オランダ、ハーレムより。日々のうつくしさ。子どもとたのしいこと。


by sooona

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

リンク

カテゴリ

about アバウト
日々
dutch オランダ
with kids こどもと
travel たび
eat たべる
design デザイン
read よむ
our home いえ
things もの

タグ

twitter

最新の記事

オランダで親子で楽しめること。
at 2014-08-16 04:58
5月休み
at 2014-04-27 06:12
もうこわくない
at 2014-03-17 20:11
ピナバウシュの夢の教室。
at 2014-03-10 05:54
絵本美術館で、sieb po..
at 2014-03-02 05:44
♥ 2014
at 2014-02-15 06:31
Salt Dough Cla..
at 2014-02-05 18:03
とびたくなる、えほん
at 2014-01-31 18:50
quote by Tori ..
at 2014-01-30 06:27
こどものためのダンスパフォー..
at 2014-01-27 02:04

以前の記事

2014年 08月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月

検索

ライフログ


親愛なるキティーたちへ


Pina [DVD]


ファンタジア


0~4歳 わが子の発達に合わせた1日30分間「語りかけ」育児


子どもは動きながら学ぶ 環境による教育のポイント


コウケンテツの鍋、汁もの、煮込み―うまいおかずレシピ50 (別冊すてきな奥さん)


さよなら子供たち [DVD]


分娩台よ、さようなら―あたりまえに産んで、あたりまえに育てたい


ヒバクシャ ~世界の終わりに~ [DVD]


Hable con ella [DVD] [Import]


あいうえおの本 (日本傑作絵本シリ-ズ)


ピナ・バウシュ 夢の教室 [DVD]

フォロー中のブログ

うちの食卓 Non so...
C's projects...
ばーさんがじーさんに作る食卓
アムスのおいしいせいかつ
memo
Cafelumiere
しがない社会福祉士(ジャ...
carbon style
auk
ニューヨーク*ユニオンス...
オランダおいしいくらし
もりふみブログ
オオニシ恭子の薬膳日記
奈良美智の日々
『美食』 by MI-C...
nos petite l...

最新のトラックバック

venussome.com
from venussome.com
venuscozy.com
from venuscozy.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

その他のジャンル

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
住まいとくらし

画像一覧

迷走中

b0193324_20132754.jpg

家探し終盤と思いきや。。。。

2件の家にはしぼれた。第一候補は、古くてクラシックな家自体と、街の中心に近いところが気にいっている。第二候補は、広場やショッピングセンターが近くにある家族フレンドリーな場所。レイアウトは気にいっているが、新しいアパートに囲まれているので少々味気ない。第一候補と、第二候補、それぞれ魅力的な点、心配な点があり、どちらも甲乙つけがたいが、どちらかというと、家に入ったとたん、住む感じが予想でき、家自体が気にいっている第一候補の方にかたむいていた。

週末、両方の家を2階目内見。実際みにいくと、なんとPも私も第二候補の方が印象がよくなっている。理由は、第二候補の家の前は自転車をとめやすいこと、仕事部屋が2階にあるのが理想的なこと、近くに広場があるのでこどもたちにとって安全で便利だということ。でも家自体は第一候補の方が好み。街の中心に近いのもフットワークが軽くなってよい。。。。ということで、話し合いが振り出しに戻ってしまった。私は細かいことにいろいろ気がつくタイプだから、いつも最終的な決断はPがする。けれども、彼も最近、仕事がめちゃくちゃ忙しいので決断力がにぶっていて。もうこんなに悩むのなら、購入を延期しようかとまで話した。

でも最後の手段。第一候補と第二候補の近所の学校をみれば、決めてとなるだろう、と。

第一候補の家の近くの学校は既に見学済み。あまり印象がよくなかったので、ちょっと遠目の他の学校もみにいったけれどいまいち。

本日、第二候補家の近くの学校説明会へ。これが!すごくいい学校で!まず説明する先生が感じがよかった。今まで、3つの特色の違う学校をみてきたけれど、先生の説明の仕方と内容でその学校のビジョンがよくみえてくるし、教室の中のレイアウトからもいろいろ想像できる。今日みた学校は教室の中にロフト部分とか、テーマのコーナー(野菜やさんとか)があって楽しそうだし、特に生のアートやパフォーマンスにふれることに力をいれていることにも好感をもった。ああ、ここで私ももう一度学校にいきたい、なんて思ったりも。

以前は、オランダの小学校ならたいがいのびのびしていて、自立を尊重していてどの学校でもいいはずだ、なんて思っていた。実際、YやNにとってはどの学校にいってもほとんど変わらないと思う。でも、ここまで自分が違う感触をうけたのがびっくりする。特にオランダ語がつたないくせに伝えたいこと、聞きたいことがたくさんある私の場合は、先生とのコミュニケーションがとても大事なので、「私自身」が学校に対してよいフィーリングをもつ、ビジョンに共感することが大事だと思っている。Pもとても気にいって、もうこの学校に決まり!ということは、家も第二候補に決まり!と思い、さっそくウェイリングリストにいれてもらう。しかし、、、、ウェイリングリスト、15人。。。。ほぼ入学できる確率はないという。T_T

そうなのだ。オランダでは、2歳から小学校の登録がはじまる。私たちは引っ越しを重ねてきたので、この地域の学校に登録していなかった。入学年齢4歳がYには目前、しかも人気の学校なので、既にウェイティングリストはいっぱいなのだ。4、5歳の幼稚部は他の学校にひとまず行き、6歳から転校できるのでは?と尋ねると、残念ながらそういうケースはほとんどありません、ほぼ無理だといってよいでしょう、と。Pも私も顔が青白くなる。せっかく決心できたのに。。。。

帰りの車の中でPとけんか。Pがオランダのウェイティングリストのシステムをもっと重くうけとめるべきで、早く行動に移すべきだったとか、どちらの家を選んでも近くのどの小学校にも入れなかったらどうするのか、とかなんたらかんたら。。。

けれど、もう私たちの中で学校とエリアを考え合わせると第二候補の家にしたいということは決まったかんじがする。

あとは、無理な壁をプッシュするのみ。というのは、オランダは、日本と違ってあいまいに可能性があることをほのめかさず「無理だ」と即答することが多いが、いろいろな理由で手紙を書いたり、プッシュすれば、要望をうけいれてくれることもある。(と、P、まだ楽観的)

ということで、まだまだ家と学校が決まる時間がかかりそう。

それにしても、ブログに向かえる時間が本当にうれしい。自分のぐっちゃぐっちゃな頭の中を整理するのに役立つので。(読んでいる人にとってはぐだぐだした文を読むのは迷惑でしょうが、あしからず。)

===========================================
こちらで告知していますが、アーティストの友人達が311に関するイベントを準備しています。日曜日にアムスにいらっしゃる方はぜひお越しを!
[PR]
by sooona | 2012-03-06 20:23 | 日々