オランダ、ハーレムより。日々のうつくしさ。子どもとたのしいこと。


by sooona

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

リンク

カテゴリ

about アバウト
日々
dutch オランダ
with kids こどもと
travel たび
eat たべる
design デザイン
read よむ
our home いえ
things もの

タグ

twitter

最新の記事

オランダで親子で楽しめること。
at 2014-08-16 04:58
5月休み
at 2014-04-27 06:12
もうこわくない
at 2014-03-17 20:11
ピナバウシュの夢の教室。
at 2014-03-10 05:54
絵本美術館で、sieb po..
at 2014-03-02 05:44
♥ 2014
at 2014-02-15 06:31
Salt Dough Cla..
at 2014-02-05 18:03
とびたくなる、えほん
at 2014-01-31 18:50
quote by Tori ..
at 2014-01-30 06:27
こどものためのダンスパフォー..
at 2014-01-27 02:04

以前の記事

2014年 08月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月

検索

ライフログ


親愛なるキティーたちへ


Pina [DVD]


ファンタジア


0~4歳 わが子の発達に合わせた1日30分間「語りかけ」育児


子どもは動きながら学ぶ 環境による教育のポイント


コウケンテツの鍋、汁もの、煮込み―うまいおかずレシピ50 (別冊すてきな奥さん)


さよなら子供たち [DVD]


分娩台よ、さようなら―あたりまえに産んで、あたりまえに育てたい


ヒバクシャ ~世界の終わりに~ [DVD]


Hable con ella [DVD] [Import]


あいうえおの本 (日本傑作絵本シリ-ズ)


ピナ・バウシュ 夢の教室 [DVD]

フォロー中のブログ

うちの食卓 Non so...
C's projects...
ばーさんがじーさんに作る食卓
アムスのおいしいせいかつ
memo
Cafelumiere
しがない社会福祉士(ジャ...
carbon style
auk
ニューヨーク*ユニオンス...
オランダおいしいくらし
もりふみブログ
オオニシ恭子の薬膳日記
奈良美智の日々
『美食』 by MI-C...
nos petite l...

最新のトラックバック

venussome.com
from venussome.com
venuscozy.com
from venuscozy.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

その他のジャンル

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
住まいとくらし

画像一覧

カテゴリ:日々( 79 )

ふたり

b0193324_17235454.jpg

b0193324_1725382.jpg


雨上がりの庭で一生懸命かたつむりをみつけては、「ともだちといっしょにしてあげる」と言い、一つの場所に集めるY。それをけらけら笑いながらみているN。

b0193324_1725592.jpg


かといえば熟していないプラムをとって、ころがしたり、食べるマネしてまたけらけら。
なんでも二人ですると楽しいのかな。

b0193324_17265439.jpg


毎日NにいたずらするYを怒るのに疲れるけれど、数秒後には二人仲良く笑ってる。
NはいっつもYのあとを追い、行動も、表情も、なんでもマネをする。
くっついてくる弟にうれしくてYはNをさらに喜ばせようとする。
天気が悪くて落ち込む日々だけど、二人をみてるとほっこりする。

以下、ランダムに気になったこと/ことばなど。

*横尾忠則さんツイートよりメモ。

「マチスの「赤い部屋」をよく見ると赤の下には補色の緑が薄く塗られているのが解る。その反対色のために赤がより赤を強調する。いい絵はほとんど確信犯的に描かれているものだ。」

「セザンヌの絵の筆致ひとつひとつに想念を感じる。筆致ひとつひとつが視覚言語になっているのがよく解る。見る者はその筆致と会話していることに気づき始める。するとセザンヌが俄然面白くなってくる。」

「描けば描くほど複雑になる。とことん複雑になった挙句、急にシンプルに向かう。忍耐がないとシンプルまで中々到達しない。」

「絵を描き始めるのに時間がかかるが、終りを決定するのはもっと時間がかかる。」

「そーいう意味でセザンヌは最終的な到達地点だと思っている。ぼくの昔のポスターはハデだけれど色数は5色以内だ。その後の面白くない作品は全部色数が多過ぎる。多くても単色に見せる技術も必要」

「言葉の過剰な文章が面白くないように絵画も色彩過剰なのは面白くない。セザンヌのようにうんと色数の少ない方が、より多く、より深い内容を伝えることができる。」

「アーティストであると同時に職人であることを忘れちゃダメだ。手間を惜しまないことを、石工の仕事で教えられた。」

「不思議なもので絵をよく描く時に限って本もよく読む。水と油がセットになっているみたいだ。なんでもバランスが必要らしい。だけど両者の間に何もしない空間も必要だ。」

「絵を描きさえすれば「絵」になるわけではない。絵にならない絵ばかりいくら描いても「絵」にならない。「絵」にするためには技術が必要だが、それ以前の「人間」の何かが必要なんだ。口に言えない何かが。例えば死を恐れない——とかそーいうものだ。」

