オランダ、ハーレムより。日々のうつくしさ。子どもとたのしいこと。


by sooona

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

リンク

カテゴリ

about アバウト
日々
dutch オランダ
with kids こどもと
travel たび
eat たべる
design デザイン
read よむ
our home いえ
things もの

タグ

twitter

最新の記事

オランダで親子で楽しめること。
at 2014-08-16 04:58
5月休み
at 2014-04-27 06:12
もうこわくない
at 2014-03-17 20:11
ピナバウシュの夢の教室。
at 2014-03-10 05:54
絵本美術館で、sieb po..
at 2014-03-02 05:44
♥ 2014
at 2014-02-15 06:31
Salt Dough Cla..
at 2014-02-05 18:03
とびたくなる、えほん
at 2014-01-31 18:50
quote by Tori ..
at 2014-01-30 06:27
こどものためのダンスパフォー..
at 2014-01-27 02:04

以前の記事

2014年 08月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月

検索

ライフログ


親愛なるキティーたちへ


Pina [DVD]


ファンタジア


0~4歳 わが子の発達に合わせた1日30分間「語りかけ」育児


子どもは動きながら学ぶ 環境による教育のポイント


コウケンテツの鍋、汁もの、煮込み―うまいおかずレシピ50 (別冊すてきな奥さん)


さよなら子供たち [DVD]


分娩台よ、さようなら―あたりまえに産んで、あたりまえに育てたい


ヒバクシャ ~世界の終わりに~ [DVD]


Hable con ella [DVD] [Import]


あいうえおの本 (日本傑作絵本シリ-ズ)


ピナ・バウシュ 夢の教室 [DVD]

フォロー中のブログ

うちの食卓 Non so...
C's projects...
ばーさんがじーさんに作る食卓
アムスのおいしいせいかつ
memo
Cafelumiere
しがない社会福祉士(ジャ...
carbon style
auk
ニューヨーク*ユニオンス...
オランダおいしいくらし
もりふみブログ
オオニシ恭子の薬膳日記
奈良美智の日々
『美食』 by MI-C...
nos petite l...

最新のトラックバック

venussome.com
from venussome.com
venuscozy.com
from venuscozy.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

その他のジャンル

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
住まいとくらし

画像一覧

カテゴリ:日々( 79 )

Happy 2011!

b0193324_1425079.jpg

あけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくおねがいします。

私は、今年産まれて初めて(!)日本の家族と離れて年末年始を迎えました。
オランダで初めてのニューイヤー。噂にはきいていたけれど、(猫は12時過ぎたら絶対鍵をしめた家の中にいれておくこと、なんて注意報がでていたので、そんなすごいの??と想像はしていましたが)12時になったとたん、近所中でみんなが花火をうちあげ、それが1時まで、ばんばんばんと続いていました。かなりの量と音にびっくり。Yはすごい音にめざめてしまって「こわいー」と連発。日本の除夜の鐘の音をききながらの赴き深さとは大違い。(無性にホームシックになってしまいました)こういうことにも、いずれ慣れていくのでしょうか。

b0193324_1425694.jpg

そして今年は初めてお正月料理を一人でつくりました。(母が亡くなって以来妹がメインでつくってくれていたので)
朝は、韓国のお雑煮トックッを、夜は韓国の牛肉と豆腐のスープ、チャプチェ、栗きんとん、サーモンとアボカドの押し寿司。たったこれだけつくっただけでかなり疲労。お刺身もないし、おせちもないし、さっぱりしたお正月。いくつもの料理を毎年、大晦日から一人で用意してくれていた母のことを考えると、親がいるってありがたいことだったんだなあと改めて思います。

ちなみに、Yにとっておもちは初のたべもの。好き嫌いがはげしいので、どうせ食べないだろうと思っていたら、ぱくぱく食べていました。チャプチェもあいかわらず、1番の好物で、「もっと!」と3回おかわり。チャプチェに入ってるにんじんやセロリだけは食べれるんだから不思議。日頃、夕飯、特に野菜を全部たべてもらうのに、苦労しているので、「もっと」なんて言われるとうれしすぎ。

b0193324_1434644.jpg

b0193324_1434168.jpg


何はともあれ今年もみなさまにとってよい年になりますように。。。
[PR]
by sooona | 2011-01-04 01:44 | 日々

メリークリスマス☆

b0193324_2120148.jpg

b0193324_21201996.jpg

こんどの年末ははじめて日本へ帰りません。さびしいなー。
ということで、せめて家のなかをクリスマスツリーで明るく。
日頃、カラフルなおもちゃで家の中がいっぱいなので、ツリーのデコはシンプルに、シャンペンゴールドとシルバーと白でちょっとおとなっぽく。
b0193324_2222502.jpg

b0193324_21205178.jpg

ツリーの灯りで心があったかくなります。

みなさま、たのしいクリスマスを!
b0193324_2284558.jpg

[PR]
by sooona | 2010-12-24 21:52 | 日々

関税

今日日本の友人から贈り物が届いた。でも、それに対して関税を払わなければならないという。
「え、ギフトなのに!?しかも66ユーロ!!!!」
怒ると、とりあえず郵便局にでんわしてみれば、といわれ、とりあえずその小包はうけとれないまま。

