オランダ、ハーレムより。日々のうつくしさ。子どもとたのしいこと。


by sooona

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

リンク

カテゴリ

about アバウト
日々
dutch オランダ
with kids こどもと
travel たび
eat たべる
design デザイン
read よむ
our home いえ
things もの

タグ

twitter

最新の記事

オランダで親子で楽しめること。
at 2014-08-16 04:58
5月休み
at 2014-04-27 06:12
もうこわくない
at 2014-03-17 20:11
ピナバウシュの夢の教室。
at 2014-03-10 05:54
絵本美術館で、sieb po..
at 2014-03-02 05:44
♥ 2014
at 2014-02-15 06:31
Salt Dough Cla..
at 2014-02-05 18:03
とびたくなる、えほん
at 2014-01-31 18:50
quote by Tori ..
at 2014-01-30 06:27
こどものためのダンスパフォー..
at 2014-01-27 02:04

以前の記事

2014年 08月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月

検索

ライフログ


親愛なるキティーたちへ


Pina [DVD]


ファンタジア


0~4歳 わが子の発達に合わせた1日30分間「語りかけ」育児


子どもは動きながら学ぶ 環境による教育のポイント


コウケンテツの鍋、汁もの、煮込み―うまいおかずレシピ50 (別冊すてきな奥さん)


さよなら子供たち [DVD]


分娩台よ、さようなら―あたりまえに産んで、あたりまえに育てたい


ヒバクシャ ~世界の終わりに~ [DVD]


Hable con ella [DVD] [Import]


あいうえおの本 (日本傑作絵本シリ-ズ)


ピナ・バウシュ 夢の教室 [DVD]

フォロー中のブログ

うちの食卓 Non so...
C's projects...
ばーさんがじーさんに作る食卓
アムスのおいしいせいかつ
memo
Cafelumiere
しがない社会福祉士(ジャ...
carbon style
auk
ニューヨーク*ユニオンス...
オランダおいしいくらし
もりふみブログ
オオニシ恭子の薬膳日記
奈良美智の日々
『美食』 by MI-C...
nos petite l...

最新のトラックバック

venussome.com
from venussome.com
venuscozy.com
from venuscozy.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

その他のジャンル

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
住まいとくらし

画像一覧

カテゴリ:travel たび( 17 )

アントワープにて1泊

b0193324_541415.jpg

b0193324_524535.jpg


Pと久々のデートはアントワープで。
思えばオランダに移住したばかりで初妊娠中が初めて、そしてNが生まれた直後にも訪れていたので、ひとつひとつの通りや建物がとてもなつかしかったです。

アントワープの何が好きかって、ふるーい時がとまったままの空間に、モダンなものがうまく融合しているところ。オランダの大胆なモダン/ポップさとはまた違って、繊細なモダンさ?がだいすきな街です。

b0193324_52721.jpg


泊まった場所は旧修道院のホテルで普通の部屋を頼んだのになぜかキッチンも、ダイニングもついていてひろびろとした空間でくつろげました。お庭にはこんなシュールなおばけのアートも。
b0193324_56227.jpg

b0193324_533750.jpg


久々に思う存分、歩いて、話して、おいしいもの食べて。。。最高のひとときでした。
b0193324_551679.jpg

b0193324_53841.jpg

b0193324_54469.jpg


新たなお店の発見があったのでメモしておきます。

// The Recollection
ビンテージ感ただようインテリアがすてきなセレクトショップ

// in den olifant
ありえないほど様々な種類のおもちゃが勢揃い。自分用に子供用のきれいな絵の具までかってしまって大満足。

// Wouters & Hendrix
ハーレムのお店でもお取り扱いのあるエッジーなジュエリーのお店。でもハーレムの方がセレクションがよかったような?

// Marcel
アールデコなインテリアがすてきでお味もすばらしいレストラン。サービスは???

