オランダ、ハーレムより。日々のうつくしさ。子どもとたのしいこと。


by sooona

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

リンク

カテゴリ

about アバウト
日々
dutch オランダ
with kids こどもと
travel たび
eat たべる
design デザイン
read よむ
our home いえ
things もの

タグ

twitter

最新の記事

オランダで親子で楽しめること。
at 2014-08-16 04:58
5月休み
at 2014-04-27 06:12
もうこわくない
at 2014-03-17 20:11
ピナバウシュの夢の教室。
at 2014-03-10 05:54
絵本美術館で、sieb po..
at 2014-03-02 05:44
♥ 2014
at 2014-02-15 06:31
Salt Dough Cla..
at 2014-02-05 18:03
とびたくなる、えほん
at 2014-01-31 18:50
quote by Tori ..
at 2014-01-30 06:27
こどものためのダンスパフォー..
at 2014-01-27 02:04

以前の記事

2014年 08月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月

検索

ライフログ


親愛なるキティーたちへ


Pina [DVD]


ファンタジア


0~4歳 わが子の発達に合わせた1日30分間「語りかけ」育児


子どもは動きながら学ぶ 環境による教育のポイント


コウケンテツの鍋、汁もの、煮込み―うまいおかずレシピ50 (別冊すてきな奥さん)


さよなら子供たち [DVD]


分娩台よ、さようなら―あたりまえに産んで、あたりまえに育てたい


ヒバクシャ ~世界の終わりに~ [DVD]


Hable con ella [DVD] [Import]


あいうえおの本 (日本傑作絵本シリ-ズ)


ピナ・バウシュ 夢の教室 [DVD]

フォロー中のブログ

うちの食卓 Non so...
C's projects...
ばーさんがじーさんに作る食卓
アムスのおいしいせいかつ
memo
Cafelumiere
しがない社会福祉士(ジャ...
carbon style
auk
ニューヨーク*ユニオンス...
オランダおいしいくらし
もりふみブログ
オオニシ恭子の薬膳日記
奈良美智の日々
『美食』 by MI-C...
nos petite l...

最新のトラックバック

venussome.com
from venussome.com
venuscozy.com
from venuscozy.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

その他のジャンル

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
住まいとくらし

画像一覧

カテゴリ:日々( 79 )

迷走中

b0193324_20132754.jpg

家探し終盤と思いきや。。。。

2件の家にはしぼれた。第一候補は、古くてクラシックな家自体と、街の中心に近いところが気にいっている。第二候補は、広場やショッピングセンターが近くにある家族フレンドリーな場所。レイアウトは気にいっているが、新しいアパートに囲まれているので少々味気ない。第一候補と、第二候補、それぞれ魅力的な点、心配な点があり、どちらも甲乙つけがたいが、どちらかというと、家に入ったとたん、住む感じが予想でき、家自体が気にいっている第一候補の方にかたむいていた。

週末、両方の家を2階目内見。実際みにいくと、なんとPも私も第二候補の方が印象がよくなっている。理由は、第二候補の家の前は自転車をとめやすいこと、仕事部屋が2階にあるのが理想的なこと、近くに広場があるのでこどもたちにとって安全で便利だということ。でも家自体は第一候補の方が好み。街の中心に近いのもフットワークが軽くなってよい。。。。ということで、話し合いが振り出しに戻ってしまった。私は細かいことにいろいろ気がつくタイプだから、いつも最終的な決断はPがする。けれども、彼も最近、仕事がめちゃくちゃ忙しいので決断力がにぶっていて。もうこんなに悩むのなら、購入を延期しようかとまで話した。

でも最後の手段。第一候補と第二候補の近所の学校をみれば、決めてとなるだろう、と。

第一候補の家の近くの学校は既に見学済み。あまり印象がよくなかったので、ちょっと遠目の他の学校もみにいったけれどいまいち。

本日、第二候補家の近くの学校説明会へ。これが!すごくいい学校で!まず説明する先生が感じがよかった。今まで、3つの特色の違う学校をみてきたけれど、先生の説明の仕方と内容でその学校のビジョンがよくみえてくるし、教室の中のレイアウトからもいろいろ想像できる。今日みた学校は教室の中にロフト部分とか、テーマのコーナー(野菜やさんとか)があって楽しそうだし、特に生のアートやパフォーマンスにふれることに力をいれていることにも好感をもった。ああ、ここで私ももう一度学校にいきたい、なんて思ったりも。

