オランダ、ハーレムより。日々のうつくしさ。子どもとたのしいこと。


by sooona

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

リンク

カテゴリ

about アバウト
日々
dutch オランダ
with kids こどもと
travel たび
eat たべる
design デザイン
read よむ
our home いえ
things もの

タグ

twitter

最新の記事

オランダで親子で楽しめること。
at 2014-08-16 04:58
5月休み
at 2014-04-27 06:12
もうこわくない
at 2014-03-17 20:11
ピナバウシュの夢の教室。
at 2014-03-10 05:54
絵本美術館で、sieb po..
at 2014-03-02 05:44
♥ 2014
at 2014-02-15 06:31
Salt Dough Cla..
at 2014-02-05 18:03
とびたくなる、えほん
at 2014-01-31 18:50
quote by Tori ..
at 2014-01-30 06:27
こどものためのダンスパフォー..
at 2014-01-27 02:04

以前の記事

2014年 08月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月

検索

ライフログ


親愛なるキティーたちへ


Pina [DVD]


ファンタジア


0~4歳 わが子の発達に合わせた1日30分間「語りかけ」育児


子どもは動きながら学ぶ 環境による教育のポイント


コウケンテツの鍋、汁もの、煮込み―うまいおかずレシピ50 (別冊すてきな奥さん)


さよなら子供たち [DVD]


分娩台よ、さようなら―あたりまえに産んで、あたりまえに育てたい


ヒバクシャ ~世界の終わりに~ [DVD]


Hable con ella [DVD] [Import]


あいうえおの本 (日本傑作絵本シリ-ズ)


ピナ・バウシュ 夢の教室 [DVD]

フォロー中のブログ

うちの食卓 Non so...
C's projects...
ばーさんがじーさんに作る食卓
アムスのおいしいせいかつ
memo
Cafelumiere
しがない社会福祉士(ジャ...
carbon style
auk
ニューヨーク*ユニオンス...
オランダおいしいくらし
もりふみブログ
オオニシ恭子の薬膳日記
奈良美智の日々
『美食』 by MI-C...
nos petite l...

最新のトラックバック

venussome.com
from venussome.com
venuscozy.com
from venuscozy.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

その他のジャンル

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
住まいとくらし

画像一覧

自由な絵

b0193324_092322.jpg
大人になると、使う色も、筆の運び方も、鉛筆やクレヨンで描く力加減も、しみついている癖のために同じことの繰り返し。でもこどもは、全くゼロの地点から、そのときそのままの思いで自由に表現する。Yの絵をみていると、いろいろな意味で刺激をうける。私が絶対使わないだろう補色関係の色使い。思いもよらない、もののかたち。この自由さがうらやましい。

私は小学校前に絵を習い始め、中学年で油絵を始めたのだけれど、いつも最後に先生が直してくれるその一筆でのおかげで陰影も遠近もとても「らしく」なった絵をみて、両親や友達にいくらほめられても「もう、これは自分の絵ではない」と思って微妙な気持ちでいた。大人が親切心で助けてくれたそのほんのちょっとの加筆は、大人にとって正しいのかもしれないのだけれど、へんてこでも、こどもにとって愛着のある自分だけの絵は、どこかへいってしまう。

そんな思い出もあるので、私はなるべく彼の横でリアリスティックな車やおうちを描くのを避けている。いったん彼が「ママが上手にかける」と知ってしまった、車と鯉のぼりは、自分はかけない/かきたくないと思い込んでそれを描くときは私にせがむようになってしまったけれど。リアリスティックな絵はいつでも描けるようになるんだから、今はおもいっきり、自分の思う絵を描いてほしいし、そんな絵をこれからいろいろ見られると思うと楽しみ。

b0193324_2252485.jpg
上のは、おとといYの描いた、くじら。
いいなあ。
[PR]
by sooona | 2011-07-26 21:29 | with kids こどもと