オランダ、ハーレムより。日々のうつくしさ。子どもとたのしいこと。


by sooona

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

リンク

カテゴリ

about アバウト
日々
dutch オランダ
with kids こどもと
travel たび
eat たべる
design デザイン
read よむ
our home いえ
things もの

タグ

twitter

最新の記事

オランダで親子で楽しめること。
at 2014-08-16 04:58
5月休み
at 2014-04-27 06:12
もうこわくない
at 2014-03-17 20:11
ピナバウシュの夢の教室。
at 2014-03-10 05:54
絵本美術館で、sieb po..
at 2014-03-02 05:44
♥ 2014
at 2014-02-15 06:31
Salt Dough Cla..
at 2014-02-05 18:03
とびたくなる、えほん
at 2014-01-31 18:50
quote by Tori ..
at 2014-01-30 06:27
こどものためのダンスパフォー..
at 2014-01-27 02:04

以前の記事

2014年 08月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月

検索

ライフログ


親愛なるキティーたちへ


Pina [DVD]


ファンタジア


0~4歳 わが子の発達に合わせた1日30分間「語りかけ」育児


子どもは動きながら学ぶ 環境による教育のポイント


コウケンテツの鍋、汁もの、煮込み―うまいおかずレシピ50 (別冊すてきな奥さん)


さよなら子供たち [DVD]


分娩台よ、さようなら―あたりまえに産んで、あたりまえに育てたい


ヒバクシャ ~世界の終わりに~ [DVD]


Hable con ella [DVD] [Import]


あいうえおの本 (日本傑作絵本シリ-ズ)


ピナ・バウシュ 夢の教室 [DVD]

フォロー中のブログ

うちの食卓 Non so...
C's projects...
ばーさんがじーさんに作る食卓
アムスのおいしいせいかつ
memo
Cafelumiere
しがない社会福祉士(ジャ...
carbon style
auk
ニューヨーク*ユニオンス...
オランダおいしいくらし
もりふみブログ
オオニシ恭子の薬膳日記
奈良美智の日々
『美食』 by MI-C...
nos petite l...

最新のトラックバック

venussome.com
from venussome.com
venuscozy.com
from venuscozy.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

その他のジャンル

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
住まいとくらし

画像一覧

ふたり

b0193324_17235454.jpg

b0193324_1725382.jpg


雨上がりの庭で一生懸命かたつむりをみつけては、「ともだちといっしょにしてあげる」と言い、一つの場所に集めるY。それをけらけら笑いながらみているN。

b0193324_1725592.jpg


かといえば熟していないプラムをとって、ころがしたり、食べるマネしてまたけらけら。
なんでも二人ですると楽しいのかな。

b0193324_17265439.jpg


毎日NにいたずらするYを怒るのに疲れるけれど、数秒後には二人仲良く笑ってる。
NはいっつもYのあとを追い、行動も、表情も、なんでもマネをする。
くっついてくる弟にうれしくてYはNをさらに喜ばせようとする。
天気が悪くて落ち込む日々だけど、二人をみてるとほっこりする。

以下、ランダムに気になったこと/ことばなど。

*横尾忠則さんツイートよりメモ。

「マチスの「赤い部屋」をよく見ると赤の下には補色の緑が薄く塗られているのが解る。その反対色のために赤がより赤を強調する。いい絵はほとんど確信犯的に描かれているものだ。」

「セザンヌの絵の筆致ひとつひとつに想念を感じる。筆致ひとつひとつが視覚言語になっているのがよく解る。見る者はその筆致と会話していることに気づき始める。するとセザンヌが俄然面白くなってくる。」

「描けば描くほど複雑になる。とことん複雑になった挙句、急にシンプルに向かう。忍耐がないとシンプルまで中々到達しない。」

「絵を描き始めるのに時間がかかるが、終りを決定するのはもっと時間がかかる。」

「そーいう意味でセザンヌは最終的な到達地点だと思っている。ぼくの昔のポスターはハデだけれど色数は5色以内だ。その後の面白くない作品は全部色数が多過ぎる。多くても単色に見せる技術も必要」

「言葉の過剰な文章が面白くないように絵画も色彩過剰なのは面白くない。セザンヌのようにうんと色数の少ない方が、より多く、より深い内容を伝えることができる。」

「アーティストであると同時に職人であることを忘れちゃダメだ。手間を惜しまないことを、石工の仕事で教えられた。」

「不思議なもので絵をよく描く時に限って本もよく読む。水と油がセットになっているみたいだ。なんでもバランスが必要らしい。だけど両者の間に何もしない空間も必要だ。」

「絵を描きさえすれば「絵」になるわけではない。絵にならない絵ばかりいくら描いても「絵」にならない。「絵」にするためには技術が必要だが、それ以前の「人間」の何かが必要なんだ。口に言えない何かが。例えば死を恐れない——とかそーいうものだ。」

「これは何? 何を描いているの? その意味は? どうして自分で考えない(感じない)で、その前に答えを欲しがるの? そんな人には答えなど絶対言ってあげない。」


*造形の楽しさがたくさん伝わってくる山崎正明さんのブログ「美術と自然と教育と」で、日本の美術教育の存続があやういと、知りました。美術は私が一番好きだった科目。なくなるかもしれないなんて考えられないです。



*大林監督の「この空の花」観たい!すてきなモデル&ママasacoさんのブログで知りました。





*最近友人にHSPでないかと言われて初めて「 High Sensitive Person」という言葉を知りました。単に過度に敏感とか、感受性が強いってことだけでもなさそう。私はシャイではないから、自分の敏感性を克服しようなんて思ったことないし、敏感であることが自分の特質の一つだと単純に受け止めていたので克服しようとかいう考えはこれっぽちっもなかったけれど、探る/知る価値あり。
参考>Elaine Aron  
http://homepage3.nifty.com/hspjapanese-k/index.html
http://www.hsperson.com/
[PR]
by sooona | 2012-06-08 17:16 | 日々