以前は、オランダの小学校ならたいがいのびのびしていて、自立を尊重していてどの学校でもいいはずだ、なんて思っていた。実際、YやNにとってはどの学校にいってもほとんど変わらないと思う。でも、ここまで自分が違う感触をうけたのがびっくりする。特にオランダ語がつたないくせに伝えたいこと、聞きたいことがたくさんある私の場合は、先生とのコミュニケーションがとても大事なので、「私自身」が学校に対してよいフィーリングをもつ、ビジョンに共感することが大事だと思っている。Pもとても気にいって、もうこの学校に決まり!ということは、家も第二候補に決まり!と思い、さっそくウェイリングリストにいれてもらう。しかし、、、、ウェイリングリスト、15人。。。。ほぼ入学できる確率はないという。T_T

そうなのだ。オランダでは、2歳から小学校の登録がはじまる。私たちは引っ越しを重ねてきたので、この地域の学校に登録していなかった。入学年齢4歳がYには目前、しかも人気の学校なので、既にウェイティングリストはいっぱいなのだ。4、5歳の幼稚部は他の学校にひとまず行き、6歳から転校できるのでは?と尋ねると、残念ながらそういうケースはほとんどありません、ほぼ無理だといってよいでしょう、と。Pも私も顔が青白くなる。せっかく決心できたのに。。。。

帰りの車の中でPとけんか。Pがオランダのウェイティングリストのシステムをもっと重くうけとめるべきで、早く行動に移すべきだったとか、どちらの家を選んでも近くのどの小学校にも入れなかったらどうするのか、とかなんたらかんたら。。。

けれど、もう私たちの中で学校とエリアを考え合わせると第二候補の家にしたいということは決まったかんじがする。

あとは、無理な壁をプッシュするのみ。というのは、オランダは、日本と違ってあいまいに可能性があることをほのめかさず「無理だ」と即答することが多いが、いろいろな理由で手紙を書いたり、プッシュすれば、要望をうけいれてくれることもある。(と、P、まだ楽観的)

ということで、まだまだ家と学校が決まる時間がかかりそう。

それにしても、ブログに向かえる時間が本当にうれしい。自分のぐっちゃぐっちゃな頭の中を整理するのに役立つので。(読んでいる人にとってはぐだぐだした文を読むのは迷惑でしょうが、あしからず。)

===========================================
こちらで告知していますが、アーティストの友人達が311に関するイベントを準備しています。日曜日にアムスにいらっしゃる方はぜひお越しを!
[PR]
by sooona | 2012-03-06 20:23 | 日々

家探し: 0

b0193324_2331499.jpg


今年一番のわくわくすることは、家を探す事。

結婚前に5回、結婚後に5回の引越し。人生11回目の引越場所では長く住める場所を考えています。
って当たり前に聞こえるけれど、今までいろいろ制約があったり、タイミングの悪さで移動してばかり。またすぐに移住するかと思うと、よい近所付き合いも友達もできないし、地に足がつかないような状況がすごく居心地悪かった。次こそは、家と一緒に、ご近所さんと一緒に、地域と一緒に家族がそだっていくような感覚をもちながら住みたい。

ということで、週はじめにさっそく5件みてきました。
郊外の新しい一軒家。中心地の古い学校をリノベしたアパート。中心地の古い一軒家。静かな住宅地の古い一軒家。運河の前の古い工場をリノベしたアパート。
どれも、とっても興味深かった。オランダ人はなんといっても、家で過ごす時間が長いので、住まいに対するこだわりはすごい。どの家をみても、インテリアがこっているし、気持ちよく住まうためにカスタマイズした工夫が随所にみられる。この家に住んだら、ここを直して、ここをああ使って、、この壁はあの色にして、、と、家をみながら未来のわがやを想像していくのが本当に楽しくて。。。

十分すてきな家なのに、なんで引っ越すの?という家もあってエージェントさんに聞いたら「10年前に購入して、リフレッシュしたいんでしょう。誰でもそうじゃないでしょうか」ですって。家の買い替えをライフスタイルにあわせてしていくオランダ人っぽい。

他にキッチンの壁に小型テレビをうめこんだ家があって、エージェントに「この家で、彼女は料理に時間をものすごくかけているんでしょうね!」と言ったら、「あら女性とは限らないわ。旦那さんが料理好きなのかもね」と言われて、はっ。そうだよね、女性だけが料理するわけではないもの。未だに女性が多くの時間料理している家庭が多いだろうけれども、私の古い偏見がこっぱずかしかった。

まだ今のところ、ぴたっとくる物件ははないけれど、実際去年もいくつかみてきた中で一番気にいっている物件(=古い馬小屋をモダンにリノベした家)をこえるものがでてくるのか。。。来週も楽しみです。

ーーーーーーーーーーー
さきほど、たまたま出会ったことば。

I always wonder
why birds stay in the same place
when they can fly anywhere on the earth.
Then I ask myself the same question.

