オランダ、ハーレムより。日々のうつくしさ。子どもとたのしいこと。


by sooona

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

リンク

カテゴリ

about アバウト
日々
dutch オランダ
with kids こどもと
travel たび
eat たべる
design デザイン
read よむ
our home いえ
things もの

タグ

twitter

最新の記事

オランダで親子で楽しめること。
at 2014-08-16 04:58
5月休み
at 2014-04-27 06:12
もうこわくない
at 2014-03-17 20:11
ピナバウシュの夢の教室。
at 2014-03-10 05:54
絵本美術館で、sieb po..
at 2014-03-02 05:44
♥ 2014
at 2014-02-15 06:31
Salt Dough Cla..
at 2014-02-05 18:03
とびたくなる、えほん
at 2014-01-31 18:50
quote by Tori ..
at 2014-01-30 06:27
こどものためのダンスパフォー..
at 2014-01-27 02:04

以前の記事

2014年 08月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月

検索

ライフログ


親愛なるキティーたちへ


Pina [DVD]


ファンタジア


0~4歳 わが子の発達に合わせた1日30分間「語りかけ」育児


子どもは動きながら学ぶ 環境による教育のポイント


コウケンテツの鍋、汁もの、煮込み―うまいおかずレシピ50 (別冊すてきな奥さん)


さよなら子供たち [DVD]


分娩台よ、さようなら―あたりまえに産んで、あたりまえに育てたい


ヒバクシャ ~世界の終わりに~ [DVD]


Hable con ella [DVD] [Import]


あいうえおの本 (日本傑作絵本シリ-ズ)


ピナ・バウシュ 夢の教室 [DVD]

フォロー中のブログ

うちの食卓 Non so...
C's projects...
ばーさんがじーさんに作る食卓
アムスのおいしいせいかつ
memo
Cafelumiere
しがない社会福祉士(ジャ...
carbon style
auk
ニューヨーク*ユニオンス...
オランダおいしいくらし
もりふみブログ
オオニシ恭子の薬膳日記
奈良美智の日々
『美食』 by MI-C...
nos petite l...

最新のトラックバック

venussome.com
from venussome.com
venuscozy.com
from venuscozy.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

その他のジャンル

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
住まいとくらし

画像一覧

保育園スタート。

b0193324_430493.jpg


今月から保育園がはじまりました。
託児所は朝から夕方まで預けられ、ごはんもおやつも飲み物もおむつも全て用意してくれます。イベントも音楽会、季節にあわせただしもの、農場めぐりなどなどバリエーションに富んでいます。
一方保育園の方は朝8.45-11.45までと午前中のみ。おやつ(フルーツ)と飲み物、おむつを自分で用意していきます。それでも、元気いっぱいの2歳児、午前中にたっぷり保育園で遊んでくると、お昼食べた後はたっぷり3時間お昼寝してくれるので、母としてはかなり楽に。

水筒とおやつの入ったバッグをもつYをみたら急に大きな少年になったような気がしました。朝、水筒とバッグを用意すると、自ら「僕の!」といって、玄関に走っていきます。それにYは、生後からPの両親、弟妹、友人たちによく預けているせいか、とても社交的。保育園の初日も元気にすんなりなじんでくれてほっと一安心。

でも、2日目からはちょっと感じが違いました。泣きはしないまでも、なんだかあまり保育園のドアに近づきたくないような。。。。きっと先生がだめなのかなあ。アムスでは外国人の先生がいっぱいいて、その中でも情があつくていつも元気にあいさつをする先生が私もわたしもわたしもYもお気に入りだったのですが、今回の保育園は、ちょっと表情が硬いドライな先生ばかり。ちょこっと心配です。でも、こうやって、家でない、居心地の100%よくない場所もあるんだってことを学ぶのはよいことかもしれません。

最近、日本で保育園にいったら暗くなっていったとか、小学校にいきたくないっていう子供の話をよくきくのですが、オランダの子供は生後数ヶ月から託児所、2歳から保育園、4歳から小学校なので、既に小さいときから家以外の場所でママ以外のいろんな大人や子供たちに出会って、いろんな思いもしているから、小学校いきたくない、という話がでないのかなあ、とちょこっと思いました。
[PR]
by sooona | 2010-09-10 04:28 | with kids こどもと