもに無料で配られる、Kleeと、Cobraについての大判新聞。
これがとってもよくできてました。

b0193324_17442342.jpg

b0193324_17445119.jpg


小さいころから、よいものにわかりやすく、おもしろくふれさせられますね。

一方、日本のテレビ番組『デザイン あ』のように最近は、こどもにアートをというより、デザイン(というかデザイン的思考)をふれさせる兆候がいろいろなところでみられます。感性をのばすと同時に、観察力を育てる。。。とても興味深いです。
[PR]
by sooona | 2012-04-17 17:24 | design デザイン

『ファンタジア』

b0193324_21434590.jpg

ブルーノ・ムナーリ『ファンタジア』読了。
彼の絵からだけでなく、文からもいろいろインスパイアされる。

特に今回は以下の文章に目が覚めた。

ーーーーー
幼年期には、四方八方から押さえつけられたり、自分のものではない枠に押し込められたり、なにかのモデルをマネするように仕向けられるべきではない。創造力から生まれ出るあらゆる行動の可能性を消し去るやり方で、もっとも広まっているものに、この年代の子供に対し、例えば全員が同じテーマ、全員が同じ道具、サインペンかテンペラ絵具で絵を描かせるというのがある。おそらく他の国の幼稚園や小学校でも、視覚芸術で自己表現する際の手段としては、絵画か彫刻しか考えないのではないだろうか。だから子供に絵具とテンペラ絵具、あるいは立体の作業には粘土やその他造形材料を与える。そして、大体の場合、技術的な説明は一切せずに、子ども達の好きなようにやらせ、助け舟も出さず放ったらかしに、子ども達だけでやらせておく。多くの先生や保育士は次のように言う。「私たちは子ども達を完全に自由にさせて、彼らのやりたいことをやらせています。絵の具や粘土を与えれば、子ども達は自由に表現するのです。」しかしながら、創造力を刺激する遊びを通じて子どもの知識が広げられないと、既に知っている事柄同士の関係を築くことはできない。仮に関係を築くことができたとしても、それは非常に限定された方法でなされたにすぎず、それでは子どものファンタジアを発達させるには至らない。多くの国の多くの子どもが同じような絵を描く。世界中どこの国の子供も、草むらや家、山や木、太陽など、見ているもの、知っているもの、認識しているものを描く。家や木の形に変化はあるかもしれないが、主題は大概こういったものである。もし成長する際に手助けされないとすると、大人になっても趣味の時間に同じものを同じ方法で描くことになってしまう。
 つまり、創造力は刺激されねばならないのである。さて一体どのように?それには遊びを発明する必要がある。その遊びのなかで常に新しいことを学び、新しい技術を習得し、視覚言語の規則を理解することが重要なのだ。どんなデザインにもメッセージがある。もしデザインが視覚言語の規則にのっとって創られないならば、そのメッセージは受け取られない。そうなるとヴィジュアル・コミュニケーションどころかコミュニケーションもないことになる。


ーーーーー

「自由な絵だ」と言う表現を私は時々発していたが、それは既成観念にとらわれないピュアな絵であるとき、まさに子供の絵のほめ言葉として使っていた。でも、子供は無知であるからこそ、現す術をしらないからこそ、突飛で大胆な表現をする。それは自由なのではなく、単に知っていることの単純な投影なのであって、本当の自由とは、いろいろなことをしって、練習/訓練して、固まってきた自分の型、規定、限定、しがらみの中でも、さらに自分を解き放ち、他者に問いかけることができるような線をかけるとき、色をおくとき、自由だといえるのかもしれない。。。こどものピュアなところをそのままにしたいから、好きにさせておくのではなく、かといって、モデルを丁寧にみせてしまうのではなく、刺激的な遊びを通して想像力を深めてあげたい。
この本は、自分のデザインのために買ったのに、子供への関わりかたに対するヒントがいっぱいあった。

大好きなムナーリにしても、最近気になるモランディにしてもイタリア人。イタリアがきてます。
[PR]
by sooona | 2012-04-10 05:17 | design デザイン

ついに!

b0193324_455031.jpg

こちらでは既に告知していますが、3年ほど前から、オランダ在住の友人たちとFlatto81というプロジェクトをあたためてきました。手作りの植物性インクを使って、環境に負担のかからないグリーティングカードをつくっています。コンセプト、デザイン、ネーミング、印刷、何度もやり直しをへて、やっとやっと方向性が今年夏頃決定。デザイン、インク作り、シルクスクリーンプリント、ウェブサイトとオンラインショプの構築、全て、3人でだからこそできました。そして、今日ついにオンラインショップをオープンしました。3人とも子育てや他の仕事やプロジェクトで忙しかったりして、本当に実現できるのか、途中でおじゃんになるのでは、と思った時もありましたが、こうして実現できたことは本当に感慨深いです。しかも、今日は多分メンバーの一人が出産します。無事に産まれますように。。。

*Flatto81でGiveawayしてます!
[PR]
by sooona | 2011-12-15 05:00 | design デザイン

Galerie 37へ。

b0193324_21554581.jpg

スタイリング&デザインスタジオStudio IjmのFrankの展示がハーレムであると知って、日曜日の午後、自転車でさくっとGalerie37へ。あー、この近くに住みたい。

詳しくはこちら
[PR]
by sooona | 2011-08-09 21:56 | design デザイン

ミラーグッドマンのPlay Shapes

b0193324_21402247.jpg

b0193324_21401290.jpg


前から気になっていたミラーグッドマンのブロックを、すてきなデザインショップgostoにてゲットしました。
(詳しくはこちらにアップロード。)

b0193324_21395769.jpg

b0193324_2140228.jpg

b0193324_21403362.jpg

b0193324_21403997.jpg


たのしすぎる。。。。
[PR]
by sooona | 2011-06-15 21:52 | design デザイン

カレンダ

b0193324_541229.jpg

イラストレーターの友人もりふみちゃんがカレンダーを送ってきてくれました。12ヶ月分、オリジナルのとろとろ、とろけた色あざやかな動物や鳥たちのカレンダー。窓のそばにかけたらなんだか、庭にとりがきたような。
ありがとう、もりふみちゃん♩
b0193324_5403845.jpg

[PR]
by sooona | 2011-01-25 05:44 | design デザイン

ミュージアム ボイマンスへ。

新年早々、ロッテルダムにあるミュージアムボイマンスへ行ってきました。お目当てはヘラ・ヨンゲリウスの「Misfit」展。

b0193324_08372.jpg


オランダの若手プロダクトデザイナーヨンゲリウスは、伝統的な素材に、思いもよらない素材を組み合わせてあっといわしめるデザイナー。子供二人つれてゆっくりは見れなかったけれど、たくさんインスピレーションをもらった展示でした。他の写真はこちらにのせています。

b0193324_094233.jpg


ちなみにこのミュージアムの入り口のクローク、ユニークです。ひもをひっぱるとハンガーがつつーとおりてきて、またひもを反対側に戻すと洋服が上にあがっていきます。ビジターの服までも展示みたいに見えて楽しいー♩

b0193324_061371.jpg


でも、ミュージアムショップが狭かったり、カフェにキッズコーナーがないのは、痛かった。お年寄りも、足の悪い人も、子供連れでも楽しめる美術館(BREDAのgraphic design museumみたいに)がもっと増えてほしいなと思います。
[PR]
by sooona | 2011-01-15 00:16 | design デザイン