- Harun Yahya

source via French by Design

とりが多いオランダでよく思うことだった。
なんで、どこでもとんでいけるのに同じ場所をくるくるとんでるんだろうって。

いろいろな制約/思いがあって、とべないひとが多いかもしれない。
けれど、私たちの場合、いろいろあってとびすぎたので、どっしり構えて長くおちつきたい/根をはっていきたいのです。
[PR]
by sooona | 2012-01-23 23:44 | 日々

新年に、つらつらと。

b0193324_21251653.jpg

日本から戻ってきました。いつも通り、行き帰りの飛行機で二人ともほとんど寝てくれない上に、Nが日本滞在中、毎日夜泣きがひどかったので、Pも私もぐったりでした。

父の入院先の病院通いでは気分がどんより。(幸い父の状態はよかったのですが)自分が一度入院したときにも強く思ったけれど、なぜ病院という場所は、病人がさらに病気になりそうな雰囲気を醸し出しているのだろう、ということ。健康なときに行く場所、レストラン、ショッピングセンターなどぴかぴかきらびやかでたくさんお金もデザインもかけられていますが、そのうち少しでも、病院に費用と力が注ぎ込まれないだろうかと。ちなみに、今までみてきたオランダの病院も老人ホームも、暗い雰囲気がありませんでした。明るい色、快適な素材が使用されていました。日本も、健康でないときのこと、年をとったとき、より快適に気持ちよく過ごせるデザイン、システムが考えれればなあといつも思います。

あ、なんだか新年早々、ネガティブな話題になりそう。
いいこともありました。ほんのちょっとの時間に会えた数人の友人たちのあたたかさ。用意してくれたてづくりのお料理。すてきなおみやげ。
ある友人は私が冷え性なのを知って、米ぬかのカイロ、ぬかぽんをくれました。レンジであたためて1年くらい何度も使える自然のカイロ。オランダに戻ってさっそく首や肩をあたためて、こんな心のこもったものをくれる友人がいて幸せだなあとつくづく思いました。そして当たり前だけど、久しぶりに会う弟と妹とすごした貴重な時間。家族のそばに住むっていいよなあ、と後ろ髪をひかれる思いで日本を発ちました。

久しぶりのオランダ、朝の8時でも暗いのにどんよりはしますが、静かな環境、暗い照明になんだか落ち着く自分にびっくりもします。

一息ついて、手帖に今年の抱負を書き出そうと思ったら、書ききれないほどいろいろでてきました。
ー家の中も頭の中もシンプルに。
ー骨盤の歪みを修整する運動を続ける。
ーダンスを続ける。
ー月に1度は友人に会う。
ーポートフォリオをリニューアルする。
ー毎朝To do の常時リストアップ。
ーハーレムのネットワークグループに参加。
ー使わないもの、着ないものの処分。
ー新しい家/家具を探す。
ー寝る前のストレッチ。
ー写真を学ぶ。
ーオランダの映画やテレビを字幕付きで見るようにする。
ーオランダ語の絵本を声に出して読む。
ースケッチを頻繁に。→手を使ってデザイン。
ーYが日本語を楽しく覚えられるように工夫する。
ーオーダーしただけでおいてある本を読破する。
ーみんなでうたをたくさんうたう。
ーたくさんわらう。
ーピアノを探す。

さて、どのくらい達成できるでしょうか。
[PR]
by sooona | 2012-01-17 04:35 | 日々

A happy 2012!