以前も、妹が出産祝いに送ってくれた贈り物(服)に関税がかけられてそのときは、「贈り物(ギフト)」にチェックが入っていなかったので仕方ないと思って支払った。

でも今回はちゃんと「贈り物」にチェックが入っている。で、速攻郵便局TNTに電話。

すると、こたえは、贈り物であっても何であっても55ユーロ以上のものに対しては19%の税金+事務手数料12.50ユーロを払わなければならない、更に150ユーロ以上の品物には追加料金まで料金に応じて追加タックスを払わねばいけないという。なんかすごいタックス率!!!!て腹立ったけどルールはルール、仕方がない。でも今までも55ユーロ以上のものを送ってもらったときでも関税をかけられなかったときもある。シンガポールやアメリカでは一度もかけられなかった気がする。これって結構ぬきうちらしいので、運もあるみたいで。はー。私の名前が中国人ぽいから目をつけられるのか、などとPと話す。プレゼントもらうのに、お金払って受け取るってすごい変な気持ちです。しかも今回の内容物、実はギフトというより、Yの古い洋服の返却がメインだったので、自分のものを送ってもらうのに関税をここまで払わねばならないなんてそれも理不尽なので、クレーム手紙で返金願いをだします。ついでに、これから品物を送ってもらうときはなくなる可能性があって保証ができないとしても、中身の価値は3000円相当にしておいた方がいいのかもしれない、ということを学びました。
[PR]
by sooona | 2010-09-30 02:29 | 日々

いたたたたた。。。

b0193324_23423923.jpg

引越やら、片付けやら、勉強やら、仕事やら、Yとの毎日やらで、すっかり妊娠しているのを忘れそうになりますが、さすがに、臨月になって、胎動がはげしくなってきました。

b0193324_23425137.jpg

しかもYのときよりはげしく感じます。ぽこぽこってかわいいキックではなく、たったっタッタッたったっタッタッーーーーーーと連打とか、「ぐりぐりぐりぐりぐりぎゅぎゅっー」とか、寝てる途中、歩いてる途中に「うっ」とくること多し。赤ちゃんが「自分のこと忘れるなよ!」っていってるみたいです。

しかも今朝は突然ひどい歯痛発生。痛くてストレスのせいか、お腹がはってきて。妊娠中に虫歯の治療って麻酔なし?<*_*> とりあえず土曜日だけどアポがとれたのでいってきます。
[PR]
by sooona | 2010-08-19 23:47 | 日々

市場は夕方に。

b0193324_4212143.jpg

かぜがまだなおっていなかったけれど、久々にお天気がよかったので、自転車で街の中心へ。
帰りがけにしまいかけてた野菜市場の前にお花が。野菜やさんでお花ー?って感じだったけど、なんだか野草っぽいたたずまいの花束にひかれて値段をきくと、もう最後だから一束6.5ユーロのところ、二束同じ値段にしてくれた。ラッキー。市場は夕方にいくとこういうおまけや値引きがあるのがうれしい。

b0193324_421456.jpg

家でふたつの花瓶にお花を生ける。お花屋さんで買う洗練されたブーケもいいけど、こういうワイルドなかんじもよいなあ。コスモスも入っていて、オランダはすっかり秋の気配。。。

*そうそう。ハーレムの街を散歩してて、ポップなクッションに遭遇したので、こちらにアップしました。
[PR]
by sooona | 2010-08-15 04:27 | 日々

新居で奮闘>片付け編2

ようやく、捨てるべきものを捨てることができた。それにしても、シンガポールで使ってた日本製の除湿器とか、アメリカで使ってたトースターとか掃除機まで移動してきたり、(日本に帰ったら使えるので)、Pの昔の習字道具や柔道着がでてきたり、絶対今後習わないであろう、私のバレエの服やシューズがでてきたり、10年以上前の服がそのまま箱に眠っていたり、どんだけ貧乏性なんだよ!と自分たちにつっこみたくなる。ものを買う時いつもいろいろリサーチして比べてやっと買うのでそれだけ執着が強い。でもいくらこだわりがあったものであったとしても、ものをとっておく=大事にする、と勘違いしていたように思う。そのものを活用できなければそのものは死んでいるとおんなじこと。これからは、もったいないと思うのであれば、即座にセコンドハンドやフリーマーケットに出すかして、時を逃したら捨てることを心がけたい。