// Chez Fred
ランチした気さくで心地のよい小さなビストロ


レストランとランチは12hrsを参考にしました。
[PR]
by sooona | 2013-10-27 05:18 | travel たび

ライン川&ケルン

b0193324_6215922.jpg

5月休みに、ちょうど妹がきていたので、彼女のたっての希望、ドイツのライン川を体感してきました。

まずは、ハーレムより車で出発。3時間ほどでドイツのサンクトゴールという街へ。
ドイツに入ったとたん、山がたくさんみえたのが感動でした。改めて大きい国はスケールが違うなあああ、と。笑。

b0193324_6295663.jpg


妹の希望「城にとまる」という条件のもと探したホテルは格別にすてきでした。
ちょうど、最近「騎士」にはまっているYにとっても、お城というのは特別なもの。クラスメイトから借りた騎士のスーツで記念撮影。
b0193324_6245899.jpg


この城があるサンクトゴールという街も古くてかわいい街。
さっそくドイツワインに、カレーソーセージ、アスパラスープなどを堪能。

b0193324_21542813.jpg


YとNは、小さい街をかけずりまわり。。。。

b0193324_6264021.jpg


翌日は、ライン川クルーズ。
サンクトゴールからビンゲンへ。

b0193324_6331797.jpg


船は3階だてで、なんと3階には滑り台まであります。
キッズフレンドリーでうれしい!とはじめは思いましたが、数時間の船の旅はちょっと子どもにはむいていませんね。かなり途中暴れました。苦笑。

しかし、ライン川沿いにはたーくさんの古いお城がみえます。ものすごく美しい景観。これはリタイアしたらまたゆっくりきたいなーと思うような。。。。笑。

b0193324_6335457.jpg


ビンゲンで船をおります。そこはまたお花がかわいらしい小さな街。
よりによって、ドイツで桜をこれほど堪能できるとは。。。感慨深かったです。
なにしろ、オランダは春になってもさむーーーくて、お花を堪能するレベルではないので。

b0193324_6345325.jpg

b0193324_6362186.jpg


ビンゲンから今度はライン川沿いを走る列車に。
再びサンクトゴールから車でケルンへ。

ケルンについては、世界遺産であるケルン大聖堂にまずは。
しかし、大聖堂の中でのこだまに反応したYとN,叫び始めて、即退場。涙。

b0193324_640575.jpg



ケルンは他、全くリサーチしていかなかったのでホテルの方にきいたキッズフレンドリーな場所、チョコレートファクトリーへ。

ここも、思っていたよりは大きいこむけのミュージアムだったので、駆け足で鑑賞。涙。

b0193324_6411666.jpg


レストランでもカフェでも騒ぐわ、かけるわ。。。。
都会でのかけあし旅行は、子どもとの旅にむいていないことが充分わかりました。汗。

妹が満足してくれたことが救いのような旅でした。

ちなみに、言葉の発達がとても遅れているNが、妹がきてから急に日本語の単語を覚え始めました。オランダ語さえまともに発音できないのに「もういっかい!」「おいしい!」「○○ちゃん」と言えたのにはある意味感動でした。
妹にまたオランダにきてもらうべく、またオランダ/また近辺のよいとこ探しがかかせません。^ ^
[PR]
by sooona | 2013-05-15 06:41 | travel たび

日帰りアントワープ。

Nの誕生日の記念に、日帰りでアントワープに行ってきました。Yが歩き始めたときにブリュッセルにいってすごく大変な思いをして、子供が小さいうちは、余分な遠出はやめよう!といっていて、でかけるとしても、昼寝前の午前中のみというのをずっと守っていたのに、今回決行したのは、最近お互い忙しさのあまりに会話も少なくなって私が爆発したため。このへんで気分転換しておこうということで。