「これは何? 何を描いているの? その意味は? どうして自分で考えない(感じない)で、その前に答えを欲しがるの? そんな人には答えなど絶対言ってあげない。」


*造形の楽しさがたくさん伝わってくる山崎正明さんのブログ「美術と自然と教育と」で、日本の美術教育の存続があやういと、知りました。美術は私が一番好きだった科目。なくなるかもしれないなんて考えられないです。



*大林監督の「この空の花」観たい!すてきなモデル&ママasacoさんのブログで知りました。





*最近友人にHSPでないかと言われて初めて「 High Sensitive Person」という言葉を知りました。単に過度に敏感とか、感受性が強いってことだけでもなさそう。私はシャイではないから、自分の敏感性を克服しようなんて思ったことないし、敏感であることが自分の特質の一つだと単純に受け止めていたので克服しようとかいう考えはこれっぽちっもなかったけれど、探る/知る価値あり。
参考>Elaine Aron  
http://homepage3.nifty.com/hspjapanese-k/index.html
http://www.hsperson.com/
[PR]
by sooona | 2012-06-08 17:16 | 日々

おもいだす日。

明日は母の誕生日。命日の時は亡くなった日を思い出してつらいけれど、誕生日は楽しい思い出がたくさん思い浮かぶ。

小さいとき、母におやつをつくってもらった記憶がなく、私はいつか自分が母になったら、働く母さんになってもおやつはつくってあげられる母さんになりたいと思っていた。でも自分が実際母になってみると、おやつどころか、毎日の料理だって、家のこと全般、超手抜きの私には、フルタイムで働きながら、3人の子を育て、健康に配慮した丁寧な料理をつくってくれた母の半分にも及ばない。しかも、Pと違って全く家庭的でない父。どうやって一人でやりくりしていたのかミラクルに思えて仕方がない。

おいしい思い出がたくさん出てくる。あの料理。この料理。。。もう作り方をきけない料理がたくさんある。でも、今日は母の料理の定番のひとつのロールキャベツをつくった。市販のブイヨンを滅多に使わなかった母は、野菜とお肉だけで十分いい味でしょう、とよくいっていたことを思い出す。

料理だけでなく、スキンケアの事もよく気にしていた母。特に妹がアトピーだったので、小学生の時から私たちは自然化粧品の石けん、ローション、シャンプー、ボディクリーム、を使っていた。界面活性剤のこととか、一般の口紅を使って一生でそれだけ口紅を食べた事になるとか。。。。話してたっけ。実際私もずっとスキンケア、ヘアケア、洗剤類は自然のものを使っているけれど、最近メイクも部分的に自然ものに変えつつ。。。
母の影響はいろいろ及んでいる。でもライフスタイルだけ。
世界でおこる社会問題に対して常に目をむけていて勉強/活動していた母。
私は自分の事で精一杯。
もう一度、話したい。
[PR]
by sooona | 2012-06-05 04:42 | 日々

BBQ日和

BBQとかきながら写真が一枚もないのですが、昨日はPの友人宅でBBQでした。
サイドディッシュのもちよりを何にしようか迷っていましたが、ものすごっく暑いので、さっぱりガスパチョと生春巻きにしたら、とっても好評でうれしかったです。
昨日のBBQといって何が驚いたかって肉が少ないこと!
今までいくつかのBBQパーティーにおじゃましましたが、私の記憶では次々に焼かれるお肉を次々にたらふく食べていくという感じだったのに、ここのお家では、肉は大きなサテー(焼き鳥)1本と、ハンバーグか大きなソーセージ1本どちらかチョイス。以上。びっくりじゃないですか。この量。まずワインやビールで乾杯。30分後にガスパチョと生春巻き。30分たった後に野菜サラダ、ポテトサラダ、フルーツサラダとサテーにパン。また30分たった後にハンバーガーかソーセージか好きな方を選び。また30分後にシナモンとお砂糖をいれた焼きリンゴにアイスクリームをのせたものがでたので、お腹はちょうど良い具合。

正直、ここでお肉はおわりって言われて、内心「え〜〜〜〜〜〜〜〜!にくにく!もっと食べたい!」と思ってしまいましたが、普段のBBQでは何がなんだかわからず食べまくり、飲みまくりお腹いっぱいになりすぎて、という感じなのに、このパーティーではひとつひとつの料理をちょっとずつおいしくいただいて、なんだか気持ちのよいBBQごはんでした。