今までいつも、ものを整理できる人、いさぎよく捨てる事のできる人がうらやましかった。そういう人の家って家がきちっとみえるだけでなく、自然とその人自身も人生において「何がほしくて、何がいらないものか」がわかっている人が多いから。(なぜか私の友人はほとんどそういう人。)私は自分の家も性格もカオスそのものでそれが私の特徴といえばそうだけど、でもやっぱり、歳をとるごと=人生が複雑化していくにつれ、生活はせめてシンプルにしたいと思うようになってきた。すぐには変われないとは思うけれど、少しずつがんばるのだ。

とりあえず、今回、捨てるもの、とっておくものを決める時に2年以上古いもの、2年以上使用していないもの、とっておく価値があるものかどうかなどの規準を決めて捨てていっているのだけど、やっかいなのが、手紙。これを捨てる規準をどうするか。20数年前のものでも大事な幼なじみの手紙などは捨てたくない。で、考えたたのが、長い手紙類と、季節の挨拶系とふたつにわけ、季節の挨拶系の手紙(カード)は2年たったら捨てることにしようかな、と思う。とにかくわけてみよう。。。

ブログにこんな文書いてるほど、捨てるのが複雑な私って。。。。。。T_T

対照的に、「遊ぶ」ことだけが仕事のY。それこそうらやましいほどのシンプルライフ。^ ^
b0193324_16412321.jpg

[PR]
by sooona | 2010-08-02 16:22 | 日々

新居で奮闘>片付け編1

私は結婚前から引越しをよくしていたけれど、結婚後この数年はさらに回数が多く、1年ー2年ごとに、しかも違う国、都市で引越している。もともとものをためておく癖がある上、デザインの資料にととっておく紙類、自分の作品、雑誌、本が捨てられない。手紙や写真、洋服、靴、バッグが捨てられない。おまけに、Pも書類や写真等ためこんでおく癖があって、引っ越しごとにあけないままになった段ボール箱が増えていった。そんな中、子供ができてしかも現在妊娠中の身で大量の荷物の引越作業はかなりつらかった。使い物にならない私の数倍働くPもしんどい。ということで、今回引越をしたら、絶対一掃整理をしよう!と決めていた。

で、ぞっとするほど大量のものを今回思い切って捨てた。今のところだけでも、段ボール箱10箱分くらい!雑誌類は資料に使えそうなものでも2年以上前のものは一掃。本は、本箱に入りきらない分は一掃。(今までは後生大事に箱に入れていたけれど、結局読み返さないものを引越ごとに重い荷物として運ぶのはばからしい。)洋服も2年以上前のものは一掃。写真はネガと写真をいれるアルバムをまず全て捨てて、(これだけでもかなりスペース確保)似ている写真は一掃。文房具や、電子機器のコード、切手、封筒、手紙などこまごまするものはとにかく細かく区分け。そして対外のものをプラスチックの箱に収納。これで、中身が見えるし、かびる心配、虫が入ってくる心配とかもないでしょう。

あまりに無駄なものが多すぎるため、整理するのに時間がかかりそうだけれど、「家の中のものが全てどこにあるか、把握できている状態」という当たり前にみえてこれまでできなかったことを実現するのにちょっとわくわく。早くシンプルライフに到達すべく、また次の2年半後の引越のときに、軽やかに作業ができるようにと思い描いて、今日も家にこもって片付けです。。。。
[PR]
by sooona | 2010-08-02 04:52 | 日々

新居で奮闘>むしとしぜん編

今日は虫関係の話がいやな方は読まない方がよいかもです。

新しい家の近くは緑でいっぱい。野原もあるし、森もあるし、どの家も庭があるので、とにかく緑だらけ。歩いていると緑がきれいですがすがしいのだけれど、緑が多いってことは、、、、そうです。むしもたくさん。引っ越してからすぐのこと、蒸し暑くて窓をあけながら夜まで片付けをしていたら、妹がきゃっと叫ぶ。なんと、天井に30いや、40?数十匹もの虫がーーーーーーーーーーーー。「みて、みたことのない虫がいっぱいーーー」なんてのんきに騒いでいましたが私は顔面蒼白。以来、夜は絶対電気をつけながら窓をあけてません。しかし、蒸し暑いとね、エアコンのないオランダの家は窓あけないとかなり暑い。コレは困ったものです。幸い、最近また涼しくなりましたが。