b0193324_028197.jpg


あけましておめでとうございます。
ただいま日本からです。
今年は両親のいない初めてのお正月でした。
人数も少ないし、韓国おせちを頼むのを迷いましたが、やっぱり頼んでよかったです。
年の初めに丁寧につくられたお料理をいただくのは気持ちのよいものです。
うちのお正月はいつもこのおせちにプラス、いろんなナムルをはじめ、チャプチェ、牛肉と豆腐のスープなど韓国料理をつくりますが、今年は入院中の父が食べたいと言った京風の白みそお雑煮もつくりました。
おいしいものを普通に食べられる状況が本当にありがたいことだと母の病気中に思っていましたが、去年は地震、暮れは父の入院もあって、当たり前の日常について特に感謝するお正月でした。

みなさまにとっても、2012年が、健康でよいことがたくさんある年になりますように。
今年もよろしくおねがいします。
[PR]
by sooona | 2012-01-04 00:35 | 日々

b0193324_19412439.jpg

b0193324_19413979.jpg


b0193324_19423750.jpg

b0193324_19425086.jpg

b0193324_1943655.jpg

b0193324_19432538.jpg

b0193324_19444815.jpg


b0193324_1944034.jpg

b0193324_19442149.jpg

b0193324_1944034.jpg

[PR]
by sooona | 2011-12-27 19:45 | 未分類

I wish you a lovely Christmas!

b0193324_1626244.jpg


greetings from Haarlem


[PR]
by sooona | 2011-12-24 16:31 | 日々

師走

b0193324_425943.jpg


毎年毎年、この時期になると、あれもやってない、これもやってないという状態になる。
しかも子供が二人に増えて、ますます行事もTo do も増えて、毎日頭の中がからみまくり。
そういうときに限って、突然予期しない事がおこる。どんなにたくさんのやるべきことがあっても、できない状態になる。だから、早く済ませておけば良かったと後悔することになる。あせると余計まずいので、今はこれだけこれだけ、と言い聞かせる。ここで、Mensendiekに通っている甲斐あり。過去の事、未来の事を考えすぎるとストレスになって脳を休めさせることができず、身体も疲れて非効率。「いまはこれだけ!」と自分にいいきかせること。とちょうど先週いわれたばかり。

来年は、12月の初めの2週目までに大まかなことはすませられるよう、今から毎年12月のTo do リストをつくっておこうか。。。

b0193324_493957.jpg


関係ないけれど、今年のオランダのクリスマスの切手は雑誌Flowのアートディレクション、イラストレーターはベルリンのElisandra によるものでレトロ。毎年かわいくて楽しみ。今年は3セット以上買うと、来年の手帖ももらえます。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
Flatto81のグリーティングカードセットのGIveawayこちらでしています♪
[PR]
by sooona | 2011-12-20 04:20 | 日々

くじ運

b0193324_163347.jpg

今年は体調がよくない1年だったけれど、(って既に年をしめくくる気分な今日このごろ)くじ運がなぜかよい!

ブログでのGiveawayで3回もあたったんです。今までの人生でくじ運には全然縁がなかったのに。くじ運っていうか、今年は出会い運がよかったのかもしれない。

数ヶ月前に、オランダのSanne van Windenさんのオリジナルポストカード。先月、LAのkaoriさんからbagguのポーチ、そして先週、スウェーデンのJoannaさんからMini empireのポスター。

うれしすぎるすぎるーーー。Sanneさん、Kaoriさん、Joannaさん、You made my day!
[PR]
by sooona | 2011-12-03 16:34 | 日々

ギター♥

b0193324_2234032.jpg

さんざん、シンタクラースのおもちゃ選びを迷って、結局ギターに決めました。

先週さっそくギターショップにいって、Yのギターをみにいったのですが、色がいまいちだったので購入せず。しかし。。。。自分の、ていうかPと兼用のギターを先に買ってしまいました。(Yのは結局オンラインで)

私たちのギターを見たY、興奮状態。。。
毎日朝から晩まで、ギターギターといい、べたべたさわるので、シンタクラースから自分だけの小さなギターがきたら、どんなに喜ぶのか楽しみです。

b0193324_22341827.jpg

b0193324_22355619.jpg


そして、私にとっては大学のときにちょっとだけやっただけの、久しぶりのギター。
Pは全くのビギナー。二人して、ぜっんぜん指が開かなくて汗。でもがんばって練習してます。
これで、3人の共通の趣味になるでしょうか。

それにしても、楽器が部屋にあるとそれだけ空間が潤うような感じがするのは気のせいかな。
[PR]
by sooona | 2011-12-02 22:39 | 日々