ちょうどYがうまれる寸前に行ったアントワープ。伝統的なものと新しいものがうまく共存していて大好きな街です。

はじめに、以前行ったことのある劇場内レストランへ。
初めて食べたとき新鮮だった、ミートローフのチェリーソースを頼んでちょっと失敗。一度目は感激しても2度目はがっかりっていうのは本当によくあること。でもこの場所はとっても広々しているし、ご飯を食べる前の不機嫌なYとNに、紙と色鉛筆をもってきてくれるようなやさしいお兄さんがいたりして落ち着いてごはんを食べることができました。

b0193324_113217.jpg

b0193324_1132185.jpg

b0193324_1131367.jpg

b0193324_1124691.jpg




アントワープの街は相変わらず、おしゃれな人、店でいっぱいで歩いているだけでうっとり。隣の国なだけでなんでこんなに違うんだろう、といつも思います。

b0193324_1133995.jpg

b0193324_1133034.jpg

b0193324_1134775.jpg


すてきな本屋さんや、子ども服やおもちゃのお店、(そのうちひとつをこちらにアップ。)セレクトショップ、アンティークショップにもうっとり。YとNと一緒でなかったら、ゆーーっくりみて帰りたくなくなりそうな危険な街。ゆっくりするのはまた別の機会、とわりきって、ひたすら街を歩いたり、休憩したりですぐに夜に。

b0193324_1141263.jpg

b0193324_1142591.jpg


夕飯も以前行ったことのあるレストランSensunikへ。まだ子どもがいなかった時にきて、お店のキッズフレンドリーさにびっくりしたのを今でも覚えています。そして今二人の子どもと一緒にここに来たのがなんだかふしぎ。このレストランは大人がゆっくりごはんを楽しめるように、3階に2歳以上の子ども専用のスペースがあり、なんと子どもと一緒にあそんでくれるおにいさん、おねえさんまでいて、キッズメニューを他のこどもたちと一緒に食べさせてくれるのです。(平日は、1階でもキッズメニューあり)。Yは、電車やままごとやジムに驚喜してごはんもそっちのけで遊んでいました。もちろん、こんなスペースがあったとしても、子どもと一緒にいると、しょっちゅうトイレにいったり、機嫌が悪くなった時の対処と、ばたばたはするけれど、でも十分楽しめました。前菜のムール貝がジューシーでおいしかっったなあ。。。

b0193324_1135978.jpg


帰りは、歩き疲れと車疲れでPと私はへとへとだったけれど、Yが、「きょうはほんとうにたのしい日だったね。ありがとうね。ああ、おつきさまがきれい!」なんていうので、来た甲斐がありました。子供と遠出は大変だけれど、多くのことを期待しないこと、キッズフレンドリーな場所を探しておくことさえ守れば、案外たのしめるものだなとわかってよかったです。
[PR]
by sooona | 2011-11-07 01:30 | travel たび

マヨルカの 塩

b0193324_424235.jpg


元々スペイン料理はだいすきだったけれど、マヨルカに今回いってますます好きに。
シンプルなグリルでさえおいしいのは塩のせいかなと思って、いくつかの店で見てパッケージに惹かれたこの塩のナチュラルを買ってみました。どんな味がするのかな。
[PR]
by sooona | 2011-09-02 04:26 | travel たび

マヨルカ島6>崖っぷちドライブ

b0193324_23141547.jpg

最後にホテルの人にすすめられた人気のビーチまでドライブ。

ここにたどるつくまで半端なくおそろしいぐるぐる坂道で。不覚ながらかなりよってしまいました。子供たちはぜんぜん平気だというのに。崖がはげしく険しくて下みるとおそろしかったー。
b0193324_339223.jpg
b0193324_3382862.jpg


だので、やっとたどりついたとてもきれいなビーチだったけど、ドライブに疲れきった私は岩辺でねころんでおりました。1歳以下のこどもをこんなところに連れてくる人いないでしょう、って感じのワイルドでこじんまりしたビーチ、というかフェリーの港。パラソルのレンタルはもちろんないし、砂でなく岩の海岸なので、子供にはおすすめでない場所だったけど、Pはこういうワイルドスポットが好きなので、いろんな魚がみえるよーー、と子供みたいにはしゃいでいました。
b0193324_340218.jpg

b0193324_3393945.jpg


はじめての親子旅行、1週間あっというまにすぎました。好奇心旺盛なPと私はちいさい子連れでもついついいろんなところをまわってしまいました。来年はもう少し典型的なオランダ人の、そこにいったらひたすら本を読むとか、子どもを砂で遊ばせとく、とかの「ゆるいバーケーション」にしようかあ、と話しながら帰ってきましたがきっと無理だろうな。行きたい場所も見たい場所もたくさんあって、結局おやすみのバケーションではなく、刺激のバケーションになっちゃいます。まあ、日常がゆるすぎるからちょうどよいか。