そして彼らのお庭、ここは公園か!と思うほど遊具が充実していて、子供達は水遊び、砂遊び、すべりだい、木々の裏でかくれんぼ。。。。とあきることなく遊んでいたので、大人達もゆっくりごはんをたべることができました。

親子ともども楽しく疲れて家に帰ると、うれしいメールが。
金曜日からはじまった森本ふみさんの個展、大盛況のようで、どうぶつひらがなポスターも好評のようです。(ここちらのブログで実況中継。)
NYの友達に頼まれて買いにきた方もいらっしゃったようで、「soonaちゃんの友達?」と聞かれましたが、思い当たりません。友人のそのまた友人でしょうか、どなたかわかりませんがありがとうございます!特に宣伝もしていないのに、お友達のお友達を通じて、またブログをみてこのポスターを買ってくださること、本当にうれしいです。それから、Facebookなどで、オンラインショップはいつ始まるのか、かるたにはできないのか、などというお問い合わせも頂いていますが、決まり次第ウェブサイトFacebook pageにてお知らせしますので、どうぶつポスターの情報を受け取りたい方はfacebook pageの「いいね!」を教えてくださいね。
[PR]
by sooona | 2012-05-27 15:37 | 日々

端午

b0193324_4165888.jpg

b0193324_4171972.jpg


先月は家族が順にかぜひいたり、YやPの誕生日パーティーだったり、Pの友人のウェディングパーティーだったりで、どたばたどたばた、ほんとに息つくひまがなかった。

そんな中先週、Pの友人のお父様が突然亡くなった。身近な死によって改めて、家族や友人が健康でいるふつうのことがどれほどありがたいか感じる。
家族がいなくなるってことは、普通にごはんをたべるとき、話すとき、歩くとき、こちらにむかうまなざしがひとつなくなるってこと。普段は意識していないけれど、なんだか、Pやこどもたちをまじまじ眺めてしまう。

b0193324_4181052.jpg

b0193324_4182518.jpg


こどもの日。昔は菖蒲湯はいってたよなあ、となつかしく思う。
うちには兜も何もないけれど、Yのつくったこいのぼりやお友達が用意してくれたおいしいあんこの入った最中で日本の気分。
Yはなぜかこいのぼりが大好きで、昨日も今日も、舌足らずな日本語で
「やねよーりーたかーーいいーーこいのーーぼーーりーーー、
おおきーーなまごいは、おとさーーーあん」と、うたっている。
「おとさん」って!

b0193324_4173442.jpg


5月のあとは、6月。母の好きだったあじさいの季節。
Yが庭でサッカーをしていて、一房おちてしまってので、家の中に。
ももいろが家の隅にあるとほっこりする。

さ、明日から、仕事&勉強モード全開です。


------------------------------------------------
5月5日に日本の原発が全て停止状態になったといううれしいニュース!
[PR]
by sooona | 2012-05-07 04:31 | 日々

映画

ハーレムの図書館の会員になってから、DVDをよく借りるようになった。

ロマン・ポランスキーの『Tess』はナスターシャ・キンスキが美しすぎ。しかしストーリーが暗すぎた。

Emmanuel Mouret監督ははじめてみたけれど、(『Un baiser s'il vous plait』)、エリックロメールとウディアレンを足したような、っていわれるのはぴったりくる。
キスで変わる人生。滑稽でセクシーでかわいい映画だった。
ヴィルジニー・ドワイヨン久しぶりに見たけれど、かわいいなあ。

大学時代と仕事始めの時代にみまくって好きだった映画、というか監督のものがまたみたくてしょうがない。オランダで小津安二郎か成瀬巳喜男のDVD持ってる人いないかなあ。アマゾンで買うにもきりがなさそうだし、DVDを貸し借りする映画クラブとかつくりたいなあ。

子どもが二人になって、昔好きだったこととか、趣味にしていたものがいろいろなくなっているけれど、やっぱり映画が大好き。この時間だけは削れない。映画のポスターのデザインしている時は、毎日映画にふれられること、試写をたくさんみれるありがたさがわかっていなかった。(若い時の愚かな自分に説教したくなってきた。。。。お世話になった師匠や先輩は元気かなあ、と想いにふける。)

今夜は小津安二郎のドキュメンタリーを楽しんでいます。


[PR]
by sooona | 2012-04-01 04:01 | 日々

ダンスと音

今通っているジャズダンスの先生が選ぶ音楽がいつも気分にぴったり。

PINAのサントラからのMy One and Only Loveでしっとり創作踊るのもいいし、BEACH HOUSEのUsed to beでの軽快なステップの練習もいい!