リラックスすること。

b0193324_622034.jpg

以前から不眠症がひどかったのですが、Nの出産後、特に腰痛、背中の重み、肩の凝り、足のだるさがひどくなったのと、母のことを思い出すことで、夜中何度も目覚めることが多くなって、先週は4日続けて不眠で、このままではまずいと思っていました。ちょうどかぜをひいていたNのために訪れたホームドクターに私の症状をうちあけたところ、「Mensendieck」でアポをとるといいよ、と紹介状を書いてくれました。

Mensendieck」(メンセンディーック)とは初めてききましたが、運動療法の一種だそうです。
「Mensendieck」という名前はこの療法を開発したBess Mensendieckというオランダ人の医師の名前からきているそうです。ということは、オランダ独自の運動療法。パンフレットには大きく「ontspanning」(リラックス)と書いてありました。

初めての治療では、まず私のライフスタイルについていろいろ質問がありました。彼女はできれば英語よりオランダ語のほうがよいということで、私のつたないオランダ語で話してどうやってリラックスできるんだ!?とその時点で不安はありました。

でも、どんなときに私がリラックスできるのか。楽しいのか。どんなときにストレスと感じるのか。どんなときに、痛みを忘れているのか。どんなストレスをもっているのか。こんなことを話すだけで、なぜかドクターの前で涙がでてきて、ああ、彼女にきっと私は救われる、と大げさにも思いました。精神的な苦痛に関してはまた別のところに頼るとしても、痛みに関しては、私がリラックスする方法を学べばとれるし、不眠もなくなるというのです。彼女は私の話をきいて「あなたに必要のは、Opladen(充電)とWarmte(あたためること)よ」と言いました。

彼女にすすめられた、絶対毎日お風呂につかること。毎日20分間、地べたに寝てソファに足をあげて好きな音楽をききながら、何もしない時間を楽しむこと。寒いと感じたら仕事中でもイスの背中部分湯たんぽをおいておくこと。このうちゆたんぼ以外を3日間忠実に試したら、なんと、3日間とも、久しぶりに何の痛みもなく寝ることができて驚きました。そして4日目から、もうだいじょうぶだなんてたかをくくって、20分のメディテーションも湯船につかることもしなかったら、また痛みが再発。寝られない日がもどってきました。なので、彼女のいったことがどんなに大切かはじめの一週間ですぐに実感しました。

1週間後の2回目のアポでは、私が「あなたの言ったことを実行したらびっくりすることに、痛みがなく眠ることができてびっくりした!」と伝えると、「それはびっくりすることじゃないのよ。あなたはつかれすぎてるのよ。外国で暮らすこと、家のこと、子育て、仕事、十分忙しいから、休む時間をもたなくちゃ身体が痛くなるのは当たり前」。痛みはストレスからきていること。そしてストレスのある人は腹式呼吸ができていない人が多いということも学びました。

と、まだ2回目のMensendiek体験なのですが、私にとっては、まさに必要としていたものに出会えたという感じで興奮しています。
今まで身体がだるいときには、指圧、アロママッサージ、ストレス発散にはお酒、などで一時的なな対処に頼っていましたが、子ども二人できてますます体力が必要になってきた今、根本的な痛み/ストレスの原因をとりのぞきたい、それには、自分が自分の身体に集中する時間が必要だということがわかったからです。

ということで、最近は、Nがお昼ねをしたら、そのときこそしたいメールのリプライとか、家事とかをしないで、まず10分でも20分でもメディテーションすることを習慣にしだしています。このMensendiek、興味深いので、また何かあればアップしたいと思います。


<Mensendiekのパンフから>
(稚拙な訳ですがメモのためのせておきます。)

誰のため?

毎日の生活で、人はあらゆる状況から、人はストレスにさらされ、時にそれがいきすぎて心身に負荷がかかりすぎます。
ー背中、骨盤、肩、腕の痛み
ー頭痛
ー胸の圧迫、不安
ー不眠
ー落ち着きのなさ、疲労、めまい
身体と心はつながっています。あなたがストレスのあるとき、身体はバランスをとろうとシグンルを送ります。このシグナルを無視すればするほど、症状は悪化します。

リラックス

リラックするする方法を学ぶことで、症状をやわらげ防ぐことができます。あなたが身体のシグナルを認識することで、あなたは自分の身体の限界を知ることができます。メソッドがあなたにあってさえすれば、誰でもがリラックスする方法を学ぶことができるのです。
[PR]
by sooona | 2011-12-02 06:16 | 日々