オランダ、ハーレムより。日々のうつくしさ。子どもとたのしいこと。


by sooona

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

カテゴリ

about アバウト
日々
dutch オランダ
with kids こどもと
travel たび
eat たべる
design デザイン
read よむ
our home いえ
things もの

タグ

twitter

最新の記事

オランダで親子で楽しめること。
at 2014-08-16 04:58
5月休み
at 2014-04-27 06:12
もうこわくない
at 2014-03-17 20:11
ピナバウシュの夢の教室。
at 2014-03-10 05:54
絵本美術館で、sieb po..
at 2014-03-02 05:44
♥ 2014
at 2014-02-15 06:31
Salt Dough Cla..
at 2014-02-05 18:03
とびたくなる、えほん
at 2014-01-31 18:50
quote by Tori ..
at 2014-01-30 06:27
こどものためのダンスパフォー..
at 2014-01-27 02:04

以前の記事

2014年 08月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月

検索

ライフログ


親愛なるキティーたちへ


Pina [DVD]


ファンタジア


0~4歳 わが子の発達に合わせた1日30分間「語りかけ」育児


子どもは動きながら学ぶ 環境による教育のポイント


コウケンテツの鍋、汁もの、煮込み―うまいおかずレシピ50 (別冊すてきな奥さん)


さよなら子供たち [DVD]


分娩台よ、さようなら―あたりまえに産んで、あたりまえに育てたい


ヒバクシャ ~世界の終わりに~ [DVD]


Hable con ella [DVD] [Import]


あいうえおの本 (日本傑作絵本シリ-ズ)


ピナ・バウシュ 夢の教室 [DVD]

フォロー中のブログ

うちの食卓 Non so...
C's projects...
ばーさんがじーさんに作る食卓
アムスのおいしいせいかつ
memo
Cafelumiere
しがない社会福祉士(ジャ...
carbon style
auk
ニューヨーク*ユニオンス...
オランダおいしいくらし
もりふみブログ
オオニシ恭子の薬膳日記
奈良美智の日々
『美食』 by MI-C...
nos petite l...

最新のトラックバック

venussome.com
from venussome.com
venuscozy.com
from venuscozy.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

その他のジャンル

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
住まいとくらし

画像一覧

つくるひと、こわすひと。

b0193324_23355933.jpg

最近、いろいろなおもちゃを組み合わせて、じぶんなりのまちをつくっているY。ちょっと前まではしなかったような積み木の組み合わせとかにびっくりする。自分でもじょうずにできたと思っていはじめているので、つくったあとは、「こわしちゃだめだよ」という。積み木をつみあげるようになったばかりの頃は、積み上げては自分でこわしておもしろがっていたのにね。今は「守り」にはいっているということなのかな。しかし、すかさず、ベイビーNは容赦なく、Yのつくりあげたものをこわしてよろこぶ。Yは激怒するけれど、Nにとっては、こわしているという気がなくて、ものにさわって、ばらばらになった音が何ともいえず、その行為自体がNのおもちゃだから仕方ない。二人は真剣に、つくっては、こわし、つくっては、こわし。。。。

b0193324_23361426.jpg

この光景をみていて、ふと思う。何度もつくってよくできたと思っても、その状態にずっと満足しないで、また壊してあたらしいものをつくれる人がアーティストなんだろうな。いや、アーティストでなくとも、仕事でも、家事でも、子育てでも、毎日同じことをしているようにみえても、今の状態に甘んじないで少し工夫をするとか、5分前と5分後、今日と昨日と、今年と来年と、少しでも違ったこと/新しいこと/難しいことにトライすることって大事だよな、と二人が遊んでいる姿をみて改めて思った。

遊びつながりで、もうひとつ。おままごとって、どうして(特に日本の)「おんなのこようです」っていうようなあからさまな色使いが多いのだろう。いまどき男性だって料理するのに。うちは兄弟で弟が一番料理がうまいし。以前、妹がYとNにくれたおもちゃの電子レンジはいかにも女のこなピンク。ピンクだっていろいろなトーンがあるし、いろいろな組み合わせでもちろん男の子にだってOKだと思う。実際、YもNもピンクの服も花柄の服もある。ただ、もうつくった人が明らかに、「これはおとこのこようです」「これはおんなのこようです」っていう色使いを見ると、すごくせつなくなる。こどものうちからそうやって、「おんなのこは○○○」「おとこのこは○○○」ってきめつけが育ってしまうようなおもちゃって。。。と、おもちゃごとき、されどおもちゃについてぶつぶつ。。。。いつかおもちゃのカラリングのプロジェクトしたいな。私だったら、おとこのこ、おんなのこ、というポイントからでなくて、温かい色と冷たい色の組み合わせ、色の質感の違いの組み合わせで色を考えると思う。

b0193324_23353880.jpg



*先週アムスで映画『PINA 3D』をみてきました。感激!感想はこちら。
[PR]
by sooona | 2011-09-27 23:49 | with kids こどもと