しかし、ダンスするのに、身体がだめだめなので、ビクラムヨガにもいきはじめました。
ホットヨガの元祖で40度の部屋で90分のヨガ。代謝が悪い私でさえどっぷり汗かきました。
どっちも続けられるとよいのだけど。
[PR]
by sooona | 2012-03-30 23:04 | 日々

一歩

b0193324_22511118.jpg

昨日新しい家の契約書にサインをしました。
結局第二候補の家に決めました。
家自体は、古いディテールのたくさん残っている第一候補をとても気にいっていたのですが、家の前に車が通らない事、小学校の選択肢、家のメンテナンスの楽さ、仕事部屋の位置、などを考慮して決断に至りました。

サインするとき、「この建物はモニュメントなので外壁に何もつけてはいけません。例えばアンテナとか。。。」と言われた時はがーん、でしたが。(引っ越したら日本の衛星放送を受信したかったので)

とにかく、新しい生活へ一歩ふみだしました。次の課題は家のリフォームです。
オランダ人って「衣食住」のうち、「衣食」は気にしないのに「住」へのこだわりがすごくて、どの家もいろんなカスタマイズをしています。壁の色ひとつとっても、前に私たちが家をでるとき、新しい住人が壁を全部塗り直すといったので、何色に?ときくと、「白」というんです。元々白い壁なのに。白は白でも、自分たちの好きな白がある。そういうこだわりです。

で、私たちが今回決めた家。住人のセンスが私たちと全く違うので、古くはないにのにたくさんリフォームが必要です。真っ黒なキッチン、真っ黒なフロア、ショッキングピンクの子供部屋、マルチカラーのトイレ。。。。。これらひとつひとつ夏までにマテリアルをリサーチして変えていきます。
大変そうだけど、結構楽しみです。
[PR]
by sooona | 2012-03-27 22:52 | 日々

8周年

b0193324_21495680.jpg

今日はPと結婚して8年目。お祝いは数週間前に友人の個展がオープンすることに便乗してパリに行ってきました。パリの余韻を楽しむ間もなく、Yがかぜひいて、しかも今日で11日目。こんなに長引くのははじめてです。この11日間、1日のほとんどをソファかベッドですごし、泣きわめく日々でした。はじめの1週間はほとんど何も口にすることもなかったけれど、だんだんみそ汁、うどん、韓国のりのおにぎり、パンネクック、アイスクリームは食べれるようになってきました。(こうして書くと、本当に彼はダッチコリアンジャパニーズだなあ。)彼がよくなってきたかと思われるところで、私にもうつり、二人してうんうんうなっていたわけです。母がベッドで休まなきゃ行けない時はPが大変。仕事もしつつ、Nの送り迎え、買い物。ごはんの手伝い。そしてあいまにリンゴのすりおろしをYと私に食べさせてくれたり。

彼のサポートのおかげか、今日はYも私もだいぶよくなってきたと思われ、お天気もとてもよいので、近くの公園へ行ってきました。自分でロープフィッツをこげるくらいだから、もう完治するかなあと思ったものの、公園について数分もたたないうちに、「おなかすいた。つかれた。うちにかえる。歩けない。」と。せっかく、Nがのりのりで歩く練習してるってのに。しかも私にロープフィッツを抱えながらベビーカーをひくエネルギーが今日はなく、家で仕事をしていたPに迎えにきてもらうことに。Pに肩車してもらってYはごきげん。Pと手をつなぐNもごきげん。二人ともパパがだいすき。

今夜は特別なごはんもつくれない記念日だけれど、病気のときに家族がそばにいるということがとてもあたたかく感じる日です。
[PR]
by sooona | 2012-03-21 21:53 | 日々

なんでもない日

b0193324_0274558.jpg


Yが寝込んでなにもたべないで4日間。ないてばかりのY。

b0193324_0272490.jpg


にいちゃん、はやくよくなってくれーーー。

b0193324_0271442.jpg


ぼくとあそんでくれよー。
[PR]
by sooona | 2012-03-15 00:30 | 日々

忘れない。

3年前の3月11日に母が亡くなり、2年前は母のことを思うだけの日だった。
でもあの日から、個人的に悲しむだけの日でなくなった。
フツウにまじめに生きていても、知らないうちにまきこまれる危険なシステムがあることに気づいた1年。
忘れないように/思考をとめないように/亡くなった無垢な魂、今も苦しむ人たちの想いを無駄にしないように/
道をさがしていきたい。
[PR]
by sooona | 2012-03-13 04:05 | 日々