b0193324_341468.jpg

b0193324_3422323.jpg


それはそうと、旅行にいってつくづく思ったのが洗濯機えらい!ってこと。
毎日、汗やたべものでよごれた何枚もの服を毎日洗って、しぼって、ほしてってしてたら手がしわしわになって。それで洗濯機さまさまと思って帰ってきて、速攻また洗濯したら、壊れて、風呂場が汚水でみずびたしに。。。海外住んでから、洗濯機の故障何回あっただろう。でもなおるたびに、やっぱり洗濯機ありがたいって思います。からっぽになった、洗濯かごがすき。

って、変なシメになりましたが、これでマヨルカ島記録はおしまいです。
[PR]
by sooona | 2011-08-31 23:24 | travel たび

マヨルカ島5>州都、Palma de Mallorca

b0193324_2212434.jpg

b0193324_22134323.jpg

b0193324_2215819.jpg

b0193324_22142511.jpg

Palmaでの見所カテドラルはもちろん美しかったのだけれど、いろいろな建物の中の中庭をのぞくのも楽しかったし、カテドラルのそばのたくさんのストリートパフォーマーがよかったなあ。

大きなしゃぼんだまをつくるおじさん、昔ながらのカメラで写真をとってその場で現像するお姉さん、哀しい音色をギターで奏でていたおじさん。。。特にギターはちょうど「禁じられた遊び」をひいていて、胸がきゅーんとなりました。Yといえば、階段に座ってオペラをうたうおばさんに首ったけ。もういこう、といってるのに、じっとききいっていました。
b0193324_22133682.jpg

b0193324_22214152.jpg


しかし、暑いなか歩き回って、せっかくのはじめてたべるムール貝のコロッケとか、全然味がわからなかった。
b0193324_22224144.jpg

バカンスだから、ゆっくりしようと思うのに、マヨルカ、見所が多すぎてついよくばってしまいます。

b0193324_22251942.jpg

[PR]
by sooona | 2011-08-31 22:24 | travel たび

マヨルカ島4>ショパンも訪れたValdemossa

b0193324_1855730.jpg

マヨルカの山の中には、魅力的な村がいくつかありました。そのうち、Deiaは、たくさんのアーティストが昔から住んでいるらしくおだやかで雰囲気のある村でした。夜車で通りかかったときは特に、カフェやレストランの灯りがステキで、大人だけだったらこういう場所に泊まりたいなあと思いました。

b0193324_18112597.jpg

b0193324_18121980.jpg

さて、この日の目的地は山、というか小高い丘の中にあるValdemossa。ショパンが結核療養のためにジョルジュサンドと滞在したという村ということだけあって、かなり人も多く観光地化されていましたが、美しい村でした。

b0193324_18114485.jpg

b0193324_18125033.jpg

家の前の植木鉢の花やサボテンなどがオランダの植物の色やかたちと違っておもしろい。

b0193324_1818490.jpg

途中、壁に向かって絵を描いている人発見。何もみないでこんなカラフルな絵を?
と思って、近づいて話しかけると、地面に昔自分が描いた絵をおきながら再度描いていたのでした。

b0193324_18153938.jpg

Yはカラフルな絵の具に興味津々。じーーーっと黙ってみつめてました。


b0193324_18124141.jpg

b0193324_18204054.jpg

それにしてもこの村、坂がめちゃくちゃ多いので、Yは村自体公園のような勢いで、坂を走りまくったり、いわによじのぼったり、ほんと野生児。。。。

b0193324_1820269.jpg

この教会はいりたかったけれど、Yがばてはじめたので断念。

b0193324_18235175.jpg

そうそう、マヨルカでというか、去年のサルディーニャでも、暑くてばてばてのときに、甘くて冷たいコーヒーフラッペが最高♡チョコ入りばかり飲んでたので、案の定、家に帰ったら太ってましたが。T_T
[PR]
by sooona | 2011-08-30 18:25 | travel たび

