オランダ、ハーレムより。日々のうつくしさ。子どもとたのしいこと。


by sooona

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

リンク

カテゴリ

about アバウト
日々
dutch オランダ
with kids こどもと
travel たび
eat たべる
design デザイン
read よむ
our home いえ
things もの

タグ

twitter

最新の記事

オランダで親子で楽しめること。
at 2014-08-16 04:58
5月休み
at 2014-04-27 06:12
もうこわくない
at 2014-03-17 20:11
ピナバウシュの夢の教室。
at 2014-03-10 05:54
絵本美術館で、sieb po..
at 2014-03-02 05:44
♥ 2014
at 2014-02-15 06:31
Salt Dough Cla..
at 2014-02-05 18:03
とびたくなる、えほん
at 2014-01-31 18:50
quote by Tori ..
at 2014-01-30 06:27
こどものためのダンスパフォー..
at 2014-01-27 02:04

以前の記事

2014年 08月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月

検索

ライフログ


親愛なるキティーたちへ


Pina [DVD]


ファンタジア


0~4歳 わが子の発達に合わせた1日30分間「語りかけ」育児


子どもは動きながら学ぶ 環境による教育のポイント


コウケンテツの鍋、汁もの、煮込み―うまいおかずレシピ50 (別冊すてきな奥さん)


さよなら子供たち [DVD]


分娩台よ、さようなら―あたりまえに産んで、あたりまえに育てたい


ヒバクシャ ~世界の終わりに~ [DVD]


Hable con ella [DVD] [Import]


あいうえおの本 (日本傑作絵本シリ-ズ)


ピナ・バウシュ 夢の教室 [DVD]

フォロー中のブログ

うちの食卓 Non so...
C's projects...
ばーさんがじーさんに作る食卓
アムスのおいしいせいかつ
memo
Cafelumiere
しがない社会福祉士(ジャ...
carbon style
auk
ニューヨーク*ユニオンス...
オランダおいしいくらし
もりふみブログ
オオニシ恭子の薬膳日記
奈良美智の日々
『美食』 by MI-C...
nos petite l...

最新のトラックバック

venussome.com
from venussome.com
venuscozy.com
from venuscozy.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

その他のジャンル

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
住まいとくらし

画像一覧

カテゴリ:日々( 79 )

ピナバウシュの夢の教室。

b0193324_5594385.jpg


いつも、心の中で軸にしている女性が2人いる。一人はピナ・バウシュ。
彼女の振り付けした作品を生でみたのも、彼女が出演をしているフェリーニの映画をみたのも大学生前後。魂が震えるほど、美しくてはかなくて、でも圧倒的に強い世界に、そしてそんなふうに思える女性に出会えた事がうれしかった。彼女が亡くなったあとにヴィム・ヴェンダースが監督した映画『Pina / ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち』をみたのはアムスの映画館で。あれから既に何年たつのだろう。『ピナ』とセットで観たかった『ピナバウシュ 夢の教室』のDVDを先週やっと観る事ができた。

この映画に出演するのは、ダンスの全く経験のないティーネイジャーたち。彼/彼女たちが約1年のピナたちのトレーニングを受けて、舞台で舞う。他人に深く接する事、自分自身を素直に表現する事が恥ずかしい年代の彼らが、成長していく過程がおもしろい。この映画にもでてくるけれど「自分を信じなさい」ということば。まさに、なぜ、私がダンスに魅了されているのかというと、ダンスを通じで「自分を信じる事」また「他人を信じる事」を獲得するトレーニングになっているからなのかもしれない。そして、ダンスをしているときは、いつでも「まだやりなおせる」とも思える。
ピナだって言っている。「失敗してもいい。努力したことが大事。」と。

そしてもう一人の女性というと、キム・メジャ先生。映画のポスターをデザインした、まさにその映画に出演されていたことで、出会った。生まれて初めてしっくりくる動き、というか生き方に出会った気がした。呼吸の仕方一つ、歩き方一つ、何もかもが神がかっているというか。。。考えたら彼女のまわりにいた、そして一緒に練習した仲間は背景や年齢、職業が全く違うのに、何年たって、突然会っても、近況報告が不要なくらい、芯にせまった会話ができるのが不思議だ。彼女の舞踊から得たのは、意識して自分自身を一生懸命生きること。結婚式に贈ってくださったことばのなかにも「あなたのままでずっといなさい。」とある。

2人の作品を生でみてからもう10年がたってしまった。今、また無性に、生であの圧倒的な舞台の場にいきたいと思うのは、何かメッセージが、、、!?





