オランダ、ハーレムより。日々のうつくしさ。子どもとたのしいこと。


by sooona

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

リンク

カテゴリ

about アバウト
日々
dutch オランダ
with kids こどもと
travel たび
eat たべる
design デザイン
read よむ
our home いえ
things もの

タグ

twitter

最新の記事

オランダで親子で楽しめること。
at 2014-08-16 04:58
5月休み
at 2014-04-27 06:12
もうこわくない
at 2014-03-17 20:11
ピナバウシュの夢の教室。
at 2014-03-10 05:54
絵本美術館で、sieb po..
at 2014-03-02 05:44
♥ 2014
at 2014-02-15 06:31
Salt Dough Cla..
at 2014-02-05 18:03
とびたくなる、えほん
at 2014-01-31 18:50
quote by Tori ..
at 2014-01-30 06:27
こどものためのダンスパフォー..
at 2014-01-27 02:04

以前の記事

2014年 08月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月

検索

ライフログ


親愛なるキティーたちへ


Pina [DVD]


ファンタジア


0~4歳 わが子の発達に合わせた1日30分間「語りかけ」育児


子どもは動きながら学ぶ 環境による教育のポイント


コウケンテツの鍋、汁もの、煮込み―うまいおかずレシピ50 (別冊すてきな奥さん)


さよなら子供たち [DVD]


分娩台よ、さようなら―あたりまえに産んで、あたりまえに育てたい


ヒバクシャ ~世界の終わりに~ [DVD]


Hable con ella [DVD] [Import]


あいうえおの本 (日本傑作絵本シリ-ズ)


ピナ・バウシュ 夢の教室 [DVD]

フォロー中のブログ

うちの食卓 Non so...
C's projects...
ばーさんがじーさんに作る食卓
アムスのおいしいせいかつ
memo
Cafelumiere
しがない社会福祉士(ジャ...
carbon style
auk
ニューヨーク*ユニオンス...
オランダおいしいくらし
もりふみブログ
オオニシ恭子の薬膳日記
奈良美智の日々
『美食』 by MI-C...
nos petite l...

最新のトラックバック

venussome.com
from venussome.com
venuscozy.com
from venuscozy.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

その他のジャンル

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
住まいとくらし

画像一覧

N、1歳のたんじょうび

b0193324_0205981.jpg

b0193324_0211668.jpg


N、1歳のたんじょうびを迎えました。
前日は、友人の娘ちゃんの誕生パーティーがあって、大勢の子どもたちとにぎやかにパーティーだったので、家族だけのパーティーってさみしかったかなあ、なんて一瞬思いましたが、少人数(それでも大人7人)のためにケーキやいたり料理したりするだけでも、身体消耗しきってまして、ほんとお友達よんでパーティー開く両親たちすごすぎだわーと実感。

b0193324_0221068.jpg


1歳の誕生日。韓国ではトルチャンチといって、ハンボク(伝統的な韓服)を着せます。
このハンボクは、Yが1歳のとき妹がプレゼントしてくれたもの。本当は母がYの1歳の誕生日をすごく楽しみにしていて、「ハンボクは着るの?私がプレゼントするからね。」ってずっといっていたものの、1歳のお祝いの前に亡くなったので、かわりに妹が送ってくれたもの。とてもなつかしくて、この服を見ただけでも今まで自分が母になってからの数年の思い出がいろいろよみがえり涙がでそうになりました。Nを妊娠中、おんなのこでなかったことに残念がったけれども、こうして、おとこのこ同士で、思い出のあるものを二人で着ていくのも、いいものだなあと思いました。


b0193324_021316.jpg

b0193324_0215429.jpg


誕生日の前日はふたつのケーキを焼きました。王道のイチゴのケーキと、パンプキンタルト。
なぜかというと、Nの誕生日はオランダでは30日だけれど、韓国時間では31日で戸籍上はハロウィンの日うまれだからです。ハロウィンなんて今まで意識したこともなかったけれど、これも縁なので、一緒にたのしんじゃおうと、パンプキンを使ったあとは、カットしてキャンドルにもしました。案の定、Yは、これに大喜び。「おばけこわい〜〜、いや、こわくない!ぼくはつよいんだ!」なんていっちゃって。初めてパンプキンタルトつくったけれど、簡単で素朴な味ですっごくおいしかったー。スポンジケーキをつくるのは毎回本当に気苦労で、つかれきってデコレーションはいつも手抜き。日本だったらおいしいケーキがどこでも気軽に手に入るけれどオランダではそうもいかないので、いつも手作りになってしまうけれど、まあ、これが結果あたたかいプレゼントになっているのでしょうか。

b0193324_0225334.jpg

b0193324_0224050.jpg


誕生日プレゼントをみんなでNに渡すとき、想像通り、Yは不機嫌に。
この日がNのたんじょうびだってことがいまいちわかっていないのです。
いっしょうけんめい「ぼくも3歳になったんだよ!」って。。。
なので、Yに用意した小さなプレゼントが役にたちました。
Nは、Yのおふるがたくさんあって、ものがあまり必要でないけれど、やっぱり自分のもの!といえるようにしてあげたいので、あとでインテリアとして使える木の大きめのトラックを、Yにはちいさなトラックを。これでけんかしなくてすみます。

b0193324_0241245.jpg


誕生日の最後には、Yの誕生日のときにすっかり忘れたトルチャビを。
韓国の昔からの習慣で、弓やノート、刀などをおいて、その中で一番最初にとったもので、将来を占うもの。今は現代的に応用しているみたいなので、うちも現代風に勝手にPが解釈してものを用意しました。
辞書→学者、マウス→プログラマー、筆→アーティスト、糸→ファッションデザイナー(本当はこれは長生きの象徴なんだけれど)、定規→建築家、サングラス→俳優、お金→豊かに。Pが選んだ物が、普通親がえらばないものでおもしろかった。一般的には、医者とか弁護士とか先生とかの職業を入れると思うのだけど、Pは自分がまじめな職業だから、息子にクリエイティブで華やかな仕事を望んでいるのかも。さて、Nは何をとったでしょう?定規です。ひそかに、私とPが一番とってほしかった。。。笑。
そしてYは?辞書でした。将来どうなるかは別にしても、こんな遊びを1歳の誕生日にやったんだよとなつかし話をするときがくると思うと楽しみです。

そうそう、今回、ぽんぽんとお花を黄色にあわせたのですが、これは、黄色のように、元気に活発にきらきら輝く日々をすごせますように、との願いをこめて。

誕生日はいつもいろいろなことを思いますが、1歳は特に特別。Nにはじめて会ってたった1年、Nの親になってたった1年。お互いおつかれさま。そしてこれからもよろしくね。

最後にたまたまYが1歳のときのブログをみて思い出したこの曲きいたり。
[PR]
by sooona | 2011-11-02 00:24 | 日々