オランダ、ハーレムより。日々のうつくしさ。子どもとたのしいこと。


by sooona

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

カテゴリ

about アバウト
日々
dutch オランダ
with kids こどもと
travel たび
eat たべる
design デザイン
read よむ
our home いえ
things もの

タグ

twitter

最新の記事

オランダで親子で楽しめること。
at 2014-08-16 04:58
5月休み
at 2014-04-27 06:12
もうこわくない
at 2014-03-17 20:11
ピナバウシュの夢の教室。
at 2014-03-10 05:54
絵本美術館で、sieb po..
at 2014-03-02 05:44
♥ 2014
at 2014-02-15 06:31
Salt Dough Cla..
at 2014-02-05 18:03
とびたくなる、えほん
at 2014-01-31 18:50
quote by Tori ..
at 2014-01-30 06:27
こどものためのダンスパフォー..
at 2014-01-27 02:04

以前の記事

2014年 08月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月

検索

ライフログ


親愛なるキティーたちへ


Pina [DVD]


ファンタジア


0~4歳 わが子の発達に合わせた1日30分間「語りかけ」育児


子どもは動きながら学ぶ 環境による教育のポイント


コウケンテツの鍋、汁もの、煮込み―うまいおかずレシピ50 (別冊すてきな奥さん)


さよなら子供たち [DVD]


分娩台よ、さようなら―あたりまえに産んで、あたりまえに育てたい


ヒバクシャ ~世界の終わりに~ [DVD]


Hable con ella [DVD] [Import]


あいうえおの本 (日本傑作絵本シリ-ズ)


ピナ・バウシュ 夢の教室 [DVD]

フォロー中のブログ

うちの食卓 Non so...
C's projects...
ばーさんがじーさんに作る食卓
アムスのおいしいせいかつ
memo
Cafelumiere
しがない社会福祉士(ジャ...
carbon style
auk
ニューヨーク*ユニオンス...
オランダおいしいくらし
もりふみブログ
オオニシ恭子の薬膳日記
奈良美智の日々
『美食』 by MI-C...
nos petite l...

最新のトラックバック

venussome.com
from venussome.com
venuscozy.com
from venuscozy.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

その他のジャンル

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
住まいとくらし

画像一覧

もみのき

b0193324_2345959.jpg


シンタクラースがおわって、今度はクリスマス。
急いでもみの木をかってみんなで飾り付け。

もみの木のよい香りと、ちらちらする光があれば寒い冬も明るくのりきれる。

Nが2歳のとき初めてもみの木を飾り付けたとき、とっても気にいって、朝おきたら速攻、電気のスイッチをつけて、ソファに座ってもみの木をじーっとながめていた光景を思い出す。

b0193324_232844.jpg



でもこのもみの木、1月になって茶色くなってきて、枝がだらーんとたれてき始めるときが本当にせつないんですよね。長い時間かかって大きくなったのに、人間のために切られてたった数週間で死んでしまうのだから。。。そんな風に思っていたらちょうどある日、Yがこんな質問を。

「クリスマスが終わったらもみの木はお店にかえすの?」

クリスマスが終わったらもうもみの木は力をつかいはたして天国にいっちゃうんだよ。というと、いや、お店に返して土にうめればまた生き返れるはず!という。

こういう会話になったとき、つまり「いのちがあるものはいつかいのちがなくなる」「いのちがなくなったものがどうやっててんにのぼっていくのか」ということを話す時、とてもつらくなるけれど、こういう話を素直にできる歳ってなんだかすてきだなあとも思うし、こういう話ができる相手がいることが頼もしい。涙ぐみながら話す私とYを横目に、PとNはきょとんとしていたけれど。

b0193324_23143111.jpg


そういえば、昨日の夜みた、ハーレムの広場の大きいもみの木、風が強かったので、ランプもゆらゆらゆれてそれがとってもきれいでした。

いきているうちに、うつくしく、つよく、まわりの人の心をあたたかくできたらよいなあと。
もみの木をみるとしみじみ思います。
[PR]
by sooona | 2013-12-15 23:16 | with kids こどもと