*キムメジャ&チャンムダンスカンパニーのビデオはこちらでシェアしてみました。

note:
金梅子の仕事 山田せつ子インタビュー

[PR]
by sooona | 2014-03-10 05:54 | 日々

♥ 2014

b0193324_6193894.jpg


最近Yは、日本語教室で国旗をならっています。いろいろな国のことに興味をもちだし、何枚も国旗の絵をかき出した頃、オリンピックのテレビで国旗がずらーーと並んでいる事に驚喜している彼。テレビにどこかの旗がでると、一緒に、戸田やすしさんの国旗のえほんをひらいて、国のあてっこゲームをしたりして楽しんでいます。

というわけで、いつもあまりにスポーツ観戦に没頭するPを横目にひやっとしている私ですが、今回のオリンピックはこどもたちとゆるく熱が入っています。こどもたちは、フィギュアの選手のまねをしてテレビの前をぐるぐるまわったり、スケートの選手のまねをしてしゅっしゅっとすべるまねをするのもお気に入り。

そして唯一私が夢中になってしまう競技、フィギュアスケート。
男子、すばらしかったー。各国それぞれの選手の個性をたのしみつつ、高橋選手の美しい演技にうっとり。がんばった人がみせる笑顔ってなんてすてきなんでしょう。

最近、仕事でも、他の事でも、こてんぱんにダメージをうけていたので、なんだか今日はたくさんの元気をもらっちゃいました。今年は特に、身体をきたえて精神を強くする、ということをキーワードにしているので、ヨガもピラティスもダンスもがんばるぞーと燃えてきました。

さて、今日はバレンタイン。
Nとトイレットペーパの芯でスタンプしたり、Yと、義理両親に渡すイチゴチョコつくったり。
(ここまで書いていて。。。しまった!実の父に何もしてないことに、焦るわたし。。。)

b0193324_6155465.jpg

b0193324_616545.jpg

b0193324_6162238.jpg


明日は、友人たちが演奏する、愛がテーマのコンサートをMuziekgebouwまで聞きにいきまーす♪
みなさまも、Happy Valentine's day!

b0193324_6164653.jpg

b0193324_617334.jpg


おまけ:
最近、ダンスの他に、Body and Mindという、ヨガ、ピラティス、太極拳をミックスしたものを習っているのですが、そのレッスンで使われる音楽のひとつ。PinkのTrue Loveをシェアします。これでストレッチすると、あがるのです。
[PR]
by sooona | 2014-02-15 06:31 | 日々

quote by Tori Amos

"There's room for everybody on the planet
to be creative and conscious
if you are your own person.
If you're trying to be like somebody else,
then there isn't."

-Tori Amos



Tori Amosのとってもいい言葉に出会ったので、メモ。

”もし
じぶんじしんでありつづけたら
この世界のどこかに
クリエイティブで
自分を意識できる
場所が
ある。

もし
他のだれかのように
なろうと
したら、
そんな場所は
存在しない。”

勝手に訳してみたけれど、「be creative and conscious 」ってもっとよく訳せないだろうか。
どなたか?:)

ーー

すっごくなつかしくなって、彼女の曲、”Winter”をきいてみたり。

これもいい。

He says,
"When you gonna make up your mind?
When you gonna love you as much as I do?
When you gonna make up your mind?
Cause things are gonna change so fast!
All the white horses have gone ahead."
I tell you that I'll always want you near!
You say that things change...
"My dear..."



しかも!ウェブサイト調べたら今年オランダにくるのねーー!

その前に、Agnes Obelはオランダで何度も公演があるのにチケットがとれない。。。。。


[PR]
by sooona | 2014-01-30 06:27 | 日々

Best wishes for 2014!

b0193324_1194253.jpg


遅ればせながら明けましておめでとうございます。
今年は、飛行機から美しい富士山がみえて、なんだか楽しい年になりそうな予感がしています。

と、いいつつ、年初めから課題が山積みで発狂しそうになりそうでしたが、少し落ち着いてきました。今年は自分に関しても、子どもたちに関しても、毎月小目標を決めて、あわてず落ち着いて、少しずつ小さな達成感を感じていけたらな、と思います。

b0193324_1233836.jpg


さて、先週の日曜日、アムスのキッズグループ、ワンダー☆キッズの新年会がありました。とっても元気で情熱的なママたちが運営するこの会。
おもちつきに、紙芝居、書き初め、たこやこまの工作、絵本の読み聞かせ。。。などともりだくさんの会の中で、私は「カラフル工作」を担当させていただきました。今年の干支の午を千代紙や絵の具、シールなどでビビッドに表現する工作を考えました。

b0193324_1231958.jpg

b0193324_1225258.jpg


私は決して、子どもたちの応対が得意なわけではないので、お話があったときはどうしようかな、ほんとにできるかしら、と悩んでいたのですが、当日はそんな悩みもぶっ飛ぶほど楽しかったです。
子どもたちが、次から次へと想いもかけないレイアウトをしたり、色をぬっているのをみるだけでとても新鮮だったし、どんなふうにしようか小さいクリエイターたちとお話をするのも楽しかったし、「わたし、こんなこと、ずーっとやってみたかったんだあ。」なんてかわいい声を聞いたら、胸きゅん。
こんな機会をくれたワンダー☆キッズに感謝です。
そして強力なクリエイティブ助っ人、kyokoさんemiちゃんに感謝!

b0193324_1311866.jpg



何より、日本から遠い地で、子どもたちがこうして日本のことにふれることのできる、すてきな会でした。
とても楽しい1年のはじまり。
やっぱり今年はよい年になりそう。。。?♪
みなさまにとってもすてきな年になりますように。
[PR]
by sooona | 2014-01-18 01:34 | 日々

秋のさんぽ

b0193324_06394879.jpg
例外でなく、わがやの3歳児、「いやいや」期絶頂です。なにをいっても「のん!」
天使のようなかわいらしい笑顔と声かと思えば、気に入らないと1分後には般若の顔でめっちゃ怒る。
小さいギャングに毎日たじたじの母。
基本的にNは、公園にいっても逃げ出すので(公園の遊具にあまり関心がない)近所の森にいくのが一番。
野生児も、毎度違う顔をもつ自然の中ではおだやかに飽きもせず探検します。

b0193324_06390657.jpg
b0193324_06383424.jpg


ということで、月にどんだけきてるんだろう、っていう感じの近所の森。今日もきれい。
上をみあげれば、木の枝を通した空、下をみれば、落ちた赤い実と枯葉、目にも鮮やかなピンク色の葉っぱと赤い実のコントラスト、全てが豊かなグラフィック模様にみえてくる。こんな色もこんな形もとてもじゃないけれどまねできないなあ、すごいなあ自然は。。。と思う午後。

b0193324_06392472.jpg
b0193324_06385167.jpg
b0193324_07105394.jpg


ベンチに座って一緒にパン食べて、みかんのかわを一緒にむいて、たねをぷぷーっとかだす、、、、
そんなひとときだけがピースフル。
家に帰るとまたギャング。
おもちゃのとんかちをズボンのベルトの穴にいれて、海賊だ!とほえてみたり、
「みて!」と初めてのデュプロでつくったものがピストルだったり、
おそろしくやんちゃでワイルドな彼。
この前は、Yのおもちゃをとった7歳男児にとびかかっておもちゃをとりかえしたり。。。
気が強すぎて、母、汗かきまくり。
Yと違っておうちでゆっくりしずかにお絵描きとかに集中/驚嘆するタイプではないので、なんか毎日異常にエネルギーすいとられている気がして、早くおっきくならないかなあ、と思うそのすぐあと、
でもそうしたら寂しくなるんだよなあ、きっと。
と交互に思う日々です。
b0193324_06395949.jpg

[PR]
by sooona | 2013-11-14 06:51 | 日々

いろいろ。

b0193324_23455073.jpg

b0193324_23451034.jpg


小さな落ち込む出来事がいろいろ重なっている今日この頃。
身体も心の余裕もなくって、もがきまくり。いろいろな役割としての自分に納得できないことが続く事って長くなかったきがするのだけど。

深く、
深呼吸。

ひとつだけいいことがあった。
いくつかの恐怖症をもつ、Y。
そのうち「水」。
小さい頃からプールにも海にも入れない彼。
弟の方が水にとびこむのを恐れなかったり、先に水泳デビューして、彼がこの先、コンプレックスになったらまずいのでは、と、彼も水泳教室デビュー。

同じ年齢のこがみんなばちゃばちゃしているのに、先生の手をふりはらい、泣き叫び、隅っこで、一人くちゃくちゃな顔をしてうずくまっている彼をみてたら、Pも私も胸がいたくて、こっちも泣けてきちゃったけれど、初レッスン最後の方で先生の腕をつかみながらプールの中に入れたのです! (数分だけだし、うらめしい顔をしてこちらをみていたけれど。。。。T_T)
小さな彼だって、ひとつ前進したのだから、私だって。。。。と勇気をもらいました。

b0193324_2346144.jpg

b0193324_23452770.jpg


そして、Yが今日描いた絵。
海藻。深い青だけのこわい海。カラフルな電車のレール。夏の太陽。
赤、青、黄色だけつかって、暗い表情、明るい表情。
いろいろな表情を色で表す彼の絵に、母はいやされています。
[PR]
by sooona | 2013-03-10 23:59 | 日々

Happy 2013!

b0193324_1175713.jpg


遅ればせながら、明けましておめでとうございます。
年末年始を日本で過ごし、オランダに戻りばたばたしていたらあっというまに1月半ば。
今年こそはもっとゆったり日々過ごしたいと思うけれど、子どもが小さいうちは無理なのでしょう。

b0193324_1123473.jpg


日本では着いたとたんに家族全員結膜炎に加えて、Nは水ぼうそう、Yは原因不明のアレルギー反応と、さんざんでしたが、久しぶりの日本、たっぷり満喫してきました。子どもたちがまだ小さいので、行きたいところにも、会いたい人にも充分望みがかなう訳ではありませんが、家族とこの時期を一緒にすごせることに感謝しています。

b0193324_1104329.jpg


長年の友人たちとも、遠いところに住んでいることを感じることなく、たわいもない会話が即座にできる。。。これって本当に宝だなあとつくづく思います。

b0193324_1144778.jpg


最近こちらの更新が鈍っていますが、instagramやFBでも同様、今年もどうぞよろしくお願いします★
[PR]
by sooona | 2013-01-11 01:23 | 日々

映画鑑賞の夜『de rouille et d'os』

iTunesで『de rouille et d'os』をレンタルして観ました。

ディープなストーリーだとわかっていたけれど、目をおおいたくなるシーンがたくさんありました。
でも想像してた通り、私が好きなタイプな映画。。。喜びも悲しみも静かにみつめるまなざしが存在し、光と陰が美しい映画でした。

どうやって生きていきたいか。。。何が大切な事か、、などと、、、、今夜は夫婦で珍しくぽつぽつおしゃべりしました。

共通の話題とか趣味などがない私たちですが、映画を選ぶ時と、映画を見終わった後は結構話が弾みます。映画様様。

『de rouille et d'os(Rust & Bone/(錆と骨))』
ジャック・オーディアール監督
フランス・ベルギー映画
主演:マリオン・コティアール、マチアス・ショーネルツ

*あらすじ:french codeより。
http://www.french-code.com/cinema-de-rouille-et-d’os

http://news.infoseek.co.jp/article/aolcelebrity_20120519_ceaa85fb2ef627b87108
[PR]
by sooona | 2012-11-17 08:29 | 日々

よりみち

b0193324_446324.jpg


Yの学校は今週秋休み。久々にNとYと一緒にちょこちょこ散歩しています。
中でも、近所の植物研究所みたいな場所に、羊やとりがいる場所があるのはしっていたものの、
今回初めて奥に入っていくと。。。

b0193324_4474916.jpg


b0193324_4473360.jpg


なんだこれは!

れんこんみたいな木のアレンジ?

b0193324_4482828.jpg


さらに奥に行くと温室が。
ここに温室があるなんて知らなかったししかも無料。なんだかお得な気分。

しかも。

b0193324_454413.jpg


かめさん発見。

近場にこんなところがあると知ってうれしい散歩帰りでした。

さ、今週末はなんと3つもバースデーパーティーが重なっているのでいろいろな用意に大忙し。
なんといってもそのウチ、一つはNの2歳のパーティー。

今からながーいTo Doリストをつくります。

b0193324_459504.jpg




ー ー ー ー ー

*MEMO> 今週の興味深かった記事など。
- 「TEDxKids@Chiyoda」のつくりかた ー 青木竜太さんインタビュー
- An Awesome Annual Report
- 新型MacBook Proの「環境評価基準」合格に、異議あり

- アルモドバル『私が、いきる肌』
- ガイアの夜明け 【家電ベンチャーからの挑戦状】

- A Trampoline Bridge For Bouncing Across Pris's River Seine

[PR]
by sooona | 2012-10-26 04:56 | 日々

Haarlemmerhoutの森

b0193324_22154429.jpg

b0193324_22193685.jpg



お気に入りの森elswoutからは遠くなってしまったけれど、今日はお花やさんの帰りにちょっと寄り道して、Haarlemerhoutの森へ。

b0193324_2220084.jpg
b0193324_22202385.jpg

b0193324_22291218.jpg



夏がすぎても秋になっても、忙しさは変わらず、特別なところへどこにもいけずにいるけれど、週末ちょこっと、森にくるとほっとする。

b0193324_22223461.jpg
b0193324_22221917.jpg
b0193324_2222576.jpg


それにしても、犬を威嚇しながらおいかけまわし、手でえさをあげるN。

ちっちゃい子犬が少しでもよってきただけで、「ぎゃー」とこわがり、追いかけられると大泣きでパニックになり、PにだきつくY。

この二人の違いはおもしろすぎる。

b0193324_22234487.jpg

b0193324_22235778.jpg


なんだか、最近、来年したいことの事ばかり考えてます。

Laurent ChehereのFlying Housesみたいに、家ごと、いろいろな場所にとんでゆけたらなあ。


“you have to believe that dance is something other than technique. We forget where the movements come from. They are born from life. When you create a new work, the point of departure must be contemporary life -- not existing forms of dance.”
― Pina Bausch
[PR]
by sooona | 2012-10-20 22:25 | 日々