マヨルカ島3>路面電車でSóllerへ

滞在先のPort de SóllerからトラムでSóller(ソイェール)へ。
ゆるい停留所。
2両だけの小さな木製の電車にYの目は♥。

b0193324_1727944.jpg

b0193324_1727433.jpg

b0193324_1728421.jpg


山に囲まれた街Sóllerにつきましたー♩

他の街の広場でもみられたけれど、白い紙の飾りがきれい。
b0193324_1729567.jpg


路地裏がたのしいい。
b0193324_1731876.jpg

b0193324_17311857.jpg

b0193324_17314253.jpg

b0193324_17333956.jpg



スペインって、赤いイメージだけど、今回緑色の印象が強くなった。
b0193324_17322718.jpg

b0193324_1735271.jpg

b0193324_17323746.jpg

b0193324_1732524.jpg

b0193324_17341274.jpg


そういえば、ホテルのベッドも壁紙も緑だった。
b0193324_17362711.jpg


疲れたのでこの日は部屋のテラスでゆっくりごはんを食べました。
(しつこくガスパチョ♩)
b0193324_17385839.jpg

[PR]
by sooona | 2011-08-29 17:39 | travel たび

マヨルカ島2>うみとおいしいもの

b0193324_22154128.jpg


こどもたちはうみにあきず、

b0193324_22145225.jpg

b0193324_22152453.jpg

b0193324_22235875.jpg

b0193324_22214661.jpg



はは、ちちはおいしいものにあきず。。。


b0193324_22232256.jpg

b0193324_22162185.jpg

b0193324_22221912.jpg


b0193324_2232899.jpg

b0193324_17184422.jpg

b0193324_22252936.jpg


アーティチョークのかりかりフライ、パスタパエリャ、マヨルカ名物エンサイマーダ、シンプルなステーキ、、どれもこれも今思い出すだけで。。。。。。。。♥
[PR]
by sooona | 2011-08-28 22:28 | travel たび

マヨルカ島1>到着

輝く海とおひさまを満喫して4人とも真っ黒になって、マヨルカ島から帰ってきました。

b0193324_2154419.jpg

b0193324_21542042.jpg


バルセロナの南側に位置するマヨルカ。Pの家族に子供連れが多いよ、とすすめられて決めました。実際、去年いったイタリアのサルディーニャ島の西側に位置するので、似た感じなのかなと想像しつつ。

b0193324_2156976.jpg

b0193324_21553115.jpg


パルマの空港から街までの車からだけでも、山がきれいで、建物がかわいらしく、見所が多そうな島だなあとわくわく。

今回の滞在先はソイェールという港街のホテル。海が目の前なこと、子供用のプールがあること、かわいい路面電車で楽に街にでられること、などのポイントでPが選んでくれました。着くとチョウモダンでちょっとびびりました。去年はキャンピング場のコテージでめちゃ子供との滞在型だったのに比べてこんなこぎれいなところで子供と一緒で大丈夫なんだろうか、と。実際のところ小さい子供連れの家族でいっぱいだったのですが、行儀のよいこどもたちばかりで、朝からぎゃあすか野生児なYといると案の定気がはってしようがなかったです。T_T キャンピング場みたいに、洗剤やおむつなどの生活用品がぱぱっと買える売店がないのもちょっと不便。ただここのうれしいところは、料理がおいしいこと。そして、レストラン、プールサイド、部屋、テラス、バーどこでもほぼ同じ内容の食事をオーダーできること。子連れだと普段レストランにはいけないので、海辺でおいしいものを子供たちと一緒に食べれるっていうのはありがたい。着いたその日はガスパチョとマヨルカの魚のグリルをいただきました。ガスパチョはここの他3カ所で飲みましたが、ここのが一番濃厚で♥だったし、お魚は外側さくさく、中がジューシーで絶妙!よい感じの滞在が期待される1日目でした。

b0193324_21544662.jpg

b0193324_2155274.jpg

[PR]
by sooona | 2011-08-28 22:02 | travel たび