それから、庭のむし。庭の草がすぐぼーぼーになるので、葉っぱをちょきちょき抜いたり、引っこ抜いたりしていると、、、、ああ、クモやらでんでんむしやら、かめむしやら、見た事のない虫やら。。。。葉っぱさわるのやめました。私は異常に虫嫌いなのです。虫が嫌いな理由が3つあって、一つ目は幼なじみの子が、バスケットボールでよくありんこをつぶしていて、それを見ていて彼女もそれを見ている私もいつかありんこに逆襲されるんじゃないか、という思い出が忘れられない事。二つ目は幼い頃、食堂の隣の家に住んでいたので、ごきXXとねずXがしょっちゅう出現。帰ってあかりをつけると、数十匹のごXXXがとんでくる、走り回る。それはそれはオソロシイ光景でした。天井にのぼって遊ぼうとしたらねXXモイッパイイタシ、夜中によく走り回っていたし。3つ目は庭で虫や植物の観察が好きだった妹がよく虫をつかまえては虫嫌いの私にもってこようとしたこと。しかも、ある日、逃げ場のないトイレでかまきりを突然目の前でみせられ、激怒。

ということで私は虫には一生慣れないだろうし、慣れたくありません。ありんこさえさわれないし、ごXXXXなんて絶対ころせない。Pにも「次の家には庭があったとしても石敷いて、緑は鉢植えだけでいい。庭のケアできないし、したくない。」と言いました。でも彼、「それじゃ、自然じゃないし、気持ちよくないじゃなーい。」って。て対応。だったら庭担当になってもらおうじゃないか。

それはそうと、今さっきトイレに2匹のくも発見。庭にもクモが数匹。さきほどネットで調べたところ、くもがいるってことは、好物のごXXXXやはえやむかでや蚊が多いとのこと。。。クモをおいだしたら、反対に、そのおそろしい虫くんたちが食べられるずにのさばるってことですよね。泣きそう。ああ、Pよ、早く出張からかえってきてください。。。。。

*話は全然違いますが、こちらにキュートなリボンのプロジェクトをアップしました。
[PR]
by sooona | 2010-07-29 22:26 | 日々

たんじょうび

b0193324_4501764.jpg

先週、誕生日とハウスウォーミングを兼ねてささやかなパーティーを開いた。遠い場所に住んでいる友人が多いにも関わらず集まってくれて、楽しいひとときを過ごした。外国で暮らしていると、特に友人の大切さをしみじみ感じる。ここ数年、外国で迎える誕生日は、家族はもちろん、メールで連絡をとる日本や他の国の古き友人たち、オランダでサポートしあえる友人たちに感謝感謝の気持ちでいっぱいになる。おまけにカードやプレゼントをもらうとじーんとする。そのうち、フラワー&テーブルコーディネーターのSさんのだんなさまがオリジナルのお花をつくってくれた。(しかも、Sさん、パーティーの模様をこちらにステキにアップしてくれました。)ピンクと紫のグラデの組み合わせがぴったり好みで、眺めているだけでハッピーになる。このお花たちのように、35歳が彩り豊かで美しい歳になるといいなあ、なんて思う。

さて、今日は本当の誕生日。今朝からPはNYへ出張。彼が出て行った後起きると、マッサージオイルとキャンドルがテーブルにおいてあり、「リラックスした誕生日を!」なんて書いてあったけど、「Pがいないのに誰がマッサージしてリラックスさせてくれるのだ!!!!」と朝からつっこみたくなった。しかも「スーパーでいいからケーキかってきて」と頼むと本気でスーパーでケーキ買ってくるし。。。。T_T。引越や仕事や子育てで忙しいのはわかるけど、ちょっとさびしいなああ、と思っていたところ、数時間後家の中に小さな椅子が一つ増えていることに気づき、、、、「あ、これが本命プレゼントだったのねー(しかも座る用じゃなくて植物用)」。あまりロマンティックとはいえない誕生日のはじまりでした。

その後、義理両親にYを預けて、ハーレムの中心を散策することに。で、バスを待っているとこない。。。。。既に待っている女性はなんと1時間も待っているとか!やっぱり都会とは違う、、、、、、なんて思っていると、その女性が話しかけてきた。話していたらどうやらこの近所に住んでいるグラフィックデザイナの友人宅に滞在している旅行者で、彼女はロンドンでインテリアデザイナとして働いて今は次のデスティネーションを探しているバカンス中のポーランド人。すっかり意気投合してしまって、ランチすることになった。初対面なのに、性格的に共通することが多かったり、デザインに対してのスタンスとかも似ていることがあって、あっというまに夕方に。連絡先を教え合って別れた。こんなことがおこる誕生日ってのも悪くない。

今日はPもYもいないことだし、今からゆっくり山積みになっている段ボールを整理します。
[PR]
by sooona | 2010-07-29 04:38 | 日々