オランダ、ハーレムより。日々のうつくしさ。子どもとたのしいこと。


by sooona

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

リンク

カテゴリ

about アバウト
日々
dutch オランダ
with kids こどもと
travel たび
eat たべる
design デザイン
read よむ
our home いえ
things もの

タグ

twitter

最新の記事

オランダで親子で楽しめること。
at 2014-08-16 04:58
5月休み
at 2014-04-27 06:12
もうこわくない
at 2014-03-17 20:11
ピナバウシュの夢の教室。
at 2014-03-10 05:54
絵本美術館で、sieb po..
at 2014-03-02 05:44
♥ 2014
at 2014-02-15 06:31
Salt Dough Cla..
at 2014-02-05 18:03
とびたくなる、えほん
at 2014-01-31 18:50
quote by Tori ..
at 2014-01-30 06:27
こどものためのダンスパフォー..
at 2014-01-27 02:04

以前の記事

2014年 08月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月

検索

ライフログ


親愛なるキティーたちへ


Pina [DVD]


ファンタジア


0~4歳 わが子の発達に合わせた1日30分間「語りかけ」育児


子どもは動きながら学ぶ 環境による教育のポイント


コウケンテツの鍋、汁もの、煮込み―うまいおかずレシピ50 (別冊すてきな奥さん)


さよなら子供たち [DVD]


分娩台よ、さようなら―あたりまえに産んで、あたりまえに育てたい


ヒバクシャ ~世界の終わりに~ [DVD]


Hable con ella [DVD] [Import]


あいうえおの本 (日本傑作絵本シリ-ズ)


ピナ・バウシュ 夢の教室 [DVD]

フォロー中のブログ

うちの食卓 Non so...
C's projects...
ばーさんがじーさんに作る食卓
アムスのおいしいせいかつ
memo
Cafelumiere
しがない社会福祉士(ジャ...
carbon style
auk
ニューヨーク*ユニオンス...
オランダおいしいくらし
もりふみブログ
オオニシ恭子の薬膳日記
奈良美智の日々
『美食』 by MI-C...
nos petite l...

最新のトラックバック

venussome.com
from venussome.com
venuscozy.com
from venuscozy.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

その他のジャンル

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
住まいとくらし

画像一覧

おもいだす日。

明日は母の誕生日。命日の時は亡くなった日を思い出してつらいけれど、誕生日は楽しい思い出がたくさん思い浮かぶ。

小さいとき、母におやつをつくってもらった記憶がなく、私はいつか自分が母になったら、働く母さんになってもおやつはつくってあげられる母さんになりたいと思っていた。でも自分が実際母になってみると、おやつどころか、毎日の料理だって、家のこと全般、超手抜きの私には、フルタイムで働きながら、3人の子を育て、健康に配慮した丁寧な料理をつくってくれた母の半分にも及ばない。しかも、Pと違って全く家庭的でない父。どうやって一人でやりくりしていたのかミラクルに思えて仕方がない。

おいしい思い出がたくさん出てくる。あの料理。この料理。。。もう作り方をきけない料理がたくさんある。でも、今日は母の料理の定番のひとつのロールキャベツをつくった。市販のブイヨンを滅多に使わなかった母は、野菜とお肉だけで十分いい味でしょう、とよくいっていたことを思い出す。

料理だけでなく、スキンケアの事もよく気にしていた母。特に妹がアトピーだったので、小学生の時から私たちは自然化粧品の石けん、ローション、シャンプー、ボディクリーム、を使っていた。界面活性剤のこととか、一般の口紅を使って一生でそれだけ口紅を食べた事になるとか。。。。話してたっけ。実際私もずっとスキンケア、ヘアケア、洗剤類は自然のものを使っているけれど、最近メイクも部分的に自然ものに変えつつ。。。
母の影響はいろいろ及んでいる。でもライフスタイルだけ。
世界でおこる社会問題に対して常に目をむけていて勉強/活動していた母。
私は自分の事で精一杯。
もう一度、話したい。
[PR]
by sooona | 2012-06-05 04